フリーランスSEでも仕事が途切れない!案件を獲得し続ける方法

「好きな場所で、好きな時間に働く」

会社員以上に自由な働き方を実現できるフリーランスのシステムエンジニア(以下、フリーランスSE)ですが、継続的に案件を獲得できるのかが不安…という方も多いのではないでしょうか。
確かに、何も営業せず待ち続けても中々案件は受注できませんが、工夫して行動することで安定して案件を獲得することが可能になります。

本記事では「フリーランスSEが案件を獲得し続ける方法」「仕事がない時の原因と解決策」について紹介します。

フリーランスを目指している方フリーランスエンジニアの方はぜひお読みください。

【フリーランスSE】案件を獲得し続ける方法pixta_65001614_M

フリーランスSEの最大のメリットは、働き方によっては通勤ラッシュとは皆無のスケジュールで、好きな場所・時間で仕事ができる自由があることでしょう。
しかし一方で、案件の獲得から納品まで全て自分の責任で行う、というプレッシャーも抱えています。

企業勤めの場合は営業が案件を獲得してくれるので、SEは案件の進行に集中することができます。
ところが、フリーランスになれば、外注しない限り営業を担当してくれる人がいなくなるため、企業勤め時代とは異なる能力やタスクが求められるのです。

初めのうちは慣れない仕事が増えることに戸惑うかもしれませんが、安心してください。
近年はフリーランスという働き方が普及してきたことで、フリーランスSEでも安定して案件を獲得できる仕組みが整備されてきています。
自分自身で営業活動することはもちろん、案件獲得のためのサービスも積極的に活用していきたいですよね。
今回は、案件を獲得し続ける方法をいくつかご紹介します。

 

紹介を受ける

フリーランスとしてスタンダードな案件獲得方法は、前職の上司や同僚、クライアントなど知人から案件を紹介してもらうことです。
仕事のスキルや実績、人柄を理解している信頼感と安心感から、受注後の仕事もスムーズに進みやすいでしょう。
IT業界は広いようで狭い業界なので、いつどのような形で前職のつながりが復活するか分かりません。
フリーランスSEとして円滑に仕事を進めるためにも、退職時には遺恨を残さず円満退職を心がけるべきです。
また、前職のつながりだけでなくTwitterやFacebookをはじめとするSNSでのつながりを活かして案件を獲得するのもおすすめです。
SNS上にはフリーランスで活躍するSEがたくさんいますし、仕事の依頼を検討しているクライアント候補も存在します。
日頃からフリーランスであることやスキルセットをアピールして、案件の紹介を受けられるよう準備しておくとよいでしょう。

クラウドソーシングを使う

クラウドワークスやランサーズに代表される、クラウドソーシングサービスを活用する方法もあります。
会員登録した後にスキルレベルや経歴、実績などのプロフィールを登録し、公開されている募集案件に応募します。
簡単な制作物から本格的なシステム構築まで、案件のレベルの幅は広いため、初心者でも比較的案件を獲得しやすいでしょう。
また、サイト上で実績を積み重ねることによって、プロ認定を受けることも可能です。そうなると、条件のいい非公開案件を紹介してもらえる可能性が出てくるため、より多く稼ぐことができるかもしれません。
一度受注した仕事をしっかりと完遂すれば、クライアントから信頼を寄せられて優先的に案件の声をかけてもらえることもあります。
自分のスキルレベルや働き方に応じた案件に積極的に応募して、実績を残していきましょう。

セミナーで人脈を広げる

SE向けのセミナーやイベントが様々な主催者によって多数開催されています。
このような場所に参加すると、企業勤めのSEやフリーランスのSEと交流することができます。
人脈を広げることによって案件獲得の道が開けるため、積極的にこのような機会は利用していくべきです。
また、IT業界は技術の進歩が非常に速いため、セミナーで情報収集することはたいへん有益です。
フリーランスSEは即戦力を期待されているため、企業勤めのSE以上のスキルや知識が求められます。
最新情報を定期的に吸収し、常にスキルをアップデートすることで、引く手あまたの人材になることができるでしょう。

営業パートナーを見つける

フリーランスSEの中には、WEB制作会社などにパートナー営業となってもらい、案件を獲得している人もいます。
WEB制作会社は常に複数の案件を回しているため、人材が足りなくなった場合や、適切な人材を求めている場合にフリーランスSEに外注しています。
また、不定期の案件以外にも定期案件をフリーランスSEに発注するケースもあります。
自分だけでは獲得できない案件に携わることができる可能性があるため、クライアントからの直案件だけでなくWEB制作会社とのつながりも築くことをおすすめします。

名刺交換会に参加する

クリエイターズEXPOなど、フリーランスSEがブースを出展できる名刺交換会が存在します。
出展料は必要になりますが、すぐに案件を発注できるパートナーを探している数多くのクライアントと一気に名刺交換できるので、営業活動が非常にスムーズになります。
名刺交換会に参加する際は、自分のスキルや実績をアピールできるポートフォリオやフライヤーを用意し、ブースを通りがかった人々に積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。
また、クラウドソーシングなどのサービスではクライアントの顔を見ずに案件を進めるケースが多いですが、名刺交換会では直接クライアントと話した上で案件を獲得することができます。
そのため、安心感がありスムーズにコミュニケーションをとれる傾向にあります。

