オンライン面接の対策は準備が大事!気をつけるべきポイントをご紹介

一昔前までは面接と言えば直接会っての対面式が主流でしたが、近年では技術の発達もあり、オンラインでの面接も徐々に増えてきています。
しかし、直接会わないオンライン面接には、対面での面接とはまた違った難しさがあり、苦戦してしまったりどうすれば良いのかわからなかったりする人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、先輩エンジニアたちにオンライン面接で困ったことについてアンケートを実施。その結果から、気をつけるべきポイントについて見て行きましょう。

目次

オンライン面接の経験はありますか?

はじめに、オンライン面接の経験の有無についてみていきましょう。

アンケートの結果、以下の結果が出ました。
オンライン面接

まだまだ数字としては少ないですが、それでも既にオンライン面接を経験したことがある人が全体の10%以上もあります。この数字は、今後ますます大きくなることが予想されます。

オンライン面接でみんなが困ったこと

それでは、実際にオンライン面接をする中で、どんなことに困ってしまいそうと感じているのでしょうか。

オンライン面接の際に困ることをアンケートしたところ、以下の結果が出ました。

オンライン面接2

1位:面接する場所

1位は「面接をする場所」という結果に。オンライン面接の場合、一般的には自宅で受けるのが理想とされていますが、間取りの都合や通信環境によっては困難な場合も少なくありません。だからと言って外でやろうと思っても、騒音や雑音が気になったり、周囲の目があったり、なかなか静かでかつ自分しかいない空間を用意するのは難しいようです。

2位:服装

2位は「服装」でした。対面での面接の場合、とりあえずスーツを着て行けば最低限のマナーにはなりますが、自宅で面接を受けるのにスーツを着るのもどこか変な感覚です。家にいるからこそ、服装をどうするかという悩みが出てきてしまうようです。

2位:面接するためのツールの扱い

同率で2位だったのが、「面接するためのツールの扱い」です。ZoomやSkypeなど、簡単にオンライン面接が実施できるツールは用意されていますが、使ったことがない人にとっては、そのやり方や操作方法に不安を感じる場合も少なくないでしょう。特に初めてのツールであれば、ぶっつけ本番で面接に挑まなければならないケースもあり、大きな不安の種となっています。

4位:話すときの目線

4位になったのが、「話すときの目線」です。面接であれば相手の目を見て話せば良いのですが、カメラ越しに話す時は、ディスプレイを見ると相手を見ていないような姿になり、逆にカメラを見るようにすると相手の姿が見えません。そのため、目線をどちらに持って行くのが正解なのか、悩んでしまう人も多いのです。

オンライン面接でこんな点には要注意!気をつけるポイント

オンライン面接に対する不安や困りごとについてわかってきたところで、実際にオンライン面接にのぞむ際に特に気をつけた方が良いポイントについて解説していきましょう。

服装は対面での面接と同じで

アンケート結果でも票の多かった服装についてですが、こちらは基本的には対面での面接と同じにするのが理想です。対面で面接する際にスーツを着る会社であればスーツで、逆に私服で構わないと言っているところは私服でのぞんでも問題ありません。どちらか判断がつかない場合は、とりあえずスーツを着ておけば、マナー違反になることはないでしょう。

余裕を持って準備を完了させる

面接が始まるタイミングになって、ツールの操作方法がわからなくなったり、何かしら席にいられないような事態が起きてしまったりすることを防ぐため、必ず余裕を持って準備を完了するようにしましょう。開始予定時間の5分前にはオンライン面接を受けるための場所につき、いつ回線がつながっても良い状態にしておきましょう。

カメラを見て話す

面接の際の目線についてですが、こちらは基本的にはカメラを見て話すようにした方が良いでしょう。画面ばかりを見て視線が合わないと、場合によっては何か別のものを見ながら話しているのではないか、という疑いを持たれてしまうかもしれません。初めてのオンライン面接でいきなりカメラだけを見て話すのは簡単なことではありませんので、事前に練習できる機会を設けておくと良いですね。

背景の映り込みに注意

オンライン面接を受ける際には静かな場所を選ぶのは基本ですが、それと同時に背景への映り込みなど、見え方にも注意をしておきましょう。例えば自宅で行う際、背景に洗濯物が吊るされていたり、片付けられていない棚などが映っていたりしてしまうと、ガサツな印象を与えかねません。カメラがとらえる範囲は意外と広いものですので、細部にまで気を抜かず対応することが大切です。

オンライン面接には、慣れと余裕が大切

オンライン面接ならではの不安や気をつけるポイントについて解説してきました。基本的に不慣れな人が多いものだからこそ、事前にツールやビデオチャットそのものに慣れておけるかが重要と言えるでしょう。
また、さまざまな対策をしていても、予期せぬトラブルというものは発生するものです。そうした機械的なトラブルが評価を下げる原因になることはありませんから、心に余裕を持って、落ち着いて対応することを心がけましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。