ここを押さえている人は強い!エンジニアが求める、WEBディレクタースキル

システムやWebサイトのプロジェクトを管理するWebディレクター。エンジニアやデザイナー、クライアントなど関係者と調整を行い指示を出すなど、高いコミュニケーションスキルが求められる職業です。特に大規模なシステム開発ではエンジニアとやりとりする機会が多く、エンジニアがWebディレクターに求めるスキルを高めることでプロジェクトをスムーズに進行させることができます。今回は、現役エンジニア300人に聞いたアンケートを元に、Webディレクターに必要なスキルをご紹介します。

Webディレクターってどんな仕事?

pixta_66287842_M

Webディレクターとは、システムやWebサイトの開発プロジェクトを監督・指揮・管理する仕事です。クライアントの要望をヒアリングし、予算や納期を調整した上で、エンジニアやWebデザイナーをまとめてプロジェクトを進めていきます。納期内に質の高い成果物を完成させるためにもスケジュールを管理したり、クライアントとプロジェクトメンバーの意見を橋渡ししたりと、コミュニケーションスキルを駆使してプロジェクトをまとめていきます。
その他にも、システムやWebサイトの構成案となるワイヤーフレームや企画書を作成したり、要件定義や取材撮影を行ったり、アクセス解析を行ったりする場合もあります。WebディレクターはWeb開発の全体をとりまとめる重要な役割を果たすのです。

エンジニアが求めるWebディレクターのスキル

pixta_55465583_M
そこで今回は、現役エンジニア300人にWebディレクターに求めるスキルのアンケート調査を行いました。コミュニケーションスキルや進捗・予算管理といった基礎スキル以外に、どのようなスキルを求めているのでしょうか。

Q.一緒に仕事するWebディレクターについて「不足しがちだ」と思うスキルや知識を教えてください。(複数回答可)

・英語力・英会話スキル…………………………11.0%(61人)
・企画力……………………………………………11.0%(61人)
・統計学の知識・分析スキル……………………10.1%(56人)
・Webマーケティングの知識・運用スキル……8.3%(46人)
・プレゼンテーションスキル……………………7.9%(44人)
・アクセス解析の知識……………………………7.7%(43人)
・情報収集・活用スキル…………………………6.5%(36人)
・ドキュメント作成スキル………………………4.7%(26人)
・経営関連の知識…………………………………4.5%(25人)
・Webデザインの知識・スキル…………………4.3%(24人)
・その他……………………………………………4.1%(23人)
・デバイスの知識…………………………………4.0%(22人)
・権利関連の知識…………………………………3.6%(20人)
・バックエンド言語の知識………………………3.6%(20人)
・一般的な広告・PRの知識……………………3.2%(18人)
・フロントエンド言語の知識……………………2.7%(15人)
・インターネットビジネスの知識………………2.5%(14人)
・編集・ライティングスキル……………………0.4%(2人)

英語力・英会話スキル

リエンジニアがWebディレクターに求めるスキルの1位は「英語力・英会話スキル」という結果になりました。Web業界の最新情報は英語で発信される機会が多く、ディレクションやマーケティング、開発の知識を高めるためには英語力が欠かせないと言えるかもしれません。
また、近年はプログラミングなどの開発を海外の会社と協力するケースも増えています。その際、英語でのコミュニケーションが取れないと指示を出すことができないため、英語力を高めておいた方がよいでしょう。

企画力

続いて、同率1位となったのが「企画力」です。クライアントや消費者のニーズを正確にくみとり、システムやWebサイトの企画として落とし込み、十分なリソースを確保する能力はWebディレクターの必須スキルでしょう。
「売上を増やす」「問い合わせ件数を増やす」「ブランド認知度を向上させる」など、求められるニーズに応じて適切な企画を立てられるよう試行錯誤を繰り返すことが大切です。

統計学の知識・分析スキル

WebディレクターはシステムやWebサイトを作って終わりではなく、その後の効果検証まで責任を負うケースが大半です。アクセス解析ツールなどを用いて効果検証し、CV数を増やすための改善施策をとってPDCAを回すためには、基本的な統計学の知識や分析スキルが必要になります。
相関分析や回帰分析は高度にデータを読み解くために必須の知識とも言えるので、勉強することをおすすめします。プログラミングの知識があるWebディレクターは、データ分析用のプログラミング言語「R言語」を学ぶと、よりレベルの高い分析が可能となります。

Webマーケティングの知識・運用スキル

システムやWebサイトの集客力を高めるためには、Webマーケティングの知識や運用スキルを駆使する必要があります。ターゲットユーザーの心に刺さるコンセプト作りや集客のためのWeb広告・SNS運用など、Webマーケティングでは幅広い知識が求められます。
とくにWeb広告は費用対効果を厳密に検証し、効果改善していくことが重要になるため、根気強くスキルを高めて実践していく必要があります。Webマーケティングのトレンドは日々変化しているため、アンテナを高くして情報収集を怠らないようにしましょう。

まとめ

エンジニアが求めるスキルという観点から、Webディレクターに必要なスキルを解説してきました。Webディレクターの役割は幅広く、多種多様なスキルが求められます。最初から全てを完璧にこなそうとするのではなく、まずは興味を持って情報収集し、自分に足りていない必要なスキルを高めていくと効率的です。エンジニアと連携してプロジェクトをスムーズに進行するためにも、様々な情報に触れてスキルアップしていきましょう。s