フリーランスが避けては通れない確定申告とは?青色申告と白色申告の違いについてもご紹介

会社員の場合は会社側が源泉徴収を行うため、自分自身で税金に関する手続きを行う必要がありませんが、フリーランスになると自分で確定申告を行わなければなりません。確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。ここでは、フリーランスが避けては通れない確定申告の概要と、青色申告と白色申告の特徴について紹介します。

そもそも確定申告とは

pixta_58086334_M
確定申告とは、所得税を正しく納税するための手続きのことです。1月1日から12月31日という1年間に生じた所得金額と、それに対する所得税と復興特別所得税の額を計算して、確定申告書類に記入した上で納税します。基本的には2月中旬から3月中旬が提出期間となっていますが、新型コロナウイルス流行の影響などで期間が変動する場合があるので、最新の情報は税務署でご確認ください。

フリーランスに大きく関係する源泉徴収について

会社員の場合は毎年1度、「源泉徴収票」という書類を受け取ります。会社側が本人に代わって所得税を納めた=源泉徴収した額が記載されており、これのおかげで会社員は自ら確定申告を行わなくても問題ありません。
源泉徴収は会社員のみに関係のあることのように思われがちですが、実はフリーランスにも大きく関係のあるものです。デザイナーやライター、士業、芸能人などが法人と取引した際、場合によっては報酬から源泉徴収された額が支払われるケースがあります。源泉徴収された場合は年に1度、支払調書が送付されます。支払調書が送付されたクライアントに関しては、すでに所得税を納めている形になるので、その額を確定申告に記載することで二重徴税を防ぐことができます。なお、源泉徴収された額が支払うべき所得税を上回っていた場合、還付金として差額分が手元に戻ってくるので必ず手続きしましょう。

青色申告とは

pixta_74115907_M
青色申告は確定申告の方法の一つで、事前に税務署に届出を行う必要があるものです。帳簿付けが義務付けられており、青色申告決算書、損益計算書、貸借対照表を作成し提出します。

青色申告のメリット

青色申告のメリットは、最大65万円の青色申告特別控除を受けられる点にあるでしょう。控除額が大きくなれば、それだけ所得税を節税できるため、金銭的なメリットが大きいです。
また、赤字の場合は3年間繰り越すことができるため、事業に波があった場合でも税金の支払いで苦しむリスクが少なくなります。家族への給与は全額必要経費にできますし、パソコンなど30万円未満の減価償却資産は一括で経費にすることができます。フリーランスで自宅をオフィスにした場合、家賃や光熱費の一部を経費として計上することも可能です。

青色申告のデメリット

青色申告をするためには「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。期限はその年の3月15日までなので、その期間に提出が間に合わなかった場合は白色申告を行うことになります。
青色申告で最大65万円の特別控除を受けるためには、複式簿記での帳簿付けが必要になります。白色申告の単式簿記に比べて複雑な帳簿付けにはなりますが、会計ソフトなどを活用すれば初心者でもスムーズに作成することができます。

青色申告に必要な物

青色申告で提出する書類は以下の通りです。

・確定申告書B
・青色申告決算書

確定申告書Bは事業所得を得ているフリーランス向けの書類で、所得や控除金額などの申告内容を記入します。ここで算出された所得税が納める税額となります。
青色申告決算書は帳簿の内容を元に作成する書類で、損益計算書とその内訳、貸借対照表で構成されています。
その他、本人確認書類や口座番号、はんこ、支払調書、控除のための証明書類などを用意します。

白色申告とは

白色申告は確定申告の方法の一つで、青色申告よりも簡易な手続きで行えるのが特徴です。事前に申請書類を提出する必要はなく、単式簿記での帳簿付けが認められています。

白色申告のメリット

白色申告はおこづかい帳のように記入できる単式簿記での記帳付けが認められているため、青色申告に比べて簡単だと言えます。確定申告書類も収支内訳書に売上や経費を記入するだけなので、比較的シンプルな内容となっています。

白色申告のデメリット

白色申告では最大65万円の特別控除を受けることができません。かつては白色申告の場合、帳簿付けと書類の保存が義務付けられていませんでしたが、平成26年以降は義務となったので、手間としては青色申告とそれほど変わらなくなりました。会計ソフトなどを活用すれば、より控除額の多い青色申告もスムーズに作成できるため、フリーランスの方は青色申告を検討することをおすすめします。また、赤字を3年間繰り越すことができないため、赤字と黒字の波が激しい場合は税負担が重くなってしまいます。

白色申告に必要な書類

白色申告で提出する書類は以下の通りです。

・収支内訳書

収支内訳書は売上や経費、仕入、人件費などをまとめて、所得金額を計算する書類です。フリーランスは一般用用紙を使用します。
その他、本人確認書類や口座番号、はんこ、支払調書、控除のための証明書類などを用意します。

まとめ

確定申告は難しいものと思われがちですが、日々コツコツと帳簿付けを行っていれば簡単に作成することができます。会計ソフトなどを活用すれば、帳簿付けの手間も省けるのでおすすめです。フリーランスになった方やフリーランスを目指す方は、事前に必要な書類などを把握して準備しておくようにしましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。