IT業界に転職しても安心できない?SEの市場価値の実際

AIやIoTなど、技術の発達に合わせてますます需要が伸びているシステムエンジニアの仕事。
将来の安定を獲得するため、システムエンジニアを目指そうと考えている人や、よりスキルを磨いていこうと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、需要が高いからと言って、誰しもが良い環境を得られるとは限りません。
転職の際には、自分のスキルや目標を明確にした上で、正しい行動をすることが必要不可欠です。
今回は、SEの市場価値の実情と、今度それらを高めていくために必要なことについて解説していきます。

目次

SEの市場価値・平均年収

pixta_40504530_M

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計によると、システムエンジニアの平均年収は550.8万円となっています。
もちろん、年次やキャリア、勤め先などに応じてその数字は大きく変動しますが、すべての職種を含めた全体の平均年収は454.5万円と高く、「エンジニアは稼げる」と言っていいでしょう。

システムエンジニアの将来性

現状、他職種に比べると確かな優位性を持っているシステムエンジニアですが、その将来性はいかがでしょうか。

人材不足に伴いニーズは上昇

今後、ますますの少子高齢化に伴い、人材不足の問題がますます顕著になってくることが予測されます。
システムエンジニアのような技術職は、一朝一夕にできる仕事ではないため、そのニーズはますます高まるでしょう。

加えて、近年はIoTに代表されるように、これまではITの力を必要としていなかった分野であっても、ITの導入によってより一層の進化を図るという動きが活発です。
このことからも、システムエンジニアの将来性は非常に高いと言えるはずです。

AIの進歩による仕事の見直しは必要

一方で、技術が発達していく過程の中では、これまで必要とされていた仕事が無くなったり、AIなどの代替策が生み出され、人の力を必要としない業務も出てきます。
特にIT部門であれば、運用や監視といった、下流行程に位置する仕事は徐々にAIが対応することになっていくでしょう。
システムエンジニアは比較的上流工程を担当する機会の多い職種ではありますが、この先も安定した需要を確保していくためには、より高度で、人の力に頼らざるを得ない分野に踏み出していくことが大切だと言えます。

システムエンジニアとしての市場価値を高めるために

Moveit

システムエンジニアの将来性についてお伝えしてきましたが、その中で自身の市場価値を高めていくためには、どうすれば良いのでしょうか。
その方法について見てみましょう。

プログラミングスキルを磨く

ITスキルを語る上で、プログラミングスキルは欠かせません。
世界にはさまざまなプログラミング言語があふれていますが、より質の良いシステムや顧客満足度を高めるサービスを提供していくためには、それにあった最適なプログラミング言語を選択することが必要不可欠です。つまり、扱えるプログラミング言語が多ければ多いほど、確約できる範囲も拡大するということでもあります。
得意な言語を持っておくことも大切ですが、一方で、幅広い言語に対応できるスキルも磨いておくと良いでしょう。

UI/UXスキルを磨く

UI(UserInterface)とUX(UserExperience)に対するスキルを磨いておくことも、システムエンジニアとしての価値を高めることに効果的です。
この2つは、簡単に言ってしまえば「ユーザーがいかに快適にシステムを使うことができるか」という意味で、そこにはデザインの部分もあれば、触った時のレスポンスの良さなど、感覚的な要素が多分に詰め込まれています。人間の感情を理解できるのは人間だけですから、これらのスキルはAIが発達した未来であっても、重要視されるものになるはずです。

マネジメント能力を磨く

先にもお伝えしましたが、システムエンジニアとしての仕事は下流工程になればなるほど、将来の不安が出てきます。
だからこそ、プロジェクトマネージャーなどのより上流の工程に携われるポジションに就くことが、市場価値を高め続ける近道になります。
実際、技術力とともにヒト・モノ・カネを効果的に活用するマネジメント力が試されるこの仕事は、現在でもすでに慢性的な人不足になっており、転職市場でもかなりの好条件が用意されている職種でもあります。

スキルを選ぶには会社選びが重要

システムエンジニアとしての市場価値を高める方法について解説してきましたが、ここで大切になってくるのが、それらを実現できる会社をしっかりと選ぶことができるかどうかです。
いくら本人の意欲が高くても、希望の仕事がなかったり、ポストが空いていない会社では、思うようにスキルを磨くことは難しいでしょう。
選ぶべき会社をどうするか、1人だけではわかる情報にも限りがありますので、転職エージェントやサービスを使うなど、外部からの意見も積極的に取り入れるようにすると、選択の精度をより高めていくことができるでしょう。

まとめ

pixta_46995104_M

日々、技術革新が起こっている現代社会において、システムエンジニアとしての市場価値を高めていくためには、常に新たな試みにチャレンジし、自身のスキルを磨き続けることが欠かせません。
そのためにも、自分だけで悩みを抱え込まずに、専門家の知見も活用しながら輝ける道を探しましょう。
moveITでは、現場に詳しいスタッフが揃っていますので、キャリアパスでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。