ITエンジニアの種類を解説!あなたが目指すのはどのITエンジニア?

現在ニーズが高まっているITエンジニアですが、一言でITエンジニアと言ってもその種類は多岐に渡ります。
しかし、ITエンジニアの求人を見てもそれぞれの職種がどのような仕事をしているのか分かりづらいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ITエンジニアの代表的な種類や仕事内容について解説します。この記事を参考に、どの職種がマッチしているか考えてみてはいかがでしょうか。

目次

そもそもITエンジニアとは

ITエンジニアとは、情報技術(IT)に関連する開発に携わる技術者のことを指します。
一般的にはパソコンを用い、プログラミングを組むことでシステムを開発していきます。
ITエンジニアは理系の職業だと思われがちですが、実際には文系出身者のエンジニアも多く活躍しています。

また、黙々とパソコンに向かって仕事をするだけでなく、プロジェクトをスムーズに進行するためにコミュニケーション力を発揮する仕事でもあります。
コンピュータに苦手意識がある方は難しいかもしれませんが、パソコンやインターネットが好き、新しい技術に興味があるという方には適性のある職業であると言えます。

ITエンジニアの種類って?

ITエンジニアはシステムエンジニアと開発エンジニアの2系統に大きく分けられます。
それぞれの職種の仕事内容について具体的に見ていきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは、システムの要件定義から設計、開発、テストまで管理してプロジェクトを進めていく仕事です。
場合によっては自分自身でプログラミングを組んだり、バグを発見するためのテストを行ったりしますが、基本的にはクライアントの要望をヒアリングして最適なシステムを設計することが主な仕事になります。
クライアントの予算内でベストな機能を実装するために、実現可能な機能を提案するなど、柔軟なコミュニケーション能力が求められます。また、要件を設計書にまとめ、実際に開発するプログラマーに受け渡します。
誰が読んでも齟齬がなく分かりやすい設計書にするためには、論理的かつ簡潔な文章作成能力が必要になります。
システムエンジニアはプログラミングの知識はもちろんのこと、データベースやセキュリティ、ネットワークなど幅広い知識を有している必要があります。

上流工程に携わりたいという方や、コミュニケーションをとりながらクライアントの思いを実現したいという方に向いているポジションです。

開発エンジニア

開発エンジニアは実際に手を動かしてプログラミングを組み、システムなどを作り上げていく仕事です。
開発エンジニアには様々な職種があり、役割もそれぞれ異なります。それでは、その内容を順に紹介していきます。

プログラマー

プログラマーは設計書を元にプログラミングを行い、各機能を実装する仕事です。システム開発はプログラマーの存在なくしては実現できないほど重要な存在です。大規模なプロジェクトの場合は機能ごとにチームを組み、協力し合いながら開発を進めることが一般的です。プログラマーとして経験を積んだ後は、より分野に特化したITエンジニアやシステムエンジニアにキャリアアップしていきます。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニア(エンベデットエンジニア)とは、家電製品やスマートフォン、車、産業用機器などに組み込まれるシステムの設計や開発を行う仕事です。
炊飯器の予約指定システムをはじめ、日常生活に密着したシステムの開発に携われるためやりがいが大きいです。
組み込みエンジニアはC言語やC++、Javaなどのプログラミング言語を利用する機会が多く、ニーズが高いため慢性的な人手不足となっています。

人々の暮らしに貢献したいという方は、非常に面白みを感じられる職業です。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとは、業務系アプリやWebアプリ、スマホアプリなどを開発するエンジニアです。
私たちの生活に欠かせない存在となっているSNSやゲームアプリもアプリケーションエンジニアが開発しています。
また、企業の業務システムといったビジネスに直結するシステムにも携わります。

アプリは日々新しいものが開発されており、ユーザーのニーズも多岐に渡るのでマーケット感覚が重要になります。
世の中に新たな価値を提供したいという方に向いている職業だと言えます。

サーバーサイトエンジニア

サーバサイドエンジニアとは、サーバの設計や構築、運用、保守に特化したエンジニアです。
サーバやOS、ネットワークセキュリティをはじめ専門的な知識が求められます。設計や運用以外にも、冗長構成や負荷分散の設計、障害対応など幅広い仕事に携わります。

サーバはシステムが動作するための肝となる部分なので、責任感があり地道な作業が苦でない人に向いています。

フロントエンドエンジニア

フロントエンジニアとは、HTMLやCSS、Java Scriptなどを用いてWebデザインを組み上げる仕事です。
Webサイトの見た目を作り上げる仕事なので、デザインセンスも求められます。中にはWebデザインまで手掛けるフロントエンジニアもいます。
ユーザーにとって使いやすいWebサイトを構築するために、ユーザビリティやUI・UXに関する深い理解が必要になります。

デザインに関わる仕事がしたいという方は、フロントエンジニアに適性があるかもしれません。

まとめ

今回ご紹介したように、ITエンジニアには様々な職種が存在します。

自分に合った職種を選ぶためにも、まずはそれぞれの仕事内容をよく理解することが重要になります。
また、特定のITエンジニアに就職したからと言って、その後キャリアチェンジができないという訳ではありません。業務を通して身につけた専門性を活かし、より特化したITエンジニアにキャリアアップしていく人も多くいます。

まずは興味のある分野のITエンジニアにチャレンジし、スキルを磨いて自分らしいキャリアを歩むとよいでしょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。