求人情報サイト(エージェント)を活用する

フリーランスSE向けの求人情報サイトやエージェントを活用するのも便利です。
自分の好みに合った求人を検索することができますし、プロフィールを登録すれば条件に合った優良求人を紹介してもらうことが可能です。
「moveIT!」でも、大小様々な規模の優良な非公開求人や高額案件をご紹介しております。
加えて、面接のサポートや研修受講サービスや福利厚生サービスの提供など、フリーランスSEに嬉しいサポートが充実しています。

自分で案件を探すだけでなく、求人サイトやエージェントに条件を伝えておくことで、定期的に案件情報を収集できる環境を作るのも賢いやり方でしょう。

【フリーランスSE】仕事がない時の「原因」と「解決策」

pixta_65735536_M

上記のような方法で常に案件を獲得していても、どうしても案件が途切れてしまう時もあるでしょう。
フリーランスSEが仕事がなくなる原因と、解決策を理解しておきましょう。

「仕事がない」原因を考える

フリーランスは個人の能力により、『案件の受注量』や『収入』が決まると思われがちですがそれだけではありません。

仕事がない状況に陥るのは主に以下の4つの理由が考えられます。

  • 自分の強みを上手くアピールできていない
  • 受注先・取引先が少ない
  • 仕事を選びすぎている
  • スキル・実績に合っていない案件の受注をしている

【原因1】自分の強みを上手くアピールできていない

会社員時代、案件の受注は営業担当者が行いエンジニアはそれぞれの業務に集中してプロジェクトをこなしていた、という方がほとんどではないでしょうか。

自分のスキルをクライアントに直接アピールする必要も機会もなかったため、個人で案件を獲得する際になかなか自分をアピールできないという方も多いです。

フリーランスにとって、営業力や自分をアピールする能力は、案件の獲得率や収入に直結するので非常に重要です。

【解決策1】ITエンジニア向けエージェントサービスを利用する

「営業力に自信がない」「スキルを上手くアピールできない」というフリーランスSEの方は『ITエンジニア向けエージェント』の利用をおすすめします。

クラウドソーシングでは、個人が能力をアピールし企業から案件を受注するのに対し、エージェントを利用すると能力のヒアリングを行なった上で個別に適切な案件を紹介してもらえます。

例えばmoveIT!の場合、お持ちのスキルや言語別に案件をご紹介。
人との繋がりを重視したサービスのため、細かい条件やキャリアアップについてもご相談頂けます。

【原因2】受注先・取引先が少ない

受注先・取引先を1〜2箇所に依存していると先方の業績に影響されやすく、案件終了と同時に収入源が絶たれてしまうので注意が必要です。

【解決策2】受注先・取引先を増やす

同時にいくつものプロジェクトを抱えるのは大変ですが、無理のない範囲で取引先の数や幅を広げるというのも安定して稼いでいくためには必要です。

会社勤めでも安心できないと言われる不安定な時代、収入源をいくつも持てるというフリーランスの強みを有効活用しましょう。

【原因3】仕事を選びすぎている

自分で受ける案件を選べるというのがフリーランスのメリットですが、自分の能力以上のリターンを求めるのは良くありません。
市場での需要を理解し、必要以上に仕事選びすぎて仕事がないという状況にならないように注意しましょう。

【解決策3】必要以上に選びすぎない

駆け出しフリーランスSEの方は、条件にこだわらず案件をたくさんこなし、実績をつけることから始めると良いでしょう。
実績を積み重ねて、信頼を得ることで報酬の高い案件の受注に繋がります。

【原因4】スキル・実績に合っていない案件の受注をしている

自分の能力に合っていない案件を引き受けてしまうと、品質を担保できずクライアントの満足度も下がってしまいます。
さらに、トラブルなどの対応で業務が増える可能性もあります。

【解決策4】能力を最大限に活かせる案件を受注する

フリーランスは能力やスキルについて、自分自身で理解しておくことが必要。できれば自分の能力を最大限発揮し、スキルに見合った案件を受注したいですよね。

しかし、求人を見ていると「やったことがあるけど応用できるのかわからない・・・」「これは自分にできるかな?」など不安に思うこともあります。

そんな時は、moveIT!にぜひご相談ください。希望条件・希望内容をヒアリングした上で、あなたに合った案件をご紹介いたします。

フリーランスSEが案件を獲得し続ける方法

フリーランスへの転身を検討している方や、フリーランスになりたての方は、案件を獲得できるか不安に思うこともあるでしょう。
しかし今回ご紹介したように、フリーランスSEが案件を継続して獲得できる機会はたくさんあります。人脈を増やし、様々なツールやサービスを使いこなすことで、クライアントとの接触機会を設けていきましょう。

kowa

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。