SE転職で成功する人、失敗する人の特徴

数ある職種の中でも、専門的な知識とスキルを持ち、また社会的ニーズも高いSE(システムエンジニア)。
仕事内容や雇用条件の両方において高いレベルのものを得やすく、人気の職種と言えます。
SEを募集している会社も少なくなく、より良い環境を目指したり、
より大きなスキルアップを目指して転職を検討する人も多いのではないでしょうか。

しかし、当然のことながら、転職をすれば必ず誰もが幸せになれるわけではありません。
場合によっては、「前の会社にいた方が良かった…」などと後悔するような結果になってしまうことも。
では、SE転職の成功と失敗を分ける要因は、どこにあるのでしょうか。
今回はそのポイントについて解説します。

目次

情報化社会におけるSEの価値が向上中

近年、日常生活の中でもICTやIoTといった言葉が聞かれるようになり、情報技術に関する知識やスキルのニーズはますます向上しています。
当然ながら、それを専門に扱うSEという職種は、情報技術を扱うあらゆる企業から必要とされており、
より良い条件や待遇を提示することで、優秀なSEを囲い込もうとするところも少なくありません。
今後、情報化社会はますます進んでいきますから、SEとしての経験を積めば積むほど、もたらされる恩恵は大きなものとなっていくでしょう。
現在SEとして活躍している人はもちろん、これからSEになりたいと思う人にとっても、
この仕事にチャレンジしていくのであれば、今以上のタイミングは無いと言っても過言ではないのです。

SE転職で成功するのはこんな人?

働き手にとって非常に有利な環境があるSEですが、だからと言ってやみくもに転職活動をすれば良いというわけではありません。
SE転職を成功させている人は、下記のような特徴があります。

コミュニケーション能力に長けた人

SEというと技術職のイメージが強く、持っているスキルの種類や熟練度こそが評価の対象とされるように思われがちですが、
それは大きな間違い。SEの仕事はシステムを組むだけではなく、クライアントと交渉したり、システムの概要を設計したり、
プログラマーに指示を与えたりと多岐にわたります。
そのため、専門的なITスキル以上に、たくさんの人と付き合っていくコミュニケーション能力が重要視されるのです。

加えて、転職活動ではほぼすべての会社で面接が行われますが、
この面接をスムーズに通過するためにも、コミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。
いくらスキルが高くても、声が小さかったり、うつむき姿勢なようでは、さすがに内定を勝ち取ることはできません。

前職の悪口を言わない人

転職をする際、少なからず前にいた職場に対して不満を感じていた人は少なくないはずです。
面接などで転職の理由を聞かれた際、正直にそのことを話してしまいたくなる気持ちもわかりますが、
内定を勝ち取りたいなら前職の悪口は控えましょう。
例えば「給料が良くなくて転職した」といったら「うちも給料が安いと感じられたら辞められてしまうかも」と面接官は思います。
「人間関係が良くなくて」と言えば「コミュニケーションが苦手なのかな」と思われてしまうかもしれません。

誰かに頼れる人

転職は一人でするもの。成功は一人で勝ち取るもの。そんな風に思ってはいませんか?
本当に転職で成功したいなら、大学の先輩や前職の友人、転職エージェントなど、頼れる人はとにかく頼るようにしましょう。
自分一人では、どうしても視野が限られてしまいがちです。
だからこそ、自分が持っている本来の魅力に気付けなかったり、自分を本当に活かせる環境を見落としてしまうことも少なくありません。
アドバイスを受け入れるかどうかは別として、アドバイスを受けた数だけあなたの視野は広がります。
たくさんの人に助言を求めながら、のびのびと転職活動をした方が、成功率は高まるといえるでしょう。
SE_eigyo_

SE転職で失敗するのはこんな人

それでは逆に、SE転職に失敗するのはどんな人でしょうか。

向上心がありすぎる!夢追い人

転職の際に希望や夢を語るのは大切ですが、それが募集企業にとって無理難題となってしまわないように注意しましょう。
世の中にあるIT企業はそれぞれ得意分野や専門領域があり、それに応じて今必要な人材を募集しています。
それに対して「あれがやりたい」「これができます」という希望がマッチしていなかった場合、
いくらスキルの面では問題がなくても、内定を獲得することは難しくなってしまいます。
自分を良く見せることはもちろん大切ですが、その会社にとって良い人材になるように見せないと、
強みが弱みに変わってしまうこともあるかもしれません。

持っていない資格はない!資格マスター

IT系職種にはさまざまな資格があり、それを持っているかどうかで、待遇などに差が出るところも少なくありません。
しかし、転職市場において最も重要視されるのは、持っている資格の数ではなく、実務スキル。
資格のための知識と、実際の仕事で使える知識というのはまた別物ですから、持っている資格ばかりをアピールしてもあまり効果がないのです。
転職で有利になるために一つでも多くの資格を…と考えている人は、一度立ち止まって深呼吸し、
今の仕事のスキルをより高める工夫をしてみるのもよいのではないでしょうか。
keihi

スキルで勝負!見た目が二の次

転職で成功する人でも述べた通り、SEだからといってパソコンに付きっ切りではなく、
人と接すことも重要な仕事の1部です。スキルばかりを極めて、見た目は二の次になってしまっていると、
「近寄りがたい」といい印象を与えることはできず、結果として仕事が円滑に進まなくなることもあるでしょう。
会社が自信を持って送り出せるような、必要最低限の清潔感と笑顔を忘れないようにしましょう。

SE転職は慎重かつ丁寧に

SEの市場価値は非常に高くなってきていますが、だからといって無計画に転職をしても良い結果は得られません。
特に、技術職であるがゆえに、スキル重視と思われがちな評価に関しても、
もっと単純な見た目やコミュニケーション能力の方が重要視されることも少なくないのです。
今回の記事も参考にしながら、ぜひSE転職を成功に導いてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。