エンジニアとして働く女性のキャリアパスの現状

働き方改革が進む中で、残業時間の削減やホワイト企業の増加など、広い視野で見た時の働きやすさは大きく向上しているように感じます。
しかし、各現場、そこで働く従業員一人ひとりに目を向けた時、果たして本当にすべての人が働きやすさを感じ、また理想のキャリアを築くことができているのでしょうか。
特に女性の場合、社会進出が一般的になってからの日も浅く、また妊娠・出産などでそのキャリアに大きな影響を与えてしまうことも少なくありません。
ここでは、エンジニアとして働く女性へ行ったアンケート結果を踏まえながら、その現状を解説していきます。

目次

働き方改革で日本の労働環境は変わった?

働き方改革とは、働きやすさの向上を目指す取り組み全般を指す言葉ですが、その中でも強いインパクトを持っているのが、時間外労働の上限規制と言えるでしょう。
残業時間の上限を原則月45時間・年360時間と定めるこの規制は、2019年4月から大企業向けに施行され、2020年4月からは中小企業も対象となります。
日本のほとんどの会社は中小企業ですから、ここからが働き方改革の本番と言っても過言ではないかもしれません。

女性活躍促進法の成果は?そのリアルな声

pixta_47293091_M

また社会全体の働き方を見直す一方で、各企業内での従業員それぞれの働き方、キャリアの作り方も大きく変化しようとしてきています。
その代表的なものが、平成28年に施行された「女性活躍推進法」。その名の通り、女性が仕事で活躍することを企業が推進しなければならないという法律で、これにより女性の働き方にも大きな注目が集まるようになりました。

施行から既に3年以上が経過し、それらの効果はどのようになっているのか。現職の女性エンジニアに、アンケートを実施しました。

現状の役職について

図10

アンケートによると、会社での女性の役職については、担当レベルからリーダーレベル、課長レベル、部長レベルまでまんべんなく回答が入っており、女性だからと言って上の役職に就けない、キャリアが描けない、といった事態にはなっていないようです。
特に課長レベル以上の人が全体の20%を超えているのは良い兆候と言えるでしょう。組織構造として、担当レベルの人が最も多い割合になるのは必然ですから、そちらも問題ありません。

キャリアパスに満足している?

図11
一方で気になるのが、理想のキャリアパス実現についての回答。こちらに関しては、肯定的な意見よりも、否定的な意見の方が圧倒的に多くなっています。
その理由については、自身の能力不足を原因に挙げる人も多い中、会社が非協力的だったためという理由を挙げている人の割合も多く、加えて結婚や出産によって理想のキャリアが描けなくなったという人も一定数います。

いくら法律や社会の認識が進んでも、女性雇用に対応できていない会社はまだまだ存在し、いかにそれらに対する理解がある会社を選べるかが重要と言えるでしょう。

満足している人としていない人の差は?

理想のキャリアパスを実現でき、満足していると回答した人の理由を見てみましょう。

図13図12

51.8%と最も多い回答を得られたのが「資格やスキルを取得して実力をつけた」、次点が42.5%の「会社がキャリアパス設計に協力的だった」でした。
一方、理想のキャリアパスを実現できておらず足していない人の理由は、1位が51.7%の「自分のスキルが足りなかったため」、2位が32.7%の「会社がキャリアパス設計に非協力的だったため」でした。
キャリアパスに満足している人もしていない人も、理由として最も多くあがっているのが「資格やスキルの習得」という結果となりました。

このことからも分かるように、理想のキャリアを実現するためには自己研鑽が必要不可欠です。
仕事に力を入れて実績を残し、仕事に関連する資格を取得することで実力をアピールすることが重要になります。

理想のキャリアパスに近づくための2つのポイント

以上のアンケート結果より、女性が理想のキャリアパスに近づくため考えるべき2つのポイントをまとめます。

まず、女性のキャリアパスに協力的な会社に入ること。
キャリアパスに満足していない人は「結婚や出産」を理由にあげているケースが多いため、女性の社会進出が進んだ現在でも、結婚や出産に対する理解の低い会社があると考えられます。
そのため、結婚や出産、育児を経ても会社で働き続け、キャリアアップを目指せる環境が整った会社を選ぶことが重要になります。
特に、産休や育休、時短勤務、在宅勤務やフレックスタイム制といった制度が導入されており、取得実績も豊富な企業は女性のキャリアパスに積極的であると考えられます。結婚や出産を望む方は、就職や転職の際にこれらの点を十分にチェックすることをおすすめします。

そして、資格やスキルを身につけること。理想のキャリアパスを実現している女性も実現できていないと感じる女性も、その理由をスキルに求めている人が多いという結果になりました。
そのため、仕事で実績を残したり、セミナーや勉強会などに参加してスキルを身につけたり、資格取得を目指したりという努力が必要になります。

スキルが身につくと会社からも戦力として正当評価されますし、それが将来的に理想のキャリアパスにつながっていくことでしょう。スキルや実力が身につけば、フリーランスとして活躍する道も夢ではありません。

まとめ

女性が理想のキャリアパスを歩むためには、現状では女性のキャリアに積極的な会社を選ぶということが重要になります。
転職の際には女性の働く環境にも目を向け、同時にスキルを磨いていくことを心がけましょう。そうすれば、自分らしいキャリアを描き、イキイキと活躍することができるはずです。