エンジニアに英語力は必要?できなくても大丈夫?

エンジニアとしてキャリアを歩もうと考えた時、さまざまな課題と向き合っていかなければなりませんが、その中でも代表的なものに英語力の課題があります。
プログラミングは技術職ですので、そのスキルを伸ばしていかなければならない一方、プログラミングは英語を用いて行うため、英語力も鍛えていかなければならず、どちらから先に勉強すれば良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は、エンジニアの英語力事情に関して、詳しく解説していきます。

目次

プログラミングに英語は必要?

最初に結論を言ってしまうと、プログラミングに英語は必要です。

なぜなら、プログラミングの作業はすべて英語で行わなければならないからです。
そのため、英語がまったくわからないという状態では、プログラミングのスキルを向上させることは難しいでしょう。

どの程度必要?英語が必要な理由

プログラミングに英語が必要であることをお伝えしましたが、それでは具体的にどの程度の英語力が求められるのでしょうか。

答えは「中高生レベル」です。

プログラミングとは、簡単に言えばコンピューターに指示を出す作業のことですが、指示する内容として使う英語にそこまで難しいものはありません。
もちろん、場合によっては初めて目にする単語が出てくるケースもありますが、その数は決して多くはなく、基本的には義務教育で習うレベルの単語をマスターしておけば、最初からつまずくということはないでしょう。
また、近年ではGoogle翻訳などの精度もかなり高まっており、そういった最新の技術を用いることで、英語力の足りない部分を補うこともできるはずです。

とはいえ、英語力を高めておいて損をすることはありません。
なぜなら、プログラミング関連の最新情報は英語で発信されることが多く、日本語での発信はそこから少し遅れるケースがほとんど。
エンジニアとして、より良いキャリアを積み上げていくためには、常に最新の情報をキャッチし、時代に先駆けることが大切ですから、自身のエンジニアスキルを高める意味で、英語力は大きな強みになるのです。

どのように勉強すると良いか

では、エンジニアはどのように英語を勉強すればよいのでしょうか。勉強方法を具体的に紹介します。

プログラミング学習の過程で英単語を覚える

プログラミング言語は基本的に英語がベースとなっています。
プログラミングを学ぶ過程で知らない英単語に出会ったら、その都度暗記するようにしましょう。
自分だけの英単語帳を作り、分からなかった英単語を書き込んでいくのもおすすめです。
プログラミングで頻繁に使われる英単語を覚えれば、コードを書くスピードもアップするため作業効率化につながります。
また、何度もプログラミングを書くことで自然と英単語が記憶に定着するはずです。

英語の動画を見る

BBCニュースやTEDなど、インターネット上には良質な英語の動画がたくさんあります。これらの動画を毎日見ることで、ヒアリング力を鍛えながら英語に慣れ親しむことができます。
特にTEDはテクノロジー系のコンテンツが数多くあり、最先端のテクノロジーやアイディアを知ることができるので、楽しみながら閲覧することができるでしょう。

技術書の英語原書を読む

多くの技術書の原書は英語で書かれています。
日本語翻訳された技術書を読んだ後に、英語の原書を読めば、内容を理解しながら英語力を高めることができるでしょう。
ある程度英語力が身につけば、最初から英語原書を読むのもいいかもしれません。
書籍以外にも、インターネット上には英語で記載されたプログラミングに関する記事がたくさんあります。英語が読めれば日本語翻訳されるよりも早く情報にリーチできるので、スキルアップにもつながります。
プログラミング学習とともに、英語力も高めていきましょう。

英語で考える癖をつける

英語力は「話す」「聞く」「書く」「読む」の四本柱です。
話すスキルは難易度が高いですが、その分英語力の向上に直結します。話すことができれば、「聞く」「書く」「読む」もできるようになるからです。そのため、日頃から英語で考える癖をつけることをおすすめします。

仕事上の難しい会話を英語で考えられるとベストですが、最初からそれだけこなすのは難しいでしょう。
明日の予定やランチの感想、ちょっとした会話などを英語で考えることから始めると、楽しみながら英語力を鍛えることができるはずです。

英語学習アプリを活用する

近年は質の高い英語学習アプリがたくさんリリースされています。スマホがあればいつでもどこでも英語を学べるので、積極的にアプリを利用することをおすすめします。
中にはエンジニア向けの英語学習アプリもあるので、実践的なスキルを身につけるために活用してみるとよいでしょう。

TOEICを受験する

目標がなければ英語学習が続かないという方は、TOEICをはじめとする英語試験を受験してみましょう。試験日があらかじめ設定されているので、その日から逆算して何を勉強すべきかを考えられるようになるはずです。

また、目標ができることでコツコツ毎日勉強を続けるモチベーションにもなるでしょう。

まとめ

英語力のあるエンジニアの方が仕事の幅が広がり、キャリアアップにもつながります。
プログラミング言語は英語が基本となっているので、英語力を鍛えると業務効率化にも期待できます。

今回紹介した英語学習方法は手軽に始めることができるので、参考にして英語力をアップさせてみてはいかがでしょうか。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。