データベースエンジニアとは?仕事内容・年収・必携スキル

企業のシステムを支えるデータベースの開発・設計や運用・管理を行う、データベースエンジニア。
膨大なデータを適切に管理するために、効率的なデータベースを作り上げるスペシャリストです。

ビッグデータが普及する中、データベースの重要性がますます増しており、それに伴いニーズも急速に高まっています。
ここでは、データベースエンジニアの仕事内容や年収、必要なスキルなどを紹介します。

目次

データベースエンジニアとは

CG

IT技術の発展やAIの進化により、ビッグデータの活用が一般化してきました。
そして、顧客情報や購入履歴などといった膨大なデータを保管・管理するために必要なのが、データベースです。
しかし、膨大なデータを整理せず保管すると、効率的にデータを活用することができません。

そこで活躍するのが、データベースエンジニアです。
目的のデータへ簡単にアクセスし、瞬時に取り出せるようデータベースを設計・構築し、その後も安定して活用できるよう運用・保守します。
また、データベースを設計するだけでなく、企業がどのようなデータを集め、どのように分析すべきかを提案するのもデータベースエンジニアの仕事です。
企業の経営戦略や利益に直結する仕事なので、高いビジネススキルが求められます。

データベースエンジニアの年収は

2017年に経済産業省が発表した『IT関連産業の給与等に関する実態調査結果』によると、データベースエンジニアが含まれる「IT技術スペシャリスト」の平均年収は758.2万円となっています。
データベースエンジニアは高度なスキルが求められ、またそれほど数が多くないため、一般的なプログラマーやSEよりも平均年収は高い傾向にあります。

データベースエンジニアの具体的な働き方

データベースエンジニアの具体的な働き方をご紹介します。

Aさんの場合(28歳、女性、会社員、経験歴5年~)

ITベンチャー企業に就職したAさんは、プログラマーとして活躍。中でもデータベース系の案件を得意としていました。
そこで、Webマーケティング企業に転職し、データベースエンジニアとしてキャリアをスタート。
クライアントの課題をヒアリングし、適切なデータ運用方法を提案してデータベースを構築しています。
年収は600万円程度で、残業は月20時間前後。会社が定めるノー残業デーの日は、同僚と大好きなお酒を飲んで楽しんでいます。
また、会社の福利厚生である勉強支援制度を活用し、資格取得にも励んでいます。

Bさんの場合(35歳、男性、会社員、経験歴12年~)

大手企業SIerのSEとしてキャリアをスタートさせたBさんは、プロジェクトリーダーに選ばれるまでにスキルと実績を積み上げてきました。
そして、さらなる技術力と経験値を高めるために、アプリ開発会社のデータベースエンジニアに転職。
自社で開発するアプリのコンバージョン数と収益を最大化するために、収集したデータの管理・運用を行っています。
企業の経営戦略にも関わる仕事なので、社長や役員と打ち合わせすることも頻繁にあります。
年収は750万円程度で、残業は月約10時間。子どもと公園で遊び、リフレッシュするのが休日の一番の楽しみです。

データベースエンジニアになるためには

pixta_46995104_M

データベースエンジニアになるために具体的な方法について見てみましょう。

データベースエンジニアに必要なスキル

データベースエンジニアになるためには、プログラマーやSEとしての実務経験があるといいとされています。また、データベース製品として広く普及しているOracleやMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Serverは、多くの案件で使用することになるので必須スキルと言えます。

ビッグデータの解析など、高速なデータ処理が発生するシステムでは、MongoDB、Memchached、Redisといった最新のデータベースソフトが使われることもあります。
データベース業界は日々進歩しているので、新しいスキルを積極的に吸収する姿勢が必要になるでしょう。

また、クライアントや他の社員、スタッフなどと共同開発するため、技術力だけでなくコミュニケーションスキルも求められます。
どのようなデータベースにすべきかを検討する論理的思考も、業務を進める上で必要になるはずです。
「ORACLE MASTER」や「データベーススペシャリスト試験」といった資格は、データベースエンジニアとして求められるスキルを客観的に証明できるものです。データベースエンジニアへのキャリアアップを目指す場合は、これらの資格の取得を目指すとよいでしょう。

データベースエンジニアの就職先

データベースエンジニアになるには、データベース設計を強みとするIT企業やWebマーケティング会社に就職するのが近道です。
また、自社で膨大なデータを保有しているWeb関連会社やアプリ開発会社などに就職し、自社エンジニアとして活躍するのも一つの道です。

データベースエンジニアとしてキャリアを積んだ後は、プロジェクトマネージャーへキャリアアップする人が多いです。
他にも、統計学のスキルを身につけてデータアナリストやデータサイエンティストとして活躍する人もいます。

まとめ

データベースエンジニアはビッグデータの普及に伴いニーズが高まっている職種です。
その一方で、転職市場にはデータベースエンジニアが少ないため、比較的好待遇で迎え入れられるケースが多いようです。
高度なスキルを磨きたいという方や、IT業界での市場価値を高めたいという方は、データベースエンジニアへのキャリアアップを検討してみてもいいかもしれません。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。