エンジニアが開発に使っているJava?JavaScript?何が違うの?

エンジニア生活をしていると、聞かない日がないと言っても過言ではないぐらい耳にする機会が多い「Java」と「JavaScript」という二つの開発言語。とても似通った名前であることから、これからエンジニアを目指そうとしている人の中には、JavaとJavaScriptを同じ言語だと思ってしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし、実はこの2つの言語は全くの別物であり、片方の知識を持っていればもう片方の言語にも対応できるといったものではありません。今回は、そんなJavaとJavaScriptの違いについて、詳しく解説します。

JavaとJavaScriptの違い

ITに詳しくない人にとっては、JavaとJavaScriptの違いが詳しくわからなかったり、場合によってはJavaScriptの略称がJavaだと勘違いしてしまっていたりする人もいるのではないでしょうか。

しかし、結論から先に言ってしまうと、JavaとJavaScriptは全くの別物。いわく、メロンとメロンパンぐらい違う、オーストラリアとオーストリアぐらい違う、と揶揄されるほど、全く別の開発言語なのです。

JavaとJavaScriptは何が違うのか

それでは、JavaとJavaScriptには具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

開発元が違う

そもそも、JavaとJavaScriptは、言語を開発した会社から違っています。Javaを開発したのはSun Microsystems社が、JavaScriptを開発したのはNetscape Communications社であり、そのことからも、それぞれの言語が全くの別物であることが容易に想像できるでしょう。

使われるシーンが違う

JavaとJavaScriptは、使われるシーンも大きく異なります。Javaは業務システムやアプリなど、いわゆる大元となるシステムの開発に用いられることが多く、対してJavaScriptはWebブラウザ上で色を変えたり、ポップアップを表示させたりといった、動きがあるWebページを開発する際に用いられます。

なぜ名前が似ているのか

実はJavaScriptは、開発当初はLiveScriptという名前でした。しかし、Javaが発表されたことによって大きな注目を集めたことから、その人気に便乗するために名前を変更し。こうして、JavaScriptという名称が誕生したのです。そもそもが似せようと思って付けられた名前なわけですから、詳しくない人が混同してしまうのも無理もないかもしれませんね。

Javaとは、Javaで出来ること

2635072_l

ここからは、改めてJavaとJavaScriptのそれぞれの特徴について見て行きましょう。

まずJavaについてですが、こちらは先ほども触れた通り、大元となるシステムの開発で主に用いられます。「こんなアプリを作りたい」「こんなシステムを作りたい」といった、根本的な目標に対して使っていく開発言語と言えるでしょう。そのため、その利用の幅はかなり広く、現在私たちが目にしたり利用したりするWebサービスの多くが、Javaで開発されていると言っても過言ではありません。

このJavaの最大の特徴と言っても過言ではないのが「どこでも動く言語」であるという点。例えば、Windows用のExcelをMacで使うことができないように、プログラムやシステムというのは往々にして使える環境が限定されているものです。しかしJavaで書いたプログラミングは、WindowsやMac、Linuxなど、さまざまな環境下できっちりと動作をさせることができるのです。

そのため、Javaは汎用性が非常に高く、プログラマーからの人気度でも度々1位を獲得するなど、多くの開発現場で用いられています。

JavaScriptとは、JavaScriptで出来ること

2310359_s

一方のJavaScriptは、Webページ上の動きに関わる部分の開発で用いられます。ポップアップの表示が最たるものですが、ページに動きを持たせることで見栄えを良くしたり、利便性向上を図ったりするのが、開発の大きな目的となります。そのため、JavaScriptはデザイナー的な要素が求められる開発言語とも言えるでしょう。実際、Webデザイナーに求められるスキルの代表例としてJavaScriptが挙げられている例も少なくありません。

また少々専門的な話にはなりますが、JavaScriptはスクリプト言語と言われるプログラミング言語の一つであり、難しい設定や操作がいらずに実行することができるのも大きな特徴となっています。そのため、プログラミング初心者にも扱いやすく、実際にプログラムした動きをすぐに見ることができるなど、ITの仕組みを理解するのにも効果的に使うことができます。

まとめ

IT未経験者や初心者が混同してしまいがちな、JavaとJavaScriptの違いについて解説してきました。繰り返しになりますが、JavaとJavaScriptは完全に別物の開発言語であり、できることも大きく異なります。だからこそ、これからエンジニアを目指していく人は、自分が将来どんな開発に携わっていきたいのかをしっかりと考え、どちらの言語の知識を磨いていくのかを選択していかなければなりません。今回の記事を参考にしつつ、自分の歩む将来の道筋を具体的に描いてみてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。