プログラマーはAIによって仕事を奪われる?失業しないためのポイントとは

AI技術の発達により、人々の仕事がAIに奪われるのではないかと世間では騒がれています。IT業界も例外ではなく、特にプログラマーはAIに代替される可能性の高い仕事とされています。では、AIに仕事を奪われ失業してしまわないためには、どのようなスキルを身につければいいのでしょうか。AI時代を生き抜くためのポイントを紹介します。

AIによって失業する職業第1位はプログラマー

Technology for knowledge management and education. Businessperso
様々なメディアで「AIによって仕事が奪われる」と騒がれており、AIにより失業する職業第1位にプログラマーを挙げる記事も存在します。プログラミングは構造的にAIが代替しやすく、自動的にソースコードを生成する技術が開発されるのも時間の問題でしょう。また、人件費が最もかかる部分でもあるため、コスト削減と開発効率向上のため、将来的にAIに切り替えられていく可能性は高いと言えます。
しかし、直近ですぐにプログラマーが不要になる可能性は少ないです。5年、10年かけて技術が進歩し、AIがプログラミングを行うことになることが予測されるので、それまでにAIに仕事を奪われないスキルを身につけることが重要になります。

失業するプログラマーの特徴

では、どのようなプログラマーはAIに仕事を奪われる可能性が高いのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

仕様書通りのプログラミングしかできない

与えられた仕様書通りにプログラミングを行うだけの仕事は、今後なくなっていく可能性が高いです。現在でもプログラミングを行わず、プラグインを活用してサイトやフォームを作成できるサービスが普及しています。このように、需要の高いプログラムや定型化できる作業はパッケージ化され、すでに誰でも活用できる状態になっています。AI技術が発達すると、仕様書を読み込ませると自動的にプログラミングを生成できるようになる可能性が高いので、言われたことだけをこなすプログラマーは仕事を奪われるリスクがあると言えます。

ロジックを立てられない

プログラミングは専門技術ではありますが、ルールを覚えることで誰でも一定程度こなすことのできる仕事です。一方、目的のシステムを作り上げるためにどのような構成にすべきかというロジックを立てて、仕様書や設計書を作成する作業は、エンジニアとしてのスキルを磨かなければ身につかないものです。また、ロジックはクライアントの課題や市場のニーズなどを考慮した上で立てなければならず、AIが自動的に生み出せるほど単純なものではありません。そのため、ロジックを立ててプログラミングできないプログラマーは、AI時代を生き抜くのが難しいと言えます。

どんなプログラマーが生き残るか?

pixta_71439472_M
AI時代は単純作業の仕事から奪われるとされていますが、そのような時代において生き残ることのできる人材はどのような特徴があるのでしょうか。

上流工程に関われる

AIには意思がなく、抽象的思考にも弱いという特徴があるため、意思決定や抽象的思考が伴う仕事は奪われない可能性が高いと言えます。IT業界で言えば上流工程がこれにあたり、ビジネスやシステムを生み出したり、クライアントと交渉したりできるエンジニアは生き残ることができるでしょう。特に社会に提供する価値のビジョンを描いたり、コンセプトを設定してビジネスを作り出したりする能力は、AI時代において重宝されることでしょう。

マネジメント能力がある

AIが業務で活用されるようになったとしても、仕事は複数の人々の力によって進められる形は変わらないはずです。そのため、人々を管理したりモチベーションを高めたりするマネジメント能力は、今後も必要になるスキルであると言えます。

プログラミング以外のスキルがある

語学力や営業力、芸術や他業界のビジネスに対する知見など、プログラミング以外のスキルを持った人材は今後も活躍し続けることができるでしょう。AIは一つの分野に特化した業務をこなすことを得意としているため、複数の分野を掛け合わせたビジネスには不向きだと言えます。幅広いスキル持ったエンジニアであれば、それだけ新しいビジネスを生み出せる引き出しを持っていることにもつながります。新たな時代で活躍を続けるためにも、興味のある領域はどんどん勉強してイノベーションを起こしていくことをおすすめします。

AIプログラマーの需要は増えている

AI技術の発展にはAIプログラマーの力が欠かせません。そのため、現在はAIプログラマーの需要が急増しています。AIプログラマーに必要なスキルとして代表的なのは、Pythonでのプログラミングスキルや機械学習ライブラリに対する知見と技術が挙げられます。今後AIプログラマーとしての活躍を目指す方は、scikit-learnやTensorFlowといった機械学習ライブラリの勉強を始めてみるとよいでしょう。
また、機械学習では膨大なデータを扱うことになるため、データベースやデータ処理のスキルも必要になります。機械学習基盤を扱う際にクラウド環境を活用するケースもよくあるため、クラウドやインフラに関する知識も習得しておくべきでしょう。数学や統計に関する知識も必要になるため、これらの学習も欠かせません。まずは、AIに関する書籍やインターネット情報などを調べ、知識とスキルを磨いてみるとよいでしょう。

まとめ

AI時代にはプログラマーが仕事を奪われる可能性がありますが、AI時代に生き残るためのスキルを磨くことで、エンジニアとして活躍し続けることができます。新たなスキルや技術を身につけることは、待遇や給料アップにつながる可能性もあるため、積極的にAIやマネジメントのスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。