転職前に確認!アプリ開発系のSEになる前に知っておくべきこと

乗換案内、チケット予約、ソーシャルゲームなど、私たちの生活に欠かせない存在となっているアプリケーション(※以下、アプリ)。
PCやスマホに欠かせないアプリの開発を担うのが、「アプリ開発系SE」です。

需要が伸び続けているアプリ開発を仕事にしたい方、あるいは、プログラマーからキャリアアップしたいという方も多いのではないのでしょうか。
今回は、アプリ開発系SEの醍醐味や苦労など、転職前に知っておくべきポイントをご紹介します。

目次

アプリ開発系SEの仕事内容

pixta_40738656_M

そもそもアプリとはアプリケーションソフトウェアの略で、パソコンやスマホで特定の作業を行うために用いるソフトウェアのことを指します。
仕事を便利にしたり、日常生活を豊かにしたりするツールで、日々たくさんのアプリが開発されています。
私たちの生活にもなじみ深いのがウェブアプリケーションで、パソコンやスマホのブラウザ上で使用するアプリのことです。

Amazonや楽天市場といったECサイトやSNS、Gmailなどのメールサービスもウェブアプリケーションに含まれます。
スマホにダウンロードして使用するスマホアプリは、目的によって様々な種類のサービスが提供されています。
ニュースアプリや音楽再生アプリ、学習アプリなど、用途に応じてアプリを使い分けているという方も多いのではないでしょうか。
業務用アプリケーションは、企業の業務を効率化するために開発されたシステムです。
顧客情報管理や売上管理、勤怠管理など、ローカル環境では管理が煩雑になる情報をアプリ上で取り扱うことで、生産性向上に寄与しています。

アプリ開発系のSEは、これらのアプリケーションをメインで開発する仕事で、別名アプリケーションエンジニアとも呼ばれます。
クライアントの要望をヒアリングし、アプリの要件定義や設計を行い、プログラミングすることでアプリを制作します。
フロントエンドからバックエンドまで、アプリに関する豊富な知識が求められる仕事です。

※アプリケーションエンジニアの詳しい情報は、こちらも参考にしてください。

アプリ開発系SEの苦労とやりがいは?

アプリ開発系SEの仕事で苦労するのは、主にスケジュール管理でしょう。
開発するアプリは大小様々な案件があり、時には非常にタイトなスケジュールで開発、リリースすることが求められることがあります。
複数の案件を同時進行する中で急な仕様変更が発生したり、バグが発覚したりというのは日常茶飯事で、予想外の状況に面しても納期に間に合わせるよう進行していかなければなりません。

また、アプリ開発系SEはプロジェクトマネジメントの役割を任されることが多く、責任が大きい分やりがいがあるものの、プレッシャーも大きいです。
異なるスキルや経験を持つプロジェクトメンバーをまとめ、的確に指示し、スケジュール通りに進行していくためには、ハイレベルなヒューマンスキルが求められます。
アプリ開発系SEは苦労も多いですが、やりがいも大きなものがあります。
アプリケーションはユーザーの仕事や生活を便利にするツールなので、開発したアプリが人々に喜ばれながら受け入れられるのを見ると、達成感を味わえることでしょう。

アイディアを形にして、目に見えるアプリとしてリリースできた瞬間の喜びは何にも代えられません。
また、アプリ開発系SEはプログラマーやSEとして経験を積んだ人がなるケースが多く、一般的なプログラマーやSEよりも好待遇を受けられる可能性が高いです。
指示されたことをこなすのではなく、上流工程と呼ばれる要件定義や設計、クライアントとのコミュニケーションを行えるので、よりレベルの高いスキルを身につけることもできます。

女性も活躍しやすいって本当?

003

SEはクライアントが必要とするシステムをゼロから開発します。そのため、クライアントの業務内容を正確に把握し、どのようなシステムがあれば課題を解決できるかをヒアリングして検討する必要があります。その際、クライアントと丁寧なコミュニケーションをとり、表面化していない課題や悩み、ニーズを見つけ出すのがSEの腕の見せ所と言えるでしょう。
また、システム開発をディレクションするために、プログラマーに指示したりプロジェクトメンバーの士気を上げたりと、マネジメント能力も求められる仕事です。納期までに設計通りのシステムを完成させ、クライアントに感謝されると、大きな喜びとやりがいを感じられるはずです。
SEはシステム開発を担当するため、「基本情報技術者」や「応用情報技術者」といったIT人材向けの資格を取得することをおすすめします。これらの資格は、ITエンジニアとしての基礎的・応用的な知識や技術を有していることを証明できるため、転職でも有利に働きます。また、マネジメントスキルが求められる仕事なので「プロジェクトマネージャー」の資格取得を目指すのもいいでしょう。

キャリアパスや将来性は?

CEは、クライアントが日頃から利用しているシステムを安定稼働させるための保守を行います。そのため、クライアントのシステムの活用方法やシステムの仕様を把握し、トラブルを未然に防ぐ対応が求められます。トラブルが発生した場合は、クライアントやシステム開発者、メーカーとコミュニケーションをとり、トラブルの状況を正確にヒアリングして対処します。迅速かつ的確にトラブルの原因を突き止めるためにも、多角的に考えられる思考力や判断力、粘り強さ、そしてシステムやIT機器に対する幅広い知識が求められます。柔軟に対処することでトラブルを解決できれば、大きなやりがいを感じられるに違いありません。
CEはシステムだけでなくIT機器の導入にも携わるため、「電気工事士」や「工事担任者」といった資格を取得するとよいでしょう。「電気工事士」とは電気設備の安全を守るための業務ができる人に与えられる資格で、「工事担任者」は通信回線に接続する設備の配線工事ができる人に与えられる資格です。また、オフィスで一般的に利用されているマイクロソフト製品の知識を有していることを証明できる「マイクロソフト認定技術者試験」の資格取得もおすすめです。

まとめ

002_700

アプリ開発系SEは将来性があり、よりレベルの高い職種へのキャリアアップも目指せる仕事です。
納期やトラブルの際は一時的にハードワークになる可能性もありますが、男女問わずに活躍できる職種であることは間違いないでしょう。
moveITでは、アプリ開発系SEの求人も多数保有していますので、転職を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。