プログラミングの勉強方法と上達のコツ!

IT時代においてますます重要性とニーズが高まっているプログラミング。

2020年度からは小学校から高校でプログラミング教育が必須になることからも、その重要度が伺えます。
しかし、プログラミングは専門的な技術なので何から学べばいいのか分からないという方が多くいます。

ここでは、プログラミングの勉強方法と上達のためのコツを紹介します。

目次

そもそもプログラミングを学ぶメリットとは

私たちの生活にはコンピュータが必要不可欠となっています。
パソコンやスマートフォン、自動車、冷蔵庫、テレビなど私たちが日常的に使用している製品は、全てコンピュータが組み込まれており、今後もあらゆる製品のコンピュータが加速していくことが予測されています。

その一方で、コンピュータを開発するIT人材は世界中で不足しています。そのため、プログラミングを学べばキャリアの幅が広がるのです。
また、プログラミングの学習はITに関する知識が身につくだけでなく、論理的思考も養うことができます。
ビジネスパーソンとしてのスキルに磨きをかけるためにも、プログラミングは役に立つと言えます。

具体的な勉強方法

では、プログラミングはどのように学習すればよいのでしょうか。おすすめの勉強方法を見ていきましょう。

書籍で学ぶ

まずは、信頼できるプログラミング学習の書籍を見つけることから始めましょう。プログラミングに取り組むと分からないことに何度も向き合うことになりますが、その際に確認するための書籍を一冊用意します。何度も同じ書籍で振り返りを行うことで、知識が定着しやすく、次の課題に応用が利きやすくなります。
勉強をスタートしたばかりの頃は、信頼できる書籍を見つけるのが難しいかもしれません。その場合は複数の書籍を購入し、学習を通して自分に合ったものを一冊に絞り込んでいくスタイルでもいいでしょう。

サイトで学ぶ

プログラミングに関するサイトは多数あります。
無料で利用できるプログラミング学習サイトは、初心者にも分かりやすく作られているのでおすすめです。また、プログラミングの情報共有サイトに疑問を投稿すると、プログラマーの仲間から回答をもらうことができます。学習でつまずいたら積極的に活用し、将来的にはプログラマー仲間の疑問に答えられるようになることを目指すといいのではないでしょうか。

スクールで学ぶ

プログラミングスクールに通うというのも一つの手です。プログラミングスクールは基本的に有料ですが、講師から指導を受けられるだけでなく質の高い教材で学習を進められるため、効率的に技術を身につけることができます。
プログラミングスクールで有名なのはオンライン完結型の「Tech Academy」や、教室に通う「TECH CAMP」などがあげられます。
オンライン完結型であれば場所を選ばず学習できますし、教室型であれば実際のプログラミング現場に近いチーム開発なども体験することができます。どのような学習方法が自分に合っているか、ライフスタイルなども含めて検討してみるとよいでしょう。

プログラミング上達のコツ

プログラミングは、ただ教材を読み込むだけでは身につきません。
ここからは、プログラミング上達のためのコツを紹介します。

暗記から脱却する

受験勉強では暗記することが重要になるので、プログラミング学習でも単語帳やノートを活用して勉強したくなるかもしれません。
しかし、プログラミングは全てを暗記する必要がないのです。
プログラミングの仕組みや構造を理解して、どのような文法で構築するかは都度調べながらで問題ありません。
基本的な文法は覚えた方が効率的でしょうが、受験勉強のように暗記するのではなく、何度もプログラミングを構築して身体で覚えていくことをおすすめします。

インプットとアウトプットのサイクルを速める

プログラミングは実際に構築することでスキルが定着します。
まずは書籍の内容を完璧に覚えてからプログラミングを書きたいと思うかもしれませんが、それは避けるべきでしょう。
書籍やサイト、スクールなどで知識をインプットしたら、すぐにアウトプットで実践する。このサイクルを速めて繰り返すことが、プログラミング上達の近道となります。
プログラミングをする中で分からないことがあれば、その都度書籍などで確認し、再度アウトプットすることで、自然と知識が身についていくはずです。

必要な分を学ぶ

プログラミングは学べることが膨大にあります。
一つのプログラミング言語の中にも多数の文法があり、さらにそのプログラミング言語は無数と言えるほど大量にあるのです。
そのため、全てを完璧にマスターすることは無理だと考える方が賢明と言えます。
まずは必要な分だけを学び、何度もアウトプットすることで定着を図ることをおすすめします。

例えばTo Doアプリを開発したいと考えた際は、その開発に必要な文法を学習するのです。
業務システムやAIシステムの開発に必要な文法やプログラミング言語は、その開発に取り組む時に改めて覚えればいいのです。

まとめ

プログラミング学習は技術を使いこなし、システムやアプリを開発するために行います。
そのため、実践力を鍛えることが何よりも重要になります。
書籍やサイトを読み込み内容を覚えるだけでは、実践力は身につかないでしょう。
とにかくインプットした知識を元にプログラミングを書いてみることで、知識を習得できるようになります。
プログラミング学習では書籍やサイト、スクールを活用しながら、自分の手を動かして理解を深めていくようにしましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。