エンジニアに向いている人向いていない人って?

エンジニアを目指す人にとって、どうしても気になってしまうのが、そもそも自分自身はエンジニアに向いている人材なのかどうか。せっかく勇気を持って挑戦したエンジニアの道が、実は自分に向いてないと後からわかったら、後悔するだけでは済ませられません。そこで今回は、エンジニアに向いている人と向いていない人の特徴について、詳しく解説していきます。

仕事の向き不向きについて

データ

どんな人でも、仕事に対する向き不向きというのは必ず存在します。そしてそれは、興味のある仕事や好きな仕事とは全くの別軸。長年やってみたいと思っていた仕事が、必ずしも自分に向いている仕事であるとは限りません。

自分に不向きな仕事を続けることは、想像以上に辛いものです。なかなか思い通りの成果や結果を出すことができないばかりか、日々のちょっとした作業にもストレスを感じてしまうようになるかもしれません。そうなってしまっては、いくら給料が良くても、いくら人間関係が良くても、楽しく働くことはできないでしょう。

仕事の向き不向きは、ある意味で自分のキャリアを幸せなものにできるかどうかの最重要基準と言っても過言ではありません。

エンジニアの向き不向きはあるのか

pixta_55069173_M
まずは、エンジニアに向いている人から見て行きます。

面倒臭がり

エンジニアの仕事は、突き詰めて考えると、「面倒なものを簡単にできるようにする」ことです。だからこそ大切なのが、面倒臭がりで、あらゆることを面倒に思い、どうすればそれが面倒でなくなるかを考えられる力です。面倒な部分を見つけることが、エンジニアの仕事のファーストステップなのです。

コミュニケーション力がある人

エンジニアの仕事はパソコンに向かって作業することが本質ではありません。クライアントに対してや、一緒に働くメンバーに対して、積極的にコミュニケーションを取っていかなければならないシーンは数多く、営業職と同じぐらいのコミュニケーション力を持っていても良いと言えるレベルです。

ITが好き

ITが好きである、ということも重要な要素になります。常に新しい技術が生み出され、求められる要求も高くなってくるITの世界において、ITが好きではない、ITの興味がない、という状態では、最初は良くてもいつかは付いていけなくなってしまうでしょう。いつ何時でもITのことを考えているような人は、それだけでエンジニアに向いていると言えます。

エンジニアに向いていない人

pixta_58304463_M
それでは逆に、エンジニアに向いていない人はどういった人なのでしょうか。

好奇心がない

向いている人の条件である「ITが好き」に繋がる部分ですが、進化の早いIT業界において、好奇心を持って新しいものに飛びついていく行動力がないと、すぐにスキルが追い付かなくなってしまいます。逆に言えば、そうした物怖じせずに挑戦する姿勢があれば、学生時代の経験などは何ら差になることはなく、文系でも大いに活躍することができます。

大雑把な性格

システムは、たった一つコードを間違えただけで、正しく機能しなくなります。そういう意味では、大雑把な性格の人は、思わぬ苦労をしてしまう可能性があります。細部にまで気を抜かず、しっかりと対応することができる几帳面な人が、エンジニアに向いていると言えるでしょう。

感覚的思考の人

対人間の場合は、感覚的思考が活かされるケースはありますが、コンピューターを相手にした場合は論理的思考がないと話が前に進みません。感覚的思考の方が得意だという人は、実作業において苦戦する可能性があります。

まとめ

エンジニアに向いていると向いていない人の特徴について解説してきました。高い技術が求められる仕事であり、また常に進化を続ける業界だからこそ、性格的にも行動的にもアクティブで、チャレンジングな人が向いている仕事と言えます。またよく心配されがちな、文系や理系の差や、基礎知識の差などは、あまり重要ではない要素だということがわかったのではないでしょうか。この記事を参考に、一度自分がエンジニアに向いているかいないか、じっくり考えてみてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。