ゲームプログラマーとは?勉強方法、未経験から仕事を探す方法

扱うプログラミング言語や専門とする分野・領域により、さまざまな種類に分類されるエンジニアの仕事。そんな数あるエンジニアの仕事の中で、近年注目を集めているのがAIエンジニアです。AIエンジニアとは、一体どのような仕事なのか。また一般的なITエンジニアとは何が違うのか。詳しく解説していきます。

ゲームプログラマーとは

pixta_74176792_M

ゲームプログラマーとは、その名の通りゲームを専門にプログラミングを行う専門職です。C言語やC++など、ゲーム開発に適した言語を用いながら、キャラクターの動きから、大きなところではゲームシステム全体の構築などに携わります。

またそれ以外にも、開発側の立場として企画段階から参加することで、よりシステム的に制度の高いゲームを作り上げたり、実装後のバグやエラーを取り除くデバッグ作業を行ったり、その業務は多岐にわたります。私たちが普段スマホやテレビでゲームを楽しむことができるのも、ゲームプログラマーの努力があればこそと言えるでしょう。

ゲームプログラマーに必要なスキル

ここからは、ゲームプログラマーに求められるスキルについて解説します。

プログラミング能力

ゲームプログラマーにとって、プログラミング能力は基本であり最も重要なスキルです。このスキルが高くなければ、仕様書に沿った、本当に面白いゲームを作ることはできません。ゲーム開発で使用する言語は、会社や環境によって異なりますが、必要となる言語に関する深い知識は必ず持っておかなければなりません。

コミュニケーション能力

プログラマーと聞くと、パソコンに向かって一人で黙々と作業をすると思われがちですが、決してそんなことはありません。前半部分でも解説したように、ゲームプログラマーが企画段階から参加するケースも少なくありませんし、そもそもディレクターなどが出してくる仕様書の内容や意図を正しく理解するためには、コミュニケーション能力が欠かせません。加えて、プログラミング作業自体も複数人で同時進行することも多くなるため、誰とでも柔軟にコミュニケーションを取っていく必要があります。

持久力

さまざまな要素が複雑に絡み合って構成されるゲームは、制作段階においてもさまざまなバグやエラーが起こるものです。そうした不測の事態に対して、根気強く立ち向かっていくことができる持久力も、ゲームプログラマーに必須の能力と言えるでしょう。何のトラブルもなく、すべてがスムーズに進行する開発は存在しないと言っても過言ではありません。技術職でありながら、単純な体力も求められる仕事でもあるのです。

ゲームプログラマーになるための勉強方法

ゲームプログラマーになるための勉強方法としては、専門学校や大学など、プログラミング教育に力を入れているところで学ぶのが一般的な方法です。こうした教育施設を活用すれば、プログラミングの基礎から応用まで、幅広い知識を身に付けることができるでしょう。

自分の学びたい言語や身に付けたいスキルなど、ある程度目標が明確に決まっている場合には、プログラミングスクールに通ってみるのも良いでしょう。プログラミングに関する総合的な知識が学べる大学や専門学校に比べると、より領域を絞って、特化した知識やスキルが得られます。

また本やWebサイトなどを見ながら、独学で勉強するということも不可能ではありません。最近ではゲームプログラミングに関する書籍やWebサイトも数多く出ていますので、参考資料に事欠くことはないでしょう。

未経験者からプログラマーになる方法

pixta_63366996_M

未経験からプログラマーになる方法としては、大きく「新卒で就職する」「中途で転職する」の2つに分かれます。

新卒で就職する場合、未経験でも歓迎してくれる会社を探して応募したり、その前の段階として大学や専門学校でプログラミングを勉強し、その経験を武器に企業に応募したりするのが一般的です。新卒の場合、企業側もそこまで高いスキルを期待しているわけではないので、やる気や人柄など、スキル以外の部分をアピールすることも大切です。

そして中途の場合は、新卒に比べると経験者採用をしている企業の割合が増えるため、独学やプログラミングスクールなどである程度のスキルを身に付けたのち、希望の会社に応募していくケースが多くなります。ただ、中途でも未経験歓迎の会社はありますし、必ずしもスキルが無ければ転職できないというわけではないので、企業探しをしっかりと行い、チャンスを逃さないようにしていかなければなりません。

まとめ

ゲームプログラマーの仕事内容や求められるスキル、目指し方について解説してきました。ゲームプログラマーは、数あるプログラマー職種の中でもかなり人気が高く、求められる能力や競い合わなければならないライバルのレベルも高くなりがちです。だからこそ、どういったステップでキャリアアップを図るのか、今の自分に足りないスキルや伸ばすべきスキルは何なのかをしっかり考えながら、計画立てて目指していくようにしましょう。