フロントエンドエンジニアって何?エンジニアとしてどんな仕事をする?

担当する工程や扱う言語、得意とする分野などによって、さまざまな呼び名があるエンジニアの仕事。その中の一つに、「フロントエンドエンジニア」という職種があります。今回は、フロントエンジニアについて、その概要から仕事の中身、目指す際に必要な能力などについて、詳しく解説していきます。

フロントエンドエンジニアとは?

pixta_62856122_M (1)
フロントエンドエンジニアとは、一言でいうと「フロントエンドを担当するエンジニア」です。このフロントエンドとは、ユーザーが触れる部分のことを指し、例えばサイト上で文字を入力したり、ボタンをクリックしたりする部分などがフロントエンドと呼ばれています。

その逆に、ユーザーから見えない部分のことをバックエンドと言い、そこを担当するエンジニアはバックエンドエンジニアと呼ばれます。

Webサイトなどはこのフロントエンドとバックエンドそれぞれが互いに作用しあうことで、はじめてその機能を発揮するため、フロントエンドエンジニアはシステム開発に無くてはならない存在と言えるのです。

知っておきたい仕事内容

フロントエンドエンジニアの主な仕事は、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラム言語を用い、 Webデザイナーなどのデザインを実際に機能するシステムとして構築、設計、実装することです。言うなれば、一枚の絵や写真を、プログラミングの力で触って動かせる絵にする仕事、と考えればわかりやすいのはないでしょうか。

HTMLの設計を主に行う職種に、マークアップエンジニアというものもありますが、フロントエンジニアの場合はそれ以外の言語も扱いながら、コーディング作業までも担当するところに違いがあります。

会社やプロジェクトによってフロントエンドエンジニアに与えられる業務内容が微妙に異なるケースも多くありますが、少なくともユーザーが直接触れる部分を担当するからこそ、単純な技術力だけでなく、デザインやユーザビリティといったセンスが求められるシーンが多い職種です。

求められるスキル

フロントエンドエンジニアに求められるスキルは、HTMLやCSS、JavaScript、CMSといったユーザー側の画面設計に必要なプログラミング言語の知識です。フロントエンドエンジニアの開発するシステムは、ユーザーが日々接する重要な画面に直結するため、美しさはもちろんのことユーザーインターフェースにも配慮した使いやすさも追求する必要があります。
中でもJavaScriptはサイトに動きをつけることができ、Webデザイナーの表現の幅を広げるだけでなく、ユーザビリティ向上という面でも有益になる言語です。モバイル最適化のために用いられるレスポンシブデザインなどにも活用されるので、使いこなせるようスキルアップしましょう。
近年はスマートフォンサイトの浸透に伴い、モバイル端末からアクセスするユーザーが急増しています。そのため、モバイルでも操作しやすいユーザーインターフェースを心がけなければなりません。その際、デザイン面だけでなくWebコンテンツの表示速度を速めるためのAMPの知識も身につけましょう。
また、正確かつ安定した技術力とサイトの目的を達成するための幅広い知識も求められます。コーポレートサイトであればブランディングやIR、ECサイトであればデータベースや顧客管理といったように、サイトの目的に応じた専門知識を習得することをおすすめします。そうすることで、より成果にコミットするサイトやシステムの構築が可能になります。

フロントエンドエンジニアになるには

pixta_62543209_M
フロントエンドエンジニアの職場として代表的なのは、SIerやWeb制作会社、自社サイト・アプリ運営会社などがあげられます。そのため、フロントエンドエンジニアになるためにはこれらの企業の求人に応募することから始めましょう。
経験が浅い人や未経験の人は、スキルや実現できることを具体的に伝えることで、ミスマッチを防ぐことができます。応募できる求人の幅を広げるためにも、プログラミングスクールや専門学校、スキルアップ講座などを活用し、現場で活かせるスキルを鍛錬することもおすすめします。
経験のある人は、ポートフォリオを作成してアピールするとよいでしょう。GitHubでソースコードを公開すれば、スキルを具体的にアピールできるので、転職に有利に働く可能性があります。

まとめ

フロントエンドエンジニアはユーザーが使用する画面を構築するエンジニアです。ユーザーインターフェースやモバイル最適化、サイトやシステムが関わる業界の専門知識など、フロントエンドエンジニアとしておさえておくべき知識は多岐に渡ります。日頃からアンテナを高くはり、トレンドやニーズ、先端技術に関する情報を収集してスキルアップに励みましょう。