【初心者必見】JavaScript入門編

エンジニアにとって、最も重要な仕事道具の一つと言っても過言ではないプログラミング言語。中でもJavaScriptは、近年多くのWebサイトやシステムに用いられており、その言語を自在に扱えるかどうかで、エンジニアとしての市場価値が大きく左右されることも少なくありません。そこで今回は、JavaScript入門編として、その概要や強みを詳しく解説していきます。

JavaScriptとは

JavaScript concept vector illustration.
JavaScriptとは、Netscape Communications社が開発したプログラミング言語のこと。スプリクト言語の一つで、コンパイルせずにすぐに実行できるため、プログラミング初心者に向いていると言われています。実際、Internet ExplorerやGoogle ