セキュリティエンジニアとは?仕事内容・年収・必携スキル

人々の暮らしにネットワークが欠かせなくなった現代社会において、そこにあるさまざまな価値ある情報を狙う悪意も急増しています。
そうした脅威に対抗する職種として、近年ニーズが高まっているのがセキュリティエンジニアです。

ここでは、セキュリティエンジニアの詳しい仕事内容から、年収や働き方について、詳しく解説していきます。

目次

セキュリティエンジニアとは

pixta_43441328_M

情報化社会が進む中で、我々の生活は便利になる一方、コンピュータウイルスやサイバー攻撃、情報漏えいなど、情報化社会ゆえの新しい脅威も現れるようになりました。
こうしたネットに潜むさまざまな危険と戦い、ネットワークやシステムを守っていくのがセキュリティエンジニアです。

セキュリティエンジニアが担う主な役割は、不正アクセスやコンピュータウイルスなどに対し、それらを未然に防ぐためのシステム構築です。
またそれらに加えて、万が一攻撃を受けてしまった際の迅速な対応・復旧も担当します。

クライアントの状況に合わせた最適なシステムを提案する企画力や論理的思考力、さらにそれらを実際に稼働させるための高い技術力が求められる仕事と言えるでしょう。

セキュリティエンジニアの年収

セキュリティエンジニアの年収は、勤めている企業やそこでも勤続年数、就いている役職などによっても左右されますが、平均年収は600万円前後となっています。

セキュリティエンジニアは、プログラミングなどの高い技術力があることはもちろんですが、ネットの脅威を迅速にキャッチする嗅覚や、それに合わせてシステムを構築する対応力なども求められる仕事であるため、他のIT系職種に比べても年収は高めに設定されていることが多いようです。

また、セキュリティエンジニアとして働く人の平均的な年齢も30歳となっており、ある程度の実績とスキルが求められる職種となっています。

セキュリティエンジニアの具体的な働き方

セキュリティエンジニアとして活躍している方の事例をご紹介します。

Aさん:会社員、32歳男性 経験歴10年~

情報系の大学を卒業し、大手通信系企業に入社したAさん。入社後は社内SEとして、社内インフラの設計やクライアント案件を担当し、30歳になるタイミングでセキュリティエンジニアに任命されました。
実際のシステム設計・実装はもちろん、クライアント先へ直接訪問し、企画・提案を行うなど、営業的な仕事にもチャレンジしています。
年収は約500万円で、チームリーダーへの昇格を目指して研鑽を重ねています。

Bさん:会社員、25歳女性 経験歴3年~

中堅広告会社のセキュリティエンジニアとして働くBさんは、入社後すぐに情報システム部に配属され、新卒一年目からセキュリティエンジニアとしてのキャリアを歩んできました。
現在はチームの最年少メンバーとして、システム実装のためのプログラミングなど、技術を中心とした仕事に従事。
将来的にはより上流工程の担当やクライアント先での折衝などもできるように、スキルアップに励んでいます。
年収は350万円程度で、毎年昇給を実現させています。

セキュリティエンジニアになるためには

pixta_37808005_M

セキュリティエンジニアになるために必要なスキルや、就職先について把握しておきましょう。

セキュリティエンジニアに必要なスキル

セキュリティエンジニアになるために必須の学歴や資格はありませんが、仕事の内容としては非常に責任のあるポジションとなるため、求められる素養は高いと言えるでしょう。
セキュリティに関する最新の知識はもちろん、実際に手を動かす際の技術力、緊急時の対応力や前もって対策を練る想像力などが問われます。

また、直接クライアントとコミュニケーションを取る機会も多くなる職種であるため、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報セキュリティスペシャリスト」やその上位に位置する「情報処理安全確保支援士技術者」を取得しておくと、権威性を向上させて仕事を有利に進めることができたり、キャリアアップにもつなげやすくなるでしょう。
アプリケーションエンジニアを目指す際に必須となる資格はありませんが、持っておくことで就職や転職を有利に進めることが可能になります。

セキュリティエンジニアの就職先

セキュリティエンジニアとしての就職を目指す場合は、情報セキュリティをサービスとして行っているIT企業や、社内の情報セキュリティ強化を目指す会社に応募をするようにします。
ネットに潜む脅威は日々進化しており、その対策も急がれていますから、募集そのものは多く見つかるはずです。
より営業的な仕事にチャレンジしていきたい場合は前者を、技術力を活かして勝負がしたい場合は後者を選ぶようにすると良いでしょう。

まとめ

セキュリティエンジニアとは何か。そして、その道を志すためのポイントについて解説しました。
今や企業にとって無くてはならない財産の一つとなったIT情報。
それを守るセキュリティエンジニアの仕事は、社会的なニーズも非常に高く、やりがいのある仕事です。
責任ある仕事だからこそ、待遇も良い場合が多く、IT系のキャリアを築きたい人にとっては、十分に目指す価値がある職種と言えるでしょう。
持ち前のスキルやセンスを活かしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。