フリーランスエンジニアはどうやって活躍できる?キャリアパスは?

働き方改革の推進や人々の意識の変化に伴い、フリーランスのエンジニアとして活躍を目指す人も増えてきました。
そうした流れの中で、自らもフリーランスとして独立し、新たなキャリアを築いていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、そこで気になってくるのが、フリーランスとしての活躍の仕方やキャリアパスの描き方です。

ここでは、フリーランスエンジニアとしての活躍を目指す人に向けて、仕事の獲得方法やキャリアの描き方を紹介していきます。

目次

フリーランスエンジニアはどうやって仕事を得る?

フリーランスになった際、真っ先に課題となって立ちはだかってくるのが、いかにして仕事を獲得するかという問題です。
会社勤めをしていた時と違い、フリーランスになった以上、待っていても仕事はやってきません。自ら行動を起こし、仕事を獲得していくことが大切です。
仕事の獲得方法についてはさまざまありますが、代表的なものを下記に紹介します。

知り合いや会社員時代のクライアントから案件を紹介してもらう

フリーランスとして仕事を獲得する方法として、スピーディかつ確度が高いのが、知り合いや会社員時代のクライアントから案件を紹介してもらう方法です。
過去に一緒に仕事をした関係性であれば、お互いのスキルなども詳しく把握できているはずですから、自分にあった仕事にチャレンジさせてもらえる可能性も高まるでしょう。
個人で戦っていくフリーランスは、会社員時代よりも人と人の繋がりを強く持つことが求められますので、会社員時代にしっかりと下準備をしておくことも大切です。

インターネットなどで募集を探して応募する

一般的な転職活動と同じように、インターネットなどで募集を探し応募するという手段もあります。
意識して探していないときはあまり目に入らないかもしれませんが、フリーランスとしてのしっかりと募集を探せば、数多くの案件が見つかるはずです。

自身のサイトやブログを作り連絡を待つ

企業HPと同じように、自身のサイトやブログを作り、クライアントからの連絡を待つことで案件を獲得するという方法もあります。
サイト上でしっかりと自分のスキルや経歴をアピールすれば、依頼する側も安心でき、また依頼される案件についての齟齬も減らすことができるでしょう。

エージェントを活用する

フリーランスエンジニアに特化したエージェントを活用すれば、自分の代わりにエージェントが案件を探してくれます。
営業活動を自分でしなくて済むようになるため、空いた時間をスキルアップや前述のサイト作成などに使うこともできるでしょう。
フリーランスになりたてで、生計の立て方が手探りの状態の人にこそおすすめの方法です。

フリーランスのキャリアとは?

フリーランスの基礎となる仕事の獲得の仕方について解説しましたが、それらがある程度安定した後のキャリアの歩み方についてもしっかり考えておかなければなりません。
ここからは、フリーランスエンジニアの代表的なキャリアについて紹介します。

個人事業主として事業を拡大させていく

フリーランスエンジニアのキャリアとして多いのが、個人事業主としてじぎょうを拡大していくという方法です。
エンジニア仕事の特性上、より豊富な経験を積んだ人材であればあるほど待遇も良くなっていくものですので、しっかり実績を残していけば売上をどんどん上げていくことができるでしょう。
場合によっては人を雇用し、簡単な仕事は下の人に任せつつ、自身は難易度の高い仕事や新たなチャレンジをすることも可能です。

フリーランスのチームを作り活動する

エンジニアやその他の職種のフリーランスとチームを作り、活動していくという方法もあります。
チームを組むことで、自分一人では受けられなかった大規模な案件を受けられるようになったり、苦手な仕事を協力してもらったり、さまざまな恩恵を受けることができるでしょう。強みを伸ばしつつ、弱みを補い合えるようなメンバーを見つけることが大切です。

起業し、経営者としてキャリアを歩む

フリーランスを辞めて起業し、経営者として新たな一歩を踏み出す人もいます。
経営者になると、フリーランスの時よりも厳格な経営への取り組みが求められますが、社会的な信用を獲得できるため、投資などのチャレンジもしやすくなり、これまでとは一歩も二歩も異なるキャリアを歩んでいくことができるようになります。

会社に優位枠として入る

フリーランスとしての経験を活かして再度会社へと就職し、より良い待遇を獲得するのも、フリーランスエンジニアならではのキャリアアップの方法です。
また場合によってはフリーランスとしてやっていた仕事はそのまま副業として継続させてもらえることもあり、そうなれば給与とフリーランスとしての収入のそれぞれを確保することができるため、収入を大きく伸ばすことができるでしょう。

キャリアアップさせるために必要なことは?

フリーランスとしてのキャリアを磨いていくために大切なのは、まずは今あるスキルをしっかりと伸ばし、他の人材に負けないレベルを維持することです。
その上で、例えばインフラに関するスキルを持っているのであれば、今度はサーバーの知識を磨くなど、相乗効果が期待できる技術を伸ばしていくと良いでしょう。そうすることで、クライアントからの評価を高めやすくなり、同時に自分にしかできないという特別さを出していくことができます。

そしてゆくゆくは、プロジェクトマネージャーなどの上流工程にもチャレンジできるスキルを身に付けてください。
開発の現場では、上流の工程であればあるほどその報酬は上がっていくものです。

限られた時間の中で、より確実に収入とキャリアを上げていくためには、上流工程へのチャレンジは必須です。

やるべきことは変わらない!自分を磨き続けることが大切

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得する方法、キャリアを描いていく方法について解説してきました。
フリーランスと言えど、基本となる部分は会社員とほとんど変わりはなく、計画性を持って自分のスキルを磨いていくことが大切ということが分かっていただけたのではないでしょうか。
エンジニアの世界は良くも悪くも実力主義ですから、そこで負けてしまわないよう、自身の技術をしっかりと育てておくことが重要です。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。