プログラミングに適したPCはmac?それともWindows?【初心者向け】

ITエンジニアに必須の仕事アイテムと言えばパソコンです。これがなければ、ITエンジニアのすべての仕事が成立しないと言っても過言ではないでしょう。会社員であれば、基本的には会社からPCが支給されますが、フリーランスを目指す場合には、自分専用のPCを用意しておかなければなりません。
その際に大きな分かれ道となるのが、macとWindows、どちらのパソコンを用意するのかという点。今回は、それぞれのメリット・デメリットをまとめつつ、プログラミングに適したPCについて解説していきます。

目次

macのメリット・デメリット

pixta_43132230_M
まずは、macのメリット・デメリットから見て行きます。

macのメリット

macのPCを使う最大のメリットとして挙げられるのが、iPhoneなどで使えるiOSアプリの開発ができるという点です。この開発に関しては、windowsのPCで実行することはできません。近年、アプリ開発はかなり盛んに行われており、それに応じた仕事の引き合いも増えていますから、macでプログラミングを行う魅力としてはかなり大きなものであると言えるでしょう。

また、macに付属するソフトウェアのBootCampを利用すれば、mac上で仮想のwindowsを動作させることもできるようになります。もちろん、windowsのすべての機能が使えるようになるわけではありませんが、開発の幅を広げることができるため、macならではの強みになるはずです。

macのデメリット

macのメリットとして、windowsの機能を一部使えるということを解説しましたが、それでもwindowsにしか使用できないソフトは少なくありません。そこが、macならではのデメリットと言えるでしょう。
PC市場のシェアではまだまだwindowsの方が多いため、特にwindowsからmacに乗り換えた場合などは、「このソフトウェアは使えないの?」と不便に感じるケースが多くなってしまうかもしれません。加えて、iOSアプリのようなmacでしか開発できないものがあるのと同様に、windowsでしか開発できないアプリも存在します。

さらに挙げるとすれば、macのPCは比較的高額なものが多く、駆け出しのエンジニアにとってはそれがネックとなるケースもあるようです。

Windowsのメリット・デメリット

pixta_50157692_M
次に、windowsのメリット・デメリットについて見て行きましょう。

Windowsのメリット

windowsならではのメリットは、macのメリットと相対するものでもありますが、Visual Studio関係のアプリや.Netなど、windowsにしか開発できないものがあるという点です。こうしたアプリを開発したいと思っている場合、必然的にPCはwindowsを選ばなければなりません。

また先ほども解説した通り、windowsは市場シェアが高い分、専用のソフトが数多く生み出されており、それを利用することで開発を効率的に行えるのも魅力です。開発環境として考えずとも、小さい頃からwindowsのPCを使ってインターネットなどをしていたという人にとっては、キーの配置などのちょっとした点からも使いやすさを感じるはずです。

さらに、windowsのパソコンは種類が多く、安価なものもありますので、コストが掛かりにくいというのもメリットと一つと言えるでしょう。

Windowsのデメリット

macのメリットであるiOSアプリなどの開発ができるという点は、windowsでは対応不可のため、デメリットと言えるでしょう。普段iPhoneを利用しており、そこでアプリゲームなどに親しみ、その開発に携わりたいと思うのであれば、macでの開発の道に進むしかありません。

またwindowsパソコンの場合、サーバーOSであるUNIX(Linux)系サーバーOSが使用できない点もデメリットと言えます。

加えて、macのメリット部分でwindowsを動作させることができるBootCampというソフトウェアについて紹介しましたが、windowsにはこれに相当するようなソフトウェアがありません。そういう意味では、macよりもwindowsの方が開発の幅が狭まってしまう可能性があります。

自分のキャリアに合わせて、PCは選ぶべき

プログラミングに適したPCとして、macとwindowsそれぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。技術が進歩した現代において、PCそのものの性能の差は、macとwindowsで大差が出るものではありません。
しかし、それぞれ開発できるものが異なってくるため、自分が開発したいのは何なのか、将来どのようなキャリアを描いていきたいのかに合わせて、PCを選択することが大切と言えるでしょう。もしもそれらのキャリアがまだ不透明な場合は、より幅広い開発に対応できる可能性があるmacの方に分があると言えます。
逆に、ある程度キャリアを描けているのであれば、windowsを選択するデメリットもありませんので、将来を見定めながら、自分の信じた道を選んでいくことが大切ですね。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。