初心者~中級者必見!
おすすめプログラミング言語

これからプログラミング言語を学ぼうと思っている方や、キャリアアップのために新たな言語を習得したいと考えている方は、何から学べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。プログラミング言語には様々な種類があり、それぞれに特徴や強み、よく使われる開発分野というものがあります。ここでは、初心者や中級者の方に向けて、これから学習するのにおすすめのプログラミング言語を紹介します。

目次

初心者におすすめのプログラミング言語

Developing programming and coding technologies. Website design. Cyber space concept.
まずは初心者におすすめのプログラミング言語を紹介します。幅広い開発分野で活用されているため、これらの言語を習得すればキャリアの幅が広がるはずです。

Java

Webシステムや業務システム、機械制御システム、Androidアプリまで様々なシーンで採用されているプログラミング言語がJavaです。
特定のOSに依存しないシステム開発が可能な点が大きなメリットです。
Javaは幅広い分野で活用されているので、エンジニアを目指す方は必ず習得しておくべきと言えます。中でもWebサービス構築のフレームワークは動きが分かりやすいため、ここから学び始めるとよいでしょう。
Javaを習得すれば他の言語も学びやすくなると言われているほどで、人気言語であるため日本語や英語の技術情報が豊富に提供されています。学習サイトなどを活用すれば独学でも習得を目指せるでしょう。

PHP

Webシステム向けのプログラミング言語であるPHPは、現在Webアプリケーション開発でも多く採用されています。
Yahoo!をはじめとする大規模なWebサービスから中小規模のWebサービスまで、あらゆる動的なWebサイトにPHPが実装されています。
難易度はプログラミング言語の中でも易しいものとされており、初心者が最初に習得する言語として人気があります。
PHPを用いてプログラムを書くと、初心者でも簡単に動きを作ることができるため、楽しく学びを勧めることができます。
Webサービス開発に用いられるPHPは、HTMLやJavaScriptとともに使われるケースが多いです。Webサービスの開発案件に携わりたいのであれば、これらの言語も合わせてマスターすることをおすすめします。

C#

Microsoft社のWindows系システムの開発で使われるC#は、独自のフレームワーク「.NET Framework」にて動作させるプログラミング言語です。Webサービスから制御系、業務システム系まで幅広く活用されており、Java習得者であれば比較的容易に学びを進めることが可能です。
Windowsのアプリ開発やWindowsサーバ上で動かすWebアプリ開発に携わるなら、必ず押さえておくべき言語となります。

C言語

開発から40年以上の歴史を誇るC言語は、今でも現役で多くのシステム開発に使用されています。制御系システムからOS開発まで、機械に実装されるシステムはC言語が欠かせないと言っても過言ではありません。
歴史の長いプログラミング言語なので、技術書や学習サイトなどの情報量は豊富ですが、何度は高いと言えます。機械に近い言語であるため、ポインタやメモリ管理といった概念を理解しなければ使いこなすことは難しいでしょう。近年開発された言語であれば自動処理されるものもプログラミングする必要があるため、ソースコードは長くなる傾向です。
現在広く使われている様々なプログラミング言語の多くはC言語の影響を受けているため、幅広い言語を習得したい方はC言語にチャレンジすることで理解がスムーズになるはずです。

C++

C言語をベースに機能拡張した言語がC++で、汎用性が高く高速処理を実現できる点から様々なシステム開発に採用されています。画像解析をはじめ高速演算が必要とされるシステム開発でも実装されているため、C++を習得するとキャリアの幅が広がると言えます。
難易度は高いですが、オブジェクト指向型プログラミング言語のノウハウまで学べるため将来につながりやすいでしょう。

Ruby

日本で生まれたRubyは海外でも高く評価されており、様々なWebシステム開発で採用されています。かつてはTwitterの開発でも採用され、柔軟性が高く、様々な機能を実装しやすいという強みを持ちます。
日本で開発されたため、ポータルサイトも日本語表記で学びやすいのが嬉しいポイント。習得難易度も易しく、初心者向けのプログラミング言語と言えるでしょう。

中級者におすすめのプログラミング言語

Developing programmer Development Website design and coding technologies working in software company office

スキルアップやキャリアアップを目指すプログラミング中級者は、今後どのような言語の習得を目指せばよいのでしょうか。

Python

現在ニーズが急速に高まっているのがPythonです。FacebookやGoogleなどのWebシステム開発で採用されるケースが多い一方で、AIやディープラーニングといった注目の最先端技術の開発でも欠かせないプログラミング言語となっています。数値解析や統計処理に強みがあり、AIだけでなくIoT開発にまで活用されています。
最先端技術の開発は難しいイメージがありますが、Pythonの言語自体はシンプルな構造で、難易度は比較的容易です。プログラミング初心者でも習得しやすいですが、AIや統計解析などの分野へのキャリアアップを目指す中級者には特におすすめの言語となります。

Go

Webサーバの構築やマルチプラットフォーム向けのWebアプリ開発など、サーバサイドの案件で広く採用されるプログラミング言語がGoです。Googleが開発したオープン言語で、シンプルかつ読みやすい文法という特徴を持ちます。処理速度が速くエラーチェックも得意であるため、生産性が高いプログラミング言語です。
難易度は高くなく、中級者であればリファレンスを参考にしてスムーズに習得することができるでしょう。今後も活用シーンが広がっていくことが予測されるため、今のうちに習得すれば活躍の場が広がるはずです。

まとめ

プログラミング言語には様々な種類がありますが、今回紹介したものは定番かつ需要が高い言語となります。幅広い開発案件で採用される言語であれば、より多くの場でスキルを活かせることになります。現状の採用率や難易度、将来性などを考慮した上で、自分に適した言語の習得を目指しましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。