エンジニア人気のIT系の資格!おすすめはこれ!

エンジニアになるために必ず取得しなければならない資格はありません。実際、資格を持っていないものの高い技術力で活躍しているエンジニアも存在します。しかし、転職や社内の評定の際には、資格を持っていると客観的にスキルを証明できるため、有利に働きやすいというのも事実です。そこで今回は、現役エンジニア300人にIT系資格に関するアンケート調査を行いました。取得している資格や取りたい資格など、人気のある資格についてアンケートを元にご紹介します。

IT系資格を取得する意味

pixta_48023214_M
エンジニアになるために資格を取得しなければならないという訳ではありませんが、資格取得には様々なメリットがあります。まず、資格取得に向けて勉強することで、知識やスキルが身につくということ。日頃の業務でスキルを磨くことはできますが、資格の勉強を行うと体系的に学ぶことができるため、知識を整理したり知らなかった技術を理解したりすることができます。
また、対外的にスキルを証明するのにも役立ちます。転職や社内評価などでは、資格を取得していると技術レベルを証明できるため、有利に働く可能性があります。そして、資格手当や合格報奨金といった制度を導入している企業も存在します。資格を取得していると毎月の給料に上乗せされたり、合格した時に報奨金をもらえたりするため、収入アップのためにも役立ちます。

代表的なIT系資格

IT系の資格にはどのような種類のものがあるのでしょうか。代表的な資格を紹介します。

ITパスポート

社会人として基本的なIT知識を証明できる国家資格です。エンジニアだけでなくITに関わる全ての社会人におすすめの資格で、ITを正しく理解して効果的にITを活用する知識やスキルを身につけることができます。この資格を取得すれば、最低限のIT知識を有していることを証明できます。

基本情報技術者試験

最もベーシックな情報処理資格が基本情報技術者試験です。エンジニアに人気の国家資格で、プログラムの設計書作成、開発、テストまで一連のプロセスに関する知識とスキルを有していることを証明できます。エンジニアとしての基礎を固めたいという方におすすめの資格です。

応用情報技術者試験

ワンランク上の高度なIT人材としての知識やスキルを証明できる国家資格が応用情報技術者試験です。ITの応用的知識や技術を持ち、情報技術を活用して戦略立案や経営戦略、情報戦略を策定できるスキルが身につきます。試験の難易度も高く、エンジニアとしてステップアップを目指す方におすすめの資格です。

現役エンジニアは何の資格を持っている?

pixta_55148329_M
現役エンジニア300人にアンケート調査を行ったところ、IT系資格を取得している人は65.7%(197人)、所有していない人は34.8%(103人)という結果になりました。過半数がIT系資格を取得しており、そのニーズの高さが伺えます。
IT系資格を取得しているエンジニアの内、取得している資格の種類の上位は以下の通りでした。

  • ・基本情報技術者…………………………………………63.5%
  • ・ITパスポート……………………………………………32.5%
  • ・応用情報技術者…………………………………………26.4%
  • ・MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル) ……12.2%
  • ・情報セキュリティマネジメント…………………………11.7%

6割以上が基本情報技術者試験を取得しているという結果になりました。エンジニアとしての基礎を抑えられる国家資格の人気の高さが分かります。なお、MCPとはマイクロソフト製品に対する知識と技能を証明できる資格で、情報セキュリティマネジメント試験はサイバー攻撃などから守る情報セキュリティに関する知識が問われる資格です。

取っておいてよかった資格は?

IT系資格を取得しているエンジニアに、取っておいてよかった資格についてアンケートをとりました。

  • ・基本情報技術者……29.9%
  • ・ITパスポート………13.2%
  • ・応用情報技術者……12.7%

やはり基本情報技術者試験の人気が高いです。エンジニアを目指す方や、現役エンジニアで何か資格を取得したいという方は、基本情報技術者試験の取得を目指してみるといかもしれません。

取得したい資格は?

300人のエンジニアに、IT系資格取得の予定をアンケートしました。

  • ・受験するつもりはない………………………………………50.0%
  • ・受験する予定である…………………………………………15.7%
  • ・受験する予定はないがしたいと考えている………………19.3%
  • ・受験する予定はないが検討している………………………15.0%

また、受験を検討している資格についてのアンケート調査の上位は以下の通りです。

  • 応用情報技術者…………………………12.7%
  • 基本情報技術者…………………………12.0%
  • プロジェクトマネージャー……………9.3%
  • データベーススペシャリスト…………9.0%
  • ネットワークスペシャリスト…………8.3%

スキルアップやキャリアアップのために、レベルの高い資格に挑戦したいというエンジニアが多い結果となりました。特にプロジェクトマネージャー試験やデータベーススペシャリスト、ネットワークスペシャリストといった資格は専門性と難易度の高い資格です。これらを取得することで、その分野における専門知識を有していることを証明できるため、社内外にスキルをアピールすることが可能になるでしょう。

まとめ

エンジニアの資格に関するアンケート結果をご紹介しました。資格を取得しなくても業務を行うことはできますが、キャリアをステップアップさせるためにも資格を取得することをおすすめします。資格の勉強を通して業務だけでは身につかない知識やスキルを得ることができるはずです。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。