プログラマーが年収をアップさせるためのキャリアパスとは

今後も社会的ニーズが高い職種として、老若男女問わず人気が高まってきているプログラマー。
既にプログラマーとして第一線で活躍している人や、これから目指そうと考えている人も多いのではないでしょうか。

やるからには、より上のポジションを目指し、年収アップや待遇がいい環境を選びたいはずです。
そこで今回は、プログラマが年収をアップさせるためのキャリアパスについて、詳しく解説していきます。

目次

プログラマーの平均年収

まずはプログラマーの平均年収についてみてみましょう。
厚生労働省が平成28年に発表した賃金構造基本統計調査によると、プログラマ全体の平均年収は414.6万円となっています。
基本的には、より長いキャリアを持っている人の方が年収が高くなる傾向があり、努力をすればした分だけ、収入を増やしていくことができる職種と言えるでしょう。

プログラマーが年収を上げるためには

pixta_39829866_M

プログラマーが年収を上げるためには、同じ道でキャリアを磨く方法から、新しい環境に踏み出す方法まで、さまざまな手段があります。
それぞれ解説していきましょう。

昇進・昇給を目指す

最も手軽で堅実な方法として、今いる会社や組織で、昇進・昇給を目指すという方法があります。
与えられたタスクをしっかりとこなしていけば、よほどのことがない限りは、毎年少しずつでも昇給し、タイミングによっては昇進によって大きく年収を伸ばすことができるでしょう。
IT業界全体やプログラマーという職種で見ても、この先急に社会的ニーズが無くなり、価値が下がってしまうということはあまり考えられません。
派手な手段ではありませんが、安心して働くことができるため、慎重派の人におすすめの方法です。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーを目指す

プログラマーの経験を活かし、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなど、より上流工程に位置する仕事にチャレンジするのも、年収アップに効果的です。
これらの職種は、プログラマーの知識に加え、設計や構築といったより視野の広い仕事が求められ、またその職種に就いている人の絶対数も少ないため、希少価値が高くなり、年収アップを狙うことができます。

厚生労働省の調査では、システムエンジニアの平均年収は、プログラマーと比較すると100万円程度の差があるという結果も出ています。
プロジェクトマネージャーの場合、直接クライアントと折衝をしたり、チームをまとめる役割も担っていますので、技術力以外に対人スキルも磨く必要があるでしょう。

転職する

pixta_32596089_M

今すぐにでも年収を上げたい場合は、転職するというのも一つの手です。
プログラマーを欲している企業の数は非常に多く、一方で、どの会社も人手不足という課題を抱えています。
そのため、好条件の求人を見つけることは、難しくはないでしょう。

ただし、気を付けなければならないのが、会社が変わることによって、業務内容はもちろん、社内文化や人間関係を新たに構築する必要があることです。
また、転職回数が多いことで、企業によっては不信感を持たれる可能性もありますから、転職は慎重に行わなければなりません。

新しい言語やスキルを身に付ける

現在、プログラマーとして活躍している人であれば、得意な言語や専門としている分野があるはずです。
これらをそのまま磨き続け、その道のプロフェッショナルとして成長していくのも良いのですが、全く新しい言語や分野にチャレンジすることでも、年収をアップさせられる可能性があります。

特に、新しい開発言語に関しては、扱える人材が不足傾向にあるため、希少価値が高まります。
特定の開発言語を使いこなせれば、他の人が出来ない業務を任せてもらうことができたり、好待遇で向かえてもらえやすくなります。
近年の技術革新のスピードは相当なものですから、幅広い分野に興味を持ち、積極的にチャレンジしていけば、キャリアの選択肢も広がっていくのです。

独立する

万人におすすめできる方法ではありませんが、収入を大きく伸ばす方法の一つとして、独立するという選択肢もあります。
独立すれば、会社員とは比べ物にならないレベルの報酬を獲得する可能性もありますが、仕事を見つけることができない場合、収入がゼロになってしまう可能性も秘めています。
まさに、ハイリスク・ハイリターンの方法です。
高い技術や知識はもちろんですが、営業力や人脈など、社会人としてのさまざまなスキルが問われる方法です。

努力は裏切らない!自分にあった年収アップ法を選択しよう

009

プログラマーとして年収をあげるには、スキルを磨く、新しい分野にチャレンジする、独立する、など、さまざまな手段があります。
ただ、総じて言えるのは、「努力すればした分だけ、年収も上がりやすくなる」と言うことです。

他には、「一歩ずつ確実に成長していきたい」、「スピード感をもってキャリアを積み上げたい」など、本人がどんな働き方をしたいのかで差が出るはずです。
どの選択肢でも間違いはなく、どれもが正解と言えるものですので、周りの意見に流されず、自分に合った方法を選択するようにしてください。
moveITは、多数の優良案件・非公開案件を保有しており、あなたの希望に沿った求人をご紹介することができますので、是非ご活用ください!

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。