プログラミングに重要なフローチャートとは!作成ツールもご紹介

システムの仕組みは非常に複雑なもので、それを設計し構築していくエンジニアの仕事もまた同様に複雑で入り組んだものになるケースが少なくありません。それでいて、エンジニアはチームで作業をすることが多く、複雑で入り組んだそれらの仕組みを、メンバー全員がしっかりと共有しておかなければならず、これがエンジニアの仕事の難しさに繋がっていると言っても過言ではないでしょう。しかし、そうした複雑な仕組みをわかりやすくし、かつメンバーにもしっかりと共有できるようになるのが「フローチャート」です。今回は、フローチャートの概要から、そのメリット、おすすめのフローチャート作成ツールまで、詳しく解説していきます。

プログラミングで必要なフローチャートとは?

pixta_22461615_M
フローチャートとは、システムが行うべきプロセスの流れを記した図のことです。例えばの話ですが、私たちが食事をする時には「箸を持つ→箸でご飯を掴む→掴んだご飯を口に運ぶ→食べる」という複雑なプロセスが踏まれており、このどれかひとつでも欠けてしまえば、食事をすることはできません。これをシステムに置き換え、希望の処理を実現してもらうために必須のプロセスをわかりやすく図にまとめたものがフローチャートであり、プログラミングに無くてはならない資料と言っても過言ではありません。

フローチャートを作成するメリット

フローチャートを作成するメリットは多く、代表的なものでは以下のようなものが挙げられます。

無駄のないプログラムができる

フローチャートによって必要なプロセスが明らかになれば、無駄な処理やステップを踏まない、綺麗なプログラムを作ることができます。逆にフローチャートを作成しなければ、一回で済む処理を何度も行ってしまったり、ゴールまで寄り道を繰り返しながら到達してしまったりするようなプログラムになってしまうかもしれません。

プログラミングの速度と精度が向上する

プログラムすべき事柄が明確になれば、それに合わせてプログラミングそのものの速度や精度も向上します。フローチャートは、いわば旅行のしおりのようなもの。ノープランの旅は無駄が多く時間が掛かるものですが、綿密に練られたしおりがあれば、効率的に動くことができるようになるでしょう。

設定漏れなのでミスがなくなる

プログラミングをして行く中では、本来必要であった機能や処理の設定が漏れてしまうことも少なくありません。しかしフローチャートをしっかりと作っていれば、そうした漏れも防ぐことができるようになり、前述した綺麗で無駄のないプログラムを、早く正確に作ることができるようになるのです.

フローチャートの作り方・注意点

フローチャートを作る際は、まずはシステム化したい作業を「人間がどのようなプロセスを踏んで行動しているか」を考えましょう。その上で、それコンピューターに再現させるためにはどうすれば良いかを考えていきます。例えば「1+1は?」という問いに対して、人間であれば直感的に「2」と答えることができるかもしれませんが、コンピューターの場合には電卓のようにしっかりと「1」と「+」と「1」という手順を踏む必要があるため、人間が無意識的に行っている作業をしっかりと細分化していかなければなりません。それと同時に、フローチャートだけに頼ろうとしないことも大切です。フローチャートはあくまでも最初の設計図であり、作業を進める中でもっと効率的な方法が見つかることもあるでしょう。そうした際にフローチャートに固執するのではなく、柔軟に対応を変えていくフレキシブルさも持っておくようにしましょう。

フローチャートが作成できるツール紹介

pixta_39829974_M
フローチャートは手書きでも作成できますが、ツールを活用するとより分かりやすく、効率的に作り上げることができます。ここからは、無料で利用できるフローチャート作成ツールをご紹介します。

draw.io

会員登録不要かつ無料で使える「draw.io」は、操作性に優れており機能も充実しているためおすすめです。フローチャートに用いる四角や丸といった図形はもちろんのこと、ビジネス資料で活用できる様々な図形がテンプレートで用意されています。
メニューに一覧で表示されている図形のパーツをドラッグすれば、簡単にフローチャートを作成することができ、図形から自動で矢印を伸ばすこともできるため、直観的にサクサクと作成することが可能になります。
データはローカル環境やGoogleドライブ、OneDrive、Dropboxへ保存できるので、プロジェクトメンバーへの共有にも便利です。
https://www.draw.io/

CaCoo

数人で同時に編集作業ができる「CaCoo」は、システム開発のプロジェクトで役立つことでしょう。会員登録は必要になりますが、SNSでのログインが可能で、基本機能は無料で利用することができるため便利です。
特筆すべきはチャット機能を有しているという点でしょう。プロジェクトメンバーとフローチャートを作成する際に、CaCoo上のチャット機能でコミュニケーションをとれば、作業効率も向上するはずです。
フローチャート以外にも、ワイヤーフレームやマインドマップ、プレゼン資料などに活用できるテンプレートが豊富に用意されているため、IT・Web業界で活躍する人にとっては何かと使い勝手のいいツールです。
https://cacoo.com/

Googleスライド

Googleドライブで利用できる無料プレゼンツール「Googleスライド」は、フローチャート作成にも活用できます。ドライブ上で編集できるため、プロジェクトメンバーとの共同作業も可能になりますが、テンプレート自体はパワーポイントのようにシンプルなもののみが用意されています。
データはパワーポイントやPDFなど別のファイル形式でエクスポートすることができるため、関係者への共有も柔軟に対応することができます
https://docs.google.com/presentation/

まとめ

フローチャートはプログラム全体の概要を把握したり、プログラミング構築したりする上で欠かせない手段の一つです。フローチャートの内容を整理できていなければ、プログラムに何らかの不備が発生してしまう可能性があるため、念入りに作成する必要があります。フローチャートは手書きでも問題はありませんが、プロジェクトメンバーにデータで共有しやすいよう、無料の作成ツールを活用することをおすすめします。最初の内は慣れないため作成が難しいかもしれませんが、数をこなすことでスムーズにフローチャートを作成できるようになりましょう。