バックエンドエンジニアって何?エンジニアとしてどんな開発をする?

担当する工程や扱う言語、得意とする分野などによって、さまざまな呼び名があるエンジニアの仕事。その中の一つに、「バックエンドエンジニア」という職種があります。今回は、バックエンドエンジニアについて、その概要から仕事の中身、目指す際に必要な能力などについて、詳しく解説していきます。

バックエンドエンジニアとは?

グラフィックデザイン
バックエンドエンジニアとは、その名の通り「バックエンドを担当するエンジニア」のこと。Webサイトやシステムは、ユーザーから見える部分である「フロントエンド」とユーザーから見えない「バックエンド」の2種類に分かれるのですが、そのバックエンド側の開発を担当するのが、バックエンドエンジニアなのです。

一口にバックエンドと言ってもその範囲は広く、サーバの構築やデータベースの構築、セキュリティ対応やエラー対応など、バックエンドエンジニアが担う役割は多くあります。

いくらユーザーから見えるフロントエンドを綺麗に作っても、肝心要のバックエンドの出来が悪ければ、サイトやシステムはうまく作動せず、ユーザーを満足させることはできません。それゆえに、バックエンドエンジニアは開発における縁の下の力持ちとして、無くてはならない仕事と言えるのです。

知っておきたい仕事内容

バックエンドエンジニアの主な仕事は、JavaやC・C++・PHP・Python・Perlなどのプログラミング言語を用い、サーバやデータベースを構築することです。サーバ側の設計・開発をメインに行うことから、「サーバサイドエンジニア」と呼ばれることもあります。

例えばECサイトを使う際、私たちは商品をクリックして買い物かごに入れるという当たり前の動作を行いますが、商品をクリックできるようにするのがフロントエンジニアの仕事で、正しく買い物かごに納められるように裏側の仕組みを整えておくのがバックエンドエンジニアの仕事とイメージするとわかりやすいかもしれません。

会社やプロジェクトによって担当を任される範囲は変わるため、より幅広いスキルや知識を持っておいた方が、より活躍の幅を広げることができる仕事でもあります。

求められるスキル

pixta_39742317_M
バックエンドエンジニアに求められるスキルは、大きく分けて「プログラミング言語の知識」「サーバ・データベースの知識」「システムの運用・開発の知識」の3つがあります。
バックエンドエンジニアがよく使用するプログラミング言語は「PHP」「Python」「Java」などがあげられます。プログラミング言語には様々な種類がありますが、バックエンドエンジニアを目指す方はこれらの言語など、サーバサイドのプログラミングでよく使用される言語からマスターしていくとよいでしょう。
バックエンドエンジニアはサーバやデータベースを構築することになるため、これらの知識は身につけておかなければなりません。特に業界標準のデータベースとされる「MySQL(リレーショナルデータベース)」は習得しておくべきでしょう。また、Webサイトのサーバやデータを構築する際に、作業の効率化を図るフレームワークのスキルも必要になります。CakePHP/Ruby on Railsなど、Webフレームワークやプログラミング言語のフレームワークをはじめ用途に合ったものを活用して効率的に作業できるようにしましょう。
バックエンドエンジニアは開発だけでなく運用や保守にも携わります。システムやサービスリリース後に不具合が発生した場合は早急に対応し、日頃からエラーなどの監視を行います。そのためにも、システムの運用スキームも把握しておくことが求められます。

バックエンドエンジニアになるには

バックエンドエンジニアの就職先として一般的なのは、システム開発会社やSIer、自社システムを運用する会社などがあげられます。サーバ側の処理設計やプログラミング、インフラ構築など多岐に渡るスキルが求められるため、バックエンドエンジニアとして必要なスキルをバランスよく身につけ、様々な開発案件に携わることをおすすめします。
現役エンジニアでバックエンドエンジニア未経験の方は、小規模プロジェクトでバックエンドエンジニアの業務範囲を経験してみるといいかもしれません。小規模案件であれば業務規模が小さい傾向にあるため、着実にスキルを身につけることができます。
バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアと連携して仕事を進めるケースが多いため、フロントエンドエンジニアがどのような仕事に携わっているかを把握する必要があります。自分でWebサービスを開発するとフロント側もバック側も経験を積めて、トータルなスキルを磨くことができるのでおすすめです。
IT技術が進化する中エンジニア不足が深刻になっているため、バックエンドエンジニアの需要は非常に高く、未経験者を募集する企業も中には存在します。エンジニア未経験ではあるもののバックエンドエンジニアを目指したいという方は、未経験者歓迎で研修など教育制度が充実した企業への就職を検討してみるとよいでしょう。

まとめ

バックエンドエンジニアはサーバやデータベースの設計・構築・開発などに携わるエンジニアです。業務領域が広く、どれも専門的な知識が求められるため、幅広いプログラミング言語やスキルを身につけることをおすすめします。書籍やインターネットの最新情報などで常に知識やスキルをアップデートすることを心がけましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。