エンジニアはWindows派?Mac派?

パソコンのOSの二大巨頭であるWindowsとMac。それぞれに特徴や強み、メリットがあり、好みでOSを選んでいるエンジニアも多いのではないでしょうか。そこで今回は、Windows派とMac派どちらのエンジニアが多いのか、300人にアンケート調査をとりました。それぞれのOSの特徴やメリットと合わせて紹介します。

Windowsの特徴・メリット

pixta_58137627_M

Windowsとは、Microsoftが開発するOSのことです。日本国内のパソコンシェアの約85%を占めているとされており、幅広い層に利用されているOSです。クライアント企業もWindowsを使用している可能性が高いため、ファイルやフォントなどの互換性に優れていると言えます。
Windowsのパソコン本体は様々なメーカーが開発しており、デザインや価格、機能などの選択肢が多いのが特徴です。また、フリーソフトもWindows向けのものが多数提供されており、自分好みにカスタマイズしやすいのも魅力です。アプリケーションもWindows向けのものが豊富に用意されています。Macでしか動かないアプリケーションは少数派なので、ほとんどのソフトを利用できると考えてよいでしょう。
一方で、MacにはWindowsをインストールできますが、その逆はできません。Mac環境が必要な場合は、Mac本体を購入することになります。また、ウイルスもWindowsを標的にしたものが多いため、セキュリティ対策をしっかりとらなければ危険にさらされるリスクがあります。

Macの特徴・メリット

Macとは、Appleが開発するOSのことです。Windowsに比べると国内シェアは低いですが、優れたカラーマネジメントシステムが搭載されているため、Webデザイナーやコーダーをはじめとするデザイン系職種でよく利用されています。
MacはAppleのみが本体を開発しているため、Windowsのように価格の安い製品を選ぶといったことはできません。しかし、品質が一定水準以上に保たれており、デザイン性にも優れているため、満足感が得られるでしょう。
MacにはWindowsのOSをインストールできるため、Macのパソコン一台でWindowsを兼ねることができます。「Swift」と「Object-C」というAppleが開発したプログラミング言語は、Windowsでは使用できないため、これらの言語を使う場合はMacを選択すべきと言えます。また、iOS開発もMacの方が適しています。
一方、高いシェアを占めるWindowsのパソコンにMacで作成したファイルを送信すると、文字化けが起きやすいという難点があります。場合によっては再送付を求められるなど、手間がかかるシーンがあるかもしれません。また、Macでは使用できないアプリケーションやフリーソフトもあるため、不便を感じる可能性があります。

エンジニアはWindowsとMacどちらを使用している?

男性 テレワーク

それでは、現役エンジニアはWindowsとMacどちらを使用しているのでしょうか。300人にアンケート調査を行いました。

・Windows……………………90.3%
・Mac…………………………3.3%
・両方とも使用している……5.0%
・どちらも使用していない…1.3%
・その他………………………0.0%

なんと、9割以上のエンジニアがWindowsを使用しているという結果になりました。また、どちらも使用しているという回答が5.0%となっており、開発案件によって使い分けているエンジニアも存在していることが分かります。

エンジニアがWindowsを使用する理由

Windowsを使用していると回答したエンジニアの意見をいくつかご紹介します。

「シェアが高く、会社でも推奨されているから」
「昔からずっと使っていて操作に慣れているため」
「操作性が良く、アプリケーションとの互換性が高いから」
「顧客に納品するシステムの開発プラットフォームがWindows対応だから」
「会社の支給PCがWindowsのため」
「Windowsは自作しやすいから」

以上のように、シェアが高く使い慣れており、会社で推奨されているからといった意見が多数を占めていました。中にはAppleが嫌いという理由から、Windowsを選んでいる人もいました。いずれにせよ、Windowsは業務上の使い勝手がいいから使用されていると言えそうです。

エンジニアがMacを使用する理由

一方、Macを使用しているエンジニアの理由はどのような内容なのでしょうか。

「Macが好きだから」
「使い慣れているから」
「会社から支給されたため」
「iOSアプリを開発しているから」

Macを使用している理由は好みによるところや、開発環境としてMac OSが必要だからといった理由が多く見られました。iOSアプリの開発に多く携わるエンジニアやデザイン系のエンジニアから高い支持を得られていそうです。

まとめ

今回のアンケート調査では、エンジニアは圧倒的にWindows派が多いことが分かりました。会社の方針などもありますが、携わる業務によってどちらのOSかを選ぶと仕事が効率的になると言えます。自分のやりたいことややるべきことに合わせてOSを選ぶようにしましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。