技術力だけじゃ足りない!? SEが読むべきヒューマンスキルが上がる良書3選

IT系職種の花形とも言えるSE(システムエンジニア)。情報技術に関する高い知識とスキルが問われ、社会的にもニーズの高い仕事です。

専門職という仕事の形式上、SEを務める上で最も重要な要素は技術力と思われがちですが、実はそれ以上にヒューマンスキルが大切と言われています。

では、SEに必要なヒューマンスキルとは一体どのようなものなのでしょうか。ここで解説していきます。

目次

SEが身に付けておきたいヒューマンスキル


高い技術力を持ち、自分のスキル一つで仕事をこなしていくイメージも強いSE。しかし、システム開発の現場には多種多様な人材がおり、彼らと協力しあいながらでしか、仕事を進めることはできません。

そのため、SEには技術力に加えて、以下のようなヒューマンスキルが必要とされています。

コミュニケーション能力

SEの仕事はパソコンに向かって黙々と作業するものばかりではありません。クライアントと直接打ち合わせをしながら、新しいシステムの要件を決めたり、どのようなシステムをどのような手順で開発すれば良いのかをプログラマーに指示したり、とにかくたくさんのコミュニケーションの機会がある仕事でもあるのです。

クライアントの意向を上手にくみ取ったり、またその情報を間違いなくプログラマーへ伝えていくためには、コミュニケーション能力が必要不可欠。その案件がスムーズに進むかどうかは、ある意味SEのコミュニケーション能力に掛かっていると言っても過言ではありません。

マネジメント能力

先ほど述べた通り、SEはプログラマーなどに指示を与える役割をこなさなければなりません。しかし、一口にプログラマーと言っても相手は人間ですから、得手不得手や性格の差は必ずあるもの。そうした違いをしっかりと見抜き、的確なマネジメントを行っていかなければならないのです。

もちろん、自身で手を動かして作業することもありますが、自分一人でできる範囲には限界がありますから、全体を見て行きながら、プロジェクト全体の流れを考えられる人物を目指しましょう。

流行に対する高いアンテナ

IT業界は技術の進歩が非常に早く、昨日までのスタンダードが今日には古くなってしまっている、などということも決して珍しいものではありません。そのため、常にアンテナを高く張り、時代の流れや技術の進歩に応じたシステム開発を行っていかなければならないのです。

いくら技術力が高くても、誰も使っていないような古い技術であれば、仕事に役立てることはできません。新しい技術にいち早く対応し、豊富なキャパシティーを持ったSEになればなるほど、市場における価値もどんどん上がって行きます。

常に最新の技術を取り入れながら、成長し続けていくという高い意志を持っておくことも、SEに必須のスキルと言えるでしょう。

ヒューマンスキルが磨ける良書3選

SEにとって、技術力と同等か、それ以上に必要とされるヒューマンスキル。それらを身に付け、磨くのに役立つ書籍を紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

SEのためのヒューマン・スキル入門

ヒューマンスキルを「正しい行動」、「思考力」、「コミュニケーション・スキル」、「実行力」、「マネジメント・スキル」の5つに定義し、具体的なエピソードを用いながらそれらをひとつひとつ丁寧に説明してくれます。

そもそもヒューマンスキルとは何なのか、どのようにすれば身に付けることができるのか、そしてまた、どれぐらいのレベルを目指せば良いのかといった情報が満載で、書籍名が示す通り、SEとしてヒューマンスキルを高めたいと感じている人が最初に読むべき一冊と言えるでしょう。

SEのためのヒューマン・スキル入門 35のコーチング事例で学ぶ

SEのための29歳からのキャリア向上計画

29歳からのキャリア向上計画という名前ですが、20代のうちから覚えておきたい仕事の進め方や向き合い方について詳しく言及された、若手エンジニア向けの書籍です。

コミュニケーション、ネゴシエーション、リーダーシップという3つの能力を軸に、ヒューマンスキルとは何なのか、そしてそれを伸ばすためにはどうすれば良いのか、ということが詳しく解説されています。

「SEのための」とは言うものの、どの業界でも活用できる知識や考え方が豊富に盛り込まれており、内容も具体的でわかりやすいため、読了するだけでも自身の成長を感じるのではないでしょうか。

その上で、実際の仕事の中で意識を変えていくことができれば、ヒューマンスキルを大きく伸ばすことができるはずです。

SEのための29歳からのキャリア向上計画

ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人

その名の通り、IT技術者として成長していく人と、能力はあるはずなのになかなか伸びない人を特徴別にまとめ、そこから技術者として成長していくために必要な要素を導き出した書籍です。

IT業界以外でも使える知識が豊富に含まれており、社会人経験がある人であれば、「自分もこうだった!」と思える部分も多数出てくるのではないでしょうか。
ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人 (技評SE新書002)

ヒューマンスキルを高めて、市場価値を高めよう

SEとして技術力を磨くことは大切です。その技術力こそがあなたの原動力となり、SEとしての存在価値を維持してくれることに間違いはありません。しかし、技術である以上、自分以外にもそれらを身に付けた人物は少なからずいるものです。

他の誰でもない、一人の人間としての社会的価値を高めていくためには、確かな技術力と合わせて、高いヒューマンスキルが必要不可欠。このヒューマンスキルの部分こそ、他の人が真似できない、自分ならではの個性となり、あなたの市場価値をより高いものへと導いてくれるのです。

今回紹介したヒューマンスキルはあくまでも一部分。まずは簡単なところから始めつつ、人間的な魅力をどんどん向上させていくようにすれば、SEとして働いていくことがもっと楽しくなるかもしれません。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。