AIエンジニアの仕事内容は?必携スキルや年収は?

近年特に注目されている分野が「AI(人工知能)」です。
ロボットやアプリ、家電製品など幅広い製品やサービスに活用されているAIは、私たちの働き方や生活を変える可能性のある存在として、ますます需要が高まっています。
そんなAIを作り上げるのが、AIエンジニアという仕事です。
AIエンジニアとはどのような仕事内容なのか、そしてどのようなスキルが求められるのか、解説していきます。

目次

AIエンジニアの需要が高まっている

CG

生活に関わる製品やビジネスの現場でAIが活用される場面が増えており、それに伴いAIエンジニアの需要も高まっています。
経済産業省は「ビッグデータ、IoT、人工知能についてはこれから特に大きな影響を与え、産業界を大きく変革する可能性がある」と公表しており、これらの開発を担う人材を「先端IT人材」と呼んでいます。
しかし、需要の伸びに対して先端IT人材は不足しており、経済産業省は2020年までに約4.8万人の人材不足になるだろうという試算結果を発表しました。
すでにAIエンジニアの人材不足に陥っている日本においては、必要なスキルを有した人材は好待遇で企業に迎え入れられている傾向にあります。
今後も様々な分野でAIの活用が見込まれるので、AIエンジニアは非常に将来性のある仕事と言えるでしょう。

AIエンジニアの仕事内容

AIエンジニアとは、AIを開発したり、機械学習や深層学習のアルゴリズムを用いてデータを解析したりする仕事です。
仕事内容は大きく分けて、プログラミング分野とアナリティクス分野の2種類があります。
プログラミング分野の仕事内容は、AIをプログラミングで開発したり、実装したりすることです。
アナリティクス分野の仕事内容は、AIが学習したデータを解析し、プログラミングを改善することが中心です。

プログラミング分野でもアナリティクス分野でも、AIのアルゴリズムを正しく理解し、必要に応じてプログラミングの作成や修正を行うことになります。
どちらの分野も同じ人材が担うケースもありますが、別の人材が担当する企業も存在します。
高度な専門知識が必要になる仕事で、日々技術も進歩しているため、常に知識やスキルをアップデートし続ける姿勢が求められます。
優秀なAIエンジニアは特に海外で争奪戦となっており、アメリカでは平均年収約1,300万円となっています。

特に優秀な人材には、3,000万円から5,000万円の年収を提示しているとも言われています。
中国でも待遇が良く、経験のあるAIエンジニアは年収2,000万円を超えることが一般的とされています。
日本ではここまでの高額報酬を提示する企業は少ないとされていますが、AI分野に積極的な企業であれば1,000万円以上の年収を獲得するのも夢ではありません。

AIエンジニアになるための必携スキルは?

では、AIエンジニアになるために必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。
1つずつ詳しくみていきましょう。

数学的知識

まず、数学的知識は必要不可欠です。
微分積分学や線形代数学、確率論、統計学といった分野は、大学受験レベルの知識を抑えておくべきです。
これらの知識はAI開発のアルゴリズムを読み解くために使われます。ライブラリやフレームワークを活用してもAIは開発できますが、
アルゴリズムを読み解くことができなければ、改善のための微調整やデバッグを行うことができません。
他のAIエンジニアと差別化を図るためにも、数学的知識は身につけておきましょう。

データベースの知識

AIに学習させるためのビッグデータを効率的に扱い、分析するためにも、データベースを運用するための知識が求められます。
業務で得られるデータを解析するためには、保存されているデータベースから抽出する必要があります。
そのため、MySQLやNoSQLといったデータベース管理システムを使いこなせるようになる必要があります。
データベースの知識を活用して、ビッグデータから未来を予測できるようになりましょう。

ビッグデータの解析知識

AIにどのようなデータを学習させるべきか、ビッグデータをどのように学習させればよいのか、といったことを考えられなければ、AIから良い学習結果を得ることができません。
そのため、AIエンジニアはビッグデータの解析手法を知っておく必要があります。
クロス集計やロジスティック回帰分析、決定木分析といったデータ解析手法は最低限身につけておくべきです。
また、ビッグデータを扱う際にはBigQueryやhadoop、sparkといった技術を使うことになるため、これらも習得しておきましょう。

機械学習フレームワークの知識

AIで使われる機械学習や深層学習のフレームワークは、Pythonライブラリに数多く提供されています。
機械学習のフレームワークとして有名なものは、「scikit-learn」や「genism」です。
深層学習のフレームワークは「TensorFlow」や「Chainer」、「Caffe」などがあります。
開発時間を短縮し、効率的に仕事を進めるためにも、機械学習フレームワークを活用できるようになりましょう。

AIエンジニアの就職先

AIエンジニアの主な就職先は、AIなどの最先端技術を駆使してサービスを開発するIT企業が中心となります。
ベンチャー企業から大手企業まで、様々な企業規模の会社がAIエンジニアを求めています。
また、メーカーなどITが本業でない企業でも人材を募集しているケースがあります。
開発内容や年収、待遇などを比較して、自分にマッチした就職先を探しましょう。
企業に正社員として勤める以外にも、フリーランスAIエンジニアとして活躍する道もあります。
優秀なフリーランスAIエンジニアであれば、月収100万円以上稼ぐケースもあるようです。

まとめ:AIエンジニアとして活躍しよう

pixta_38869061_M-700

AIエンジニアは今後ますます需要が高まっていくであろう、将来性のある仕事です。
専門知識が求められる分野ではありますが、最先端の技術に触れることができ、人々の生活を大きく変える可能性のある製品開発に関われるため、やりがいは大きいです。
「moveIT!」は、高額案件を多数有するフリーランスエンジニア向け求人サービスです。
独立・起業を目指す方や、就職・転職を希望される方にも案件を紹介いたしますので、まずはお気軽にアドバイザーに相談してみてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。