年収1000万円も夢じゃない!フリーランスで働くエンジニアの年収と収入アップ術

近年、IT市場においてエンジニア不足が叫ばれています。エンジニアの世界は、 他の職種と比べて、 実力によって年収が変動しやすく、年功序列ではなく、成果主義で評価する企業も多いため、高い収入を得たい方におすすめの職種です。エンジニアの平均労働時間は多職種と比べて長く、残業代によって年収が上昇傾向にあります。エンジニアとしてキャリアを積み、高収入を得るために具体的にどんな策をとればいいのでしょうか?

目次

エンジニアとしての働き方を考える

エンジニアの働き方としては大きく2つ、企業に所属し会社員として働く方法と、フリーランスのエンジニアとして活躍する方法があります。
現在、エンジニアは引く手あまたと言われていますが、不足しているエンジニアの職種は企業により様々異なります。現在所属する企業においては人が足りている職種やスキルであっても、他社では不足しており、今より良い条件で募集をしているということもあります。今とは異なる環境で働くことで、新たな知識やスキルを身につけることも可能です。

エンジニアは労働時間が他の職種と比べて比較的多いのが特徴ですが、自分で労働時間をコントロールしたり、手掛けたい仕事を自ら選択できる働き方があります。それはフリーランスのエンジニアという選択肢です。フリーランスのエンジニアは、依頼された案件をこなすだけでなく、自分自身の経費や工数管理、営業活動などを伴います。幅広い視点から業務に取り組み、自身のスキルを最大限発揮することで、業務領域の拡大やスキルアップにつなげることも可能です。

フリーランスのエンジニアの年収相場

活躍しているフリーランスのエンジニアの年収は高額になっており、1000万円超も夢ではありません。エンジニアといっても様々な種類があります。エンジニアとは広い分野での技術者を指すため、その種類は多岐にわたります。通信、コンピューターの情報技術に特化した技術者はITエンジニアと呼ばれています。さらに、専門技術や知識によっても細分化されます。ここでは、ITエンジニアの中で代表的な職種の年収相場をみていきましょう。

プログラマー

年収:500〜700万円
業務内容:プログラミング言語を使った開
プログラマーの場合は、業務経験は未経験のままフリーランスを目指す人もいるようです。フリーランスになってすぐに、案件を継続的に受注するのはなかなか難しいため、エージェントに登録して仕事を受ける方も多くいらっしゃいます。フリーランスで活躍するためには常に新しい言語や技術を習得し、キャリアアップを図る必要があります。

システムエンジニア(SE)

年収:600~1000万円
業務内容:システム開発、設計・製造・テスト
フリーランスのSEとして活躍される方のほとんどが、会社員としてSE職種を5年以上経験されています。多くの人員が必要な期間に入るというケースが多く、残業時間の増加に伴い収入が増えます。
短期的には残業によって収入を増やすことができますが、SE単価をアップするためには、スキルアップに重点を置く必要があります。自分自身の成長につながりそうな環境を選択することをおすすめします。

データベースエンジニア

年収:500〜700万円
業務内容:データベース構築、管理・運用

サーバーエンジニア

年収:500〜700万円
業務内容:サーバー構築、管理・運用

ウェブエンジニア

年収:500〜700万円
業務内容:ウェブのプログラミング、システム開発

ネットワークエンジニア

年収:600〜1000万円
業務内容:電子機器間のネットワーク構築・運用
外国人エンジニアの単価が安いことから、最近では、外国人に依頼するケースも増えてきています。フリーランスとして仕事を受けるためには、納期を守ることはもちろん、進捗報告や顧客の希望を叶えるべく最大限努力するなど、信頼関係を構築することが重要です。

プロジェクトマネージャ

年収:700〜1000万円
業務内容:プロジェクトの計画、開発、運用、評価
ITエンジニアの世界では、開発工程の上流に行くほど、収入が増加します。プロジェクトマネージャは開発工程において、開発現場をまとめ、管理していく仕事ですので、ITエンジニアとしてのスキルや経験だけでなく、かかわる人々のマネジメントを行ったり、コミュニケーションをとりプロジェクトを円滑にすすめる能力も求められます。

フリーランスエンジニアが年収を上げるコツ

エンジニアとしての年収を上げるコツは、とにかく案件をこなすことが第一です。
そのうえで、先ほど紹介した「プロジェクトマネージャ」のように試験を受けてキャリアアップを図ることで、担当できる案件の幅も広がります。システムエンジニアであれば、有る程度の基本スキルを身に就けたら、エージェントを活用して高単価案件を紹介してもらいましょう。また、エンジニアとしてのスキルは勿論ですが、更に必要なのはコミュニケーション能力です。コミュニケーションスキルが低いと、いくら技術が高くても「使いにくい、やりづらい」と周りから思われてしまえば、その先のステップに進むことは困難です。
エンジニアとしてのスキルは勿論ですが、対人スキルを磨くことも年収アップのコツと言えるでしょう。

まとめ

これらの他にもITエンジニアには様々な職種があります。収入面に関しては、会社員として企業に属するよりも、フリーランスのほうが収入が多くなる傾向にあります。
しかし、年収1,000万円以上を稼ぎ出す人は、フリーランス全体のうちのわずか3%と言われています。
フリーランスエンジニアとして活躍するためには、希望の年収を得るためのキャリアパスを描き、その実現のために必要なスキルや知識の習得に取り組みましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。