初心者から、高収入プログラマに!フリーランスで活躍するには?

昨今、労働市場は空前の「売り手市場」と言われています。
その中でも突出して求人倍率が高いのは、ITエンジニアです。

IT技術の進歩により、技術者不足はこれからますます深刻さを増すことが予測されます。
そのため、最先端で活躍する優秀なエンジニアだけでなく、プログラマの需要も高まっています。

プログラマの仕事は「プログラミング」をすることですが、
その言語や技術はたくさん種類があり、日々、新しい開発言語が生まれ変化しています。
また、リモートワークを導入している企業の増加によって、会社員でも通勤スタイルをとらずに働ける環境が用意されていたり、
会社員を経て、独立やフリーランスという働き方を選択する人も増えています。

フリーランスと聞くと、”才能溢れるごく一部の人しかなれない”というイメージがあるかもしれません。
しかし、プログラマをはじめとしたITエンジニアは、全くの未経験からであってもスキルを磨き、
自分で仕事を選び、自分のペースで働くことも夢ではありません。

実際に「新たなスキルを身に着けたい!将来はフリーランスになりたい!」と、
ITエンジニア、プログラマを目指してキャリアをリスタートさせている30代の女性の活躍を耳にすることも。

今回は、初心者から稼げるプログラマの魅力と初心者にオススメの言語についてご紹介します。

目次

フリーランスのプログラマの魅力とは

kowa
未経験のエンジニアでも、これからプログラミング言語を学び、プログラマとしてキャリア形成ができるのかどうか、
不安を感じる方のために、フリーランスプログラマの魅力とキャリアステップについてご紹介します。

まず、魅力は何と言っても、自由度の高さでしょう。

・選択の自由・・・やりたい仕事を自ら選べる
・時間的自由・・・就業時間に縛られず自分のペースで仕事をできる
・場所の自由・・・世界中どこにいても仕事ができる
・人間関係の自由・・・組織や上司などに縛られない

プログラマの仕事は、プロジェクトの中でも比較的下流工程の部分的な開発を手がけることが多いですが、
「要件定義」や「基本設計」など上流工程に関わっていけるよう知識習得をしていくことで、
プロジェクト全体的に関与することができれば、年収アップを狙うことができます。

プログラミング初心者におすすめの言語

開発工程において、プログラマは比較的下流の仕事を行います。
ITエンジニアを志すにあたり、まずはプログラミングを学習し、プログラマを目指すことが、エンジニアへの最短ルートです。

プログラミングを学習するにあたって「何を習得するか」は重要な選択です。
どのプログラミング言語を選択するかが今後のエンジニア人生を左右します。
IT業界で人気があり、初心者でも始めやすく、アプリ開発をしやすいプログラミング言語を2つご紹介します。

Python(パイソン)

言語構造がわかりやすいことで知られているPythonは、Google三大言語の一つです。
GoogleApp Engineで採用されていたり、Facebookの開発にも採用されています。
最近では、人工知能(AI)の学習の分野で多く使用されており注目を集めています。
とても学びやすく読みやすい言語でありながら、応用範囲も広い点から、初心者にオススメのプログラミング言語です。
Pythonを学べば、将来的に人工知能の開発やビッグデータの解析などに関わっていくことも夢ではありません。

Ruby(ルビー)

日本で生まれたプログラミング言語で、シリコンバレーで大流行し、その後日本にも徐々に浸透したRubyは、中小規模のシステムに多く採用されています。
海外での需要も高いため、プログラミングスクールでも人気の言語です。
Rubyは、Webサービスの他に、スマホアプリやゲームの開発にも応用しやすい汎用性の高い言語です。
サーバーに関する知識もつけることができ、平均年収も高い言語です。

稼げるフリーランスが持っている3つのスキル

プログラミングのスペシャリストとしてキャリアを積んでいくことはもちろんですが、
フリーランスを目指すのであれば、自分で案件を取りに行く必要があります。
エージェントを利用するにしても、直接の業務やりとりは自分自身で行いますから、
技術を向上させるだけでは、十分とは言えません。
また、稼げるようになるためにはプレイヤーとしてだけでなく、上流工程でメンバーをマネジメントしていく案件も取りに行く必要があります。

稼げるフリーランスプログラマであれば、必ず持っている3つのスキルがあります。

それが、

1、コミュニケーションスキル
2、タイムマネジメントスキル
3、ヘルスケアスキル
です。

企業勤めからフリーランスになる時、ゼロから案件を探し始めるのは、リスクが高すぎます。
独立時に知り合いにクライアントがいれば、気持ちの余裕はだいぶ変わります。
普段から良好な人間関係を構築していなければ、いくら技術が合っても仕事の依頼はやってきません。

また、エージェントなどを活用して短期間で常駐勤務を選ぶ際にも、直接のやり取りは自分で行いますから、
クライアントの要望と自分のできる開発能力を照らし合わせて、互いにとってwin-winの取引をするためにも、
コミュニケーションスキルは欠かせないのです。

タイムマネジメントも、フリーランスには欠かせないスキルです。
一人でできることには限りがあり、ひたすら開発だけしていても、仕事が出来るとは言い切れません。
フリーランス=1人経営とも言えますから、営業活動や経理に時間を割かなければいけないため、時間配分はしっかり考えましょう。
開発に時間を掛けたい気持ちも分かりますが、メリハリをつけることをも忘れてはいけません。

そして最後に必要なのが、ヘルスケアスキル。つまり自身の健康管理です。
プログラマという仕事上、机に座りっぱなしになることが少なくありません。
さらに、フリーランスで在宅勤務であれば、活動時間は激減します。
筋力の衰えによって、不健康に拍車がかかるだけでなく、免疫力が低下して体調を崩しやすくなることも。
仕事をするには、元気な体は何よりも資本ですから、成功しているほど定期的に体を動かす時間を確保しているのです。

まとめ

高収入を目指すなら、誰もが1度は視野にいれる「フリーランス」という働き方。
あくまでも選択肢の一つですが、フリーランスで手に入るのはお金だけでなく時間の自由。
moveIT」は、フリーランスの活躍を全力でサポートする体制を整えておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。