文系でもシステムエンジニアになれる?強みをアンケート!

システムエンジニアは情報系学部出身の理系が目指す職業というイメージが根強くあります。一方、IT業界の急成長にともない、文系エンジニアや文系システムエンジニアを募集している求人をよく目にするようになりました。しかし、文系なのにシステムエンジニアになれるのだろうかと不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。ここでは、文系でもシステムエンジニアになれるのか、文系ならではの強みはあるのかといったポイントを、アンケート結果を交えて紹介いたします。

文系はシステムエンジニアになれる?

pixta_65217142_M
システムエンジニアは大半が理系のイメージがありますが、文系出身者はどの程度いるのでしょうか?現役システムエンジニア300人にアンケート調査を行いました。

    Q.あなたは文系ですか?理系ですか?

    • 文系…………………………36.6%(110人)
    • 理系…………………………57.0%(171人)
    • その他………………………6.3%(19人)

過半数が理系出身者ではありますが、約4割のシステムエンジニアが文系出身という結果になりました。情報系学部など理系の方がシステムエンジニアを目指しやすい環境にあるかもしれませんが、それでも多くの文系出身者がIT業界で活躍していることが分かります。

文系システムエンジニアの強み

パソコンで作業をする女性
しかし、文系出身であるということが仕事や出世に影響してしまっては困ります。実際のところ、文系出身ということはシステムエンジニアとして何か影響はあるのでしょうか?また、文系ならではの強みを発揮できる場面はあるのでしょうか?

    Q.文系エンジニアの人に聞きます。文系だったことはエンジニアとして働くことに影響はありますか?

    • 理系でないことで、就職の選考に不利と感じる………………………………14.7%(21人)
    • 理系でないことで、職務内容が狭まっていると感じる・理解が難しい……14.0%(20人)
    • 文系で、文章能力があってよかったと感じる…………………………………18.3%(26人)
    • 文系で、コミュニケーションがとりやすいと感じる…………………………13.3%(19人)
    • 特に影響を感じない………………………………………………………………38.7%(55人)
    • その他………………………………………………………………………………0.7%(1人)

文系であることが不利に感じる場面もある一方、多くの文系出身システムエンジニアが文系であることに影響を感じていない、もしくは強みを発揮できていると回答しています。
とくに「文章能力」や「コミュニケーション力」はシステムエンジニアの業務でも非常に重要になるもので、これらの点を強みとして活躍している文系出身者が大勢いることが分かります。
システムエンジニアを目指している方は、文系であるということに負い目を感じず、自分の強みをしっかりと企業にアピールするとよいでしょう。

文系システムエンジニアが気をつけるべきポイント

文系出身者がシステムエンジニアとして活躍するためには、いくつかのポイントに注意しなければなりません。その内容を具体的に見ていきましょう。

理系エンジニアに後れをとらないよう勉強する

情報系学部出身者など、学生時代からプログラミングやシステム開発に触れている理系エンジニアに比べると、文系出身者は知識やスキルの面で後れをとってしまっているケースがあります。また、IT業界は専門用語や複雑なプログラミング言語を駆使して業務を行うため、それらの用語についていけないと感じてしまいがちのようです。
しかし、諦める必要はありません。未経験者を歓迎している企業であれば、充実した研修でしっかりと専門用語を学ぶことができますし、独学で知識やスキルを身につけることも可能です。上司にやる気を見せて、面白い仕事にアサインしてもらうためにも、理系エンジニアに食らいつけるよう勉強していきましょう。

論理的思考を強化する

プログラミングは論理的思考が何よりも重要になります。文系の学問でも論理的思考は求められますが、あまり意識してこなかったという人も多くいるかと思いますので、論理的思考をしっかりと身につけられるよう訓練しましょう。

複数のプログラミング言語スキルを身に着ける

プログラミング言語は開発するシステムやクライアントによって使い分けられます。使える言語が多ければ多いほど、需要の高いシステムエンジニアになることができるため、複数のプログラミング言語の学習を怠らないようにしましょう。

営業力を身につける

システムエンジニアはクライアントとコミュニケーションをとる営業としての側面もある仕事です。文系出身者はコミュニケーション能力を強みとする人が多いため、営業力を伸ばすことで他者と差別化することも可能です。専門的な内容をクライアントに分かりやすく説明し、信頼関係を築くためのスキルを身につけましょう。

まとめ

理系のイメージが強いシステムエンジニアですが、多くの文系出身者が活躍していることが分かりました。システムエンジニアやプログラマーの仕事は、しっかり勉強すれば文系でも十分こなせるものなので、希望する進路や将来の夢に応じて学習を重ねていきましょう。