フリーランス?正社員?プログラマーはどんな働き方がいいのか実態調査!

一口にプログラマーとして働くと言っても、正社員や派遣、フリーランスなど、その働き方は多種多様です。
自分の理想のキャリアを描いていくためには、仕事内容はもちろんですが、働き方についてもしっかりと検討していきたいところ。

そこで今回は、現役のプログラマー300人にアンケートを実施。
それぞれの働き方のメリットや魅力、デメリットや課題を本音で語っていただきました。
これを参考に、自分にはどういった働き方が向いているかを確認してみてください。

目次

現在の働き方について

まずはプログラマー300人に、現在の働き方についてアンケートを行いました。その結果は以下の通りです。

en1

現在の働き方について、最も多かったのは正社員という結果でした。

フリーランスとして働くことが一般的になりつつある現在でも、正社員人気はいまだ根強く、まだまだ主流であるという結果は少し意外かもしれませんね。

現在の働き方のメリットや魅力は何ですか?

次に、それぞれの働き方をしている人たちに、その働き方の魅力は何かを聞いてみました。

フリーランスの場合

1位:時間が自由、もしくは定時に上がれる
2位:収入が増えた
2位:好きな仕事ができる

フリーランスとして働くことのメリットとして挙げられた中で、最も得票数が多かったのは「時間が自由、もしくは定時に上がれる」でした。
他の職種でも言えることですが、フリーランスはその自由度こそが最大の魅力と言っても過言ではなく、その事実をしっかり表している結果と言えるのではないでしょうか。
「好きな仕事ができる」というのも、自由度の高さに繋がる部分があります。

派遣の場合

1位:時間が自由、もしくは定時に上がれる
2位:仕事に困ることがない
2位:好きな仕事ができる
2位:スキルが身につきやすい

派遣のアンケート結果でも1位になったのは「時間が自由、もしくは定時に上がれる」でした。
派遣は契約に関する規定がかなり細かく設定されており、働く環境としては非常に安定感があります。その安定性を示す結果と言えるでしょう。

正社員の場合

1位:仕事に困ることがない
2位:収入が増えた
3位:スキルが身につきやすい

正社員のアンケート結果で1位になったのは「仕事に困ることがない」です。
フリーランスや派遣の場合、いつ仕事が無くなるかというリスクを常に考えておかなければなりませんが、正社員であればそこは気にせず、自身の成長や目の前の仕事に集中できるのが大きな魅力です。

現在の働き方のデメリットや課題

pixta_61301313_M

今度は逆に、現在の働き方でデメリットや課題に感じる点について伺いました。

フリーランスの場合


1位:正当な対価を得ていないこと
2位:好きな仕事でなくても受ける必要があること
2位:急な仕様変更や、難しい依頼を簡単に投げられること
2位:予定時間外での作業が多いこと

※同票のため順位が重複しています。

フリーランスは自由な働き方ができる反面、仕事を獲得するためには多少の犠牲を強いなければならない、と考えている人が多いと感じる結果が出ました。

クライアントといかに対等な関係を築いていけるかが、働きやすさを向上させる重要なポイントになっていると言えます。

派遣の場合


1位:正当な対価を得ていないこと
2位:急な仕様変更や、難しい依頼を簡単に投げられること

派遣という働き方は安定性がある一方で、なかなか希望通りの対価を得ることが難しいという結果に。
特に自分のスキルが高まれば高まるほど、収入とのギャップに苦しんでしまう人が多いようです。

正社員の場合


1位:正当な対価を得ていないこと
2位:好きな仕事でなくても受ける必要があること
3位:予定時間外での作業が多いこと

正社員は組織の一員として働くため、自分の自由にできる要素が少ないことが課題として挙げられています。

安定を取るか挑戦を取るか、譲れる範囲・譲れない範囲がどこにあるかをしっかりと自分の中で決めておくことが大切です。

将来どんな働き方がしたいですか?

次は、将来どんな働き方がしたいかについて、それぞれの働き方を実践する方々に聞いてみました。

フリーランスの場合


1位:フリーランスとして働きたい
2位:独立や起業
3位:現状維持できればよい

フリーランスとして働いている人は、今後もフリーランスとして働く、起業してキャリアップを希望する人が多いという結果に。
現在の働き方に多少の課題はあれど、それを理解した上でどう成長していくかに重点を置いていることがわかります。

派遣の場合

1位:フリーランスとして働きたい
2位:在職中の会社でキャリアアップ
3位:現状維持できればよい

派遣で働く人は、「フリーランスとして働きたい」が1位になりました。
派遣の場合、次の職場がスムーズに見つかるかどうかが不透明な部分もあるため、同じ課題を抱えるのであれば、より自由度の高いフリーランスの方が良いという気持ちの現れと言えるかもしれません。

正社員の場合


1位:現状維持できればよい
2位:在職中の会社でキャリアアップ
3位:独立や起業

正社員は「現状維持できればよい」という回答が1位に。
正社員として働いていけば、スキルや経験が自然と身に付きやすく、それによってキャリアアップもスムーズに行えることから、こうした結果になったのではないでしょうか。

働き方別平均年収

ここでは、働き方別の平均年収をご紹介します。

フリーランスの場合

平均年収600万円

フリーランスで働く方の平均年収が一番高い結果となりました。
フリーランスの多くの方が、今後もフリーランスを続けたいという意見も納得ですね。

派遣の場合

平均年収422万円

派遣で働くプログラマーの方の平均時給は2,197円。
1日8時間労働・週5日勤務で働いた年収を計算しました。
派遣で働く方の時給は、扱う言語や仕事内容によって大きく変わるため年収の幅も広い傾向にあります。

正社員の場合

平均年収500万円

年齢や経験年数により異なりますが、全体の平均年収は500万円ほど。
会社によっては福利厚生が充実していたり、在宅ワークを進めているところもあるのでワークライフバランスをとりながら働ける環境に変化してきています。

moveIT!を利用して転職を成功させた方の体験談

初めてのフリーランスの不安が払拭できました!

INさん 25歳男性

今回初めてフリーランスになりました。

経験がまだ浅いのとフリーランスになること自体にかなり不安があったので、登録前からメールや電話で色々と相談しました。

その中で自分では全く考えていなかったところなども教えてもらえました。

質問にも迅速に丁寧な回答があり、結果安心して登録しました。

フォローが安心できます。

OJさん 29歳男性

フリーランスになり色々なエージェントに登録しました。

正直、求人内容や金額がもっといいところもありましたがmoveIT!は面談前も後も担当営業と窓口の方が色々と気遣ってくれて安心出来たのでこちらの求人紹介案件に決めました。

仕事が始まってからも定期的に現場に来てくれて
愚痴を聞いてもらったり悩んでいることにアドバイスしてくれたりすっかり頼りにしています。

今後のスキルを考えて紹介してくれました

SNさん 34歳男性

他のエージェントからの紹介で数件働きましたが、間口を広げたくて登録してみました。

こちらは単なる求人情報の紹介でなく、今後のスキルアップも考えて仕事を紹介してくれました。

仕事毎の付き合いでなく長く付き合えそうです。
早速知り合いのSEにも紹介しました。

このように、弊社サービスを利用して転職やフリーランスとして働き始めた方がたくさんいらっしゃいます。
案件紹介から起業支援まで「IT総合会社」が運営しているサービスだからこそ、それぞれのスキルに合わせたフォローで、幅広くご活躍頂けるお手伝いを致します。

今の働き方にお悩みの方はぜひ、無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

プログラマーの働き方に関して、それぞれの立場から見たメリットや魅力・デメリットや課題を紹介してきました。
どの働き方にも一長一短があり、どれがより優れているというようなことはありません。
大切なのは、それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分にあった働き方を自分で決めること。

そうして決心した想いが原動力になり、その働き方をより魅力的なものへと変えてくれるでしょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。