【Mac版】初心者エンジニアにオススメのフリーエディタ13選!

プログラミングコードは「エディタ」というテキストツールで記述するケースがよくあります。パソコンにデフォルトでインストールされているエディタでも問題なく書けますが、よりプログラミングに適した環境が用意されている無料のエディタも存在します。そこで今回は、Macで使える初心者エンジニアにおすすめのフリーエディタを13個紹介します。

そもそもエディタとは?

pixta_29813544_M
エディタとは文字情報の入力、編集、保存をするためのソフトのことで、一般的なメモ書きからプログラミングまで幅広く活用されています。Macには「テキストエディット」、Windowsには「メモ帳」というエディタが最初からインストールされていますが、プログラミングに特化している訳ではないため、エンジニアの開発環境に最適であるとは言えません。
そのため、多くのエンジニアはプログラミングに適したエディタを別途インストールして活用しています。プログラミング用のエディタは視覚効果に優れており、作業効率化につながる機能も搭載されています。特定の文字列を抽出する「grep」機能や、ファイルの違いを抽出する「ファイル比較」といった機能はエンジニアがよく使うものなので、これらの機能が搭載されたフリーエディタを選ぶとよいでしょう。
なお、フリーエディタはWindows用やMac用といったように、使用できるOSが限定されているケースがあります。自宅用PCと仕事用PCのOSが異なる場合などは、互換性のあるフリーエディタの方が便利と言えるでしょう。

エディタとは文字情報の入力、編集、保存をするためのソフトのことで、一般的なメモ書きからプログラミングまで幅広く活用されています。Macには「テキストエディット」、Windowsには「メモ帳」というエディタが最初からインストールされていますが、プログラミングに特化している訳ではないため、エンジニアの開発環境に最適であるとは言えません。
そのため、多くのエンジニアはプログラミングに適したエディタを別途インストールして活用しています。プログラミング用のエディタは視覚効果に優れており、作業効率化につながる機能も搭載されています。特定の文字列を抽出する「grep」機能や、ファイルの違いを抽出する「ファイル比較」といった機能はエンジニアがよく使うものなので、これらの機能が搭載されたフリーエディタを選ぶとよいでしょう。
なお、フリーエディタはWindows用やMac用といったように、使用できるOSが限定されているケースがあります。自宅用PCと仕事用PCのOSが異なる場合などは、互換性のあるフリーエディタの方が便利と言えるでしょう。

【Mac版】おすすめのフリーエディタ13選

ここからは、Macで使えるおすすめのフリーエディタを13個ご紹介します。どれも無料でインストールできるものばかりなので、気になるものを試しに使ってみて、自分にとって使い勝手のいいエディタを厳選してみてください。

Visual Studio Code

Microsoft製のフリーエディタ「Visual Studio Code」は、WindowsはもちろんのことMacやLinuxでも使用できる汎用性の高いツールです。2015年にリリースされてから世界トップクラスのシェアを築き上げており、多くのエンジニアに愛用されています。30種類以上の言語をサポートしていて、デバッグ機能や拡張機能といったプログラミングに欠かせない機能も搭載されているため、どのような構築環境でも使い勝手がいいものとなっています。UIにも優れており、一度は使っておきたいフリーエディタと言えます。
https://code.visualstudio.com

Sublime Text

「Sublime Text」はWindowsやMac、Linuxで使用できるフリーエディタです。「恋に落ちるテキストエディタ」というキャッチフレーズがついており、grep機能やハイライト機能といったプログラミングに便利な機能が搭載されています。それだけでなく、プラグインを追加することで自分用にカスタマイズすることも可能なので、より使いやすく自分なりにグレードアップさせていくことができます。
https://www.sublimetext.com/

Atom

GitHubが提供するオープンソフト「Atom」は、使えば使うほど利便性を実感できるエディタです。UIは分かりやすく、デザイン面は背景カラーなどを自由に変更でき、起動も早いため効率的に作業を進めることができます。拡張機能や補完機能なども充実しているため、ストレスフリーに利用することができるでしょう。ただし、拡張機能などが大変充実している分、初心者よりもある程度経験を積んだエンジニアの方が使いやすいと感じるかもしれません。
https://atom.io/

mipixta_58137627_M

多くの人に長年愛されているmiは、Mac用フリーエディタの代名詞的存在です。Windows版もありますがMac版の方が普及しているようで、Macユーザーのエンジニアならまずはmiを試してみるべきと言っても過言ではありません。機能は非常にシンプルなため、初心者でも使いこなしやすいというメリットがあります。
http://www.mimikaki.net/

Brackets

Adobe製のオープンソーステキストエディタ「Brackets」は、Webデザイナーやフロント側のエンジニアにおすすめのツールです。Adobe製のためデザイン系のプログラミングがしやすいように配慮されており、例えばパレットから希望の色を選択するとその色のカラーコードが表示されるといった機能が搭載されています。
http://brackets.io/

Aptana Studio

Javaなどの言語と相性がいい「Aptana Studio」は、プログラミングに慣れてきたエンジニアにおすすめのフリーエディタです。IDEという開発統合環境として有名なエディタで、しっかりと開発を行いたい場合は活用してみるとよいでしょう。
http://www.aptana.com/products/studio3

iText Express

Macにデフォルトでインストールされている「テキストエディット」の強化版である「iText Express」。まずはシンプルなエディットでプログラミングを書いてみたいという方におすすめです。HTMLファイルの読み込みやページレイアウト機能の他にも、縦書き表示や原稿用紙風ガイドラインの表示など、プログラミング以外の場面でも活躍する機能が盛りだくさんです。
https://itunes.apple.com/jp/app/itext-express/id416550249?mt=121

Emacs

Linuxユーザーが古くから愛用している「Emacs」は、MacやWindowsにも対応しているオープンソースエディタです。UIは極めてシンプルで、画面を分割できるなどプログラミングに必要な機能が一通りそろっており使い勝手がよいものです。
http://www.gnu.org/software/emacs/

CotEditor

Mac用フリーエディタ「CotEditor」は、メモ帳のようにシンプルな機能が魅力のツールです。読み込みや動作が非常に軽く、使い方も明快なので、初心者でも気軽に活用することができるでしょう。また、ハイライトなどプログラミングに必要な機能も一通り搭載されています。
https://coteditor.com/

Liveweave

フロントエンドエンジニアやWebデザイナーにおすすめのフリーエディタが「Liveweave」です。HTMLやCSS、JavaScriptなどを記述すると、そのコードに沿ったフロント画面が表示されるため、編集しやすいのがメリットです。
http://liveweave.com/

Vim

コマンド操作で記述する「Vim」は少々玄人向けのフリーエディタですが、慣れると非常に作業効率を向上させることができるツールです。マルチウインドウが使えるため、何かと便利に使えます。
http://www.vim.org/

Mou

コードの入力画面とフロント画面が左右に表示される「Mou」は、マークダウンに便利なツールです。ショートカットキーも多数搭載されているため、活用することでプログラミングの効率をアップさせることができます。
http://25.io/mou

MacDown

Mac向けのマークダウン用フリーエディタ「MacDown」は、バージョン管理ができるため編集しやすいというメリットがあります。数式の埋め込みやテーブルの表示なども可能となっています。
http://macdown.uranusjr.com/

まとめ

Mac用のフリーエディタには様々な種類のものがあります。シンプルなエディタからカスタマイズに対応しているエディタまで多岐に渡るため、自分のスキルレベルや好みに合わせて活用してみてください。フリーエディタは無料で利用することができるため、まずは試しにインストールして、比較した上で使いやすいお気に入りのツールを見つけ出すとよいでしょう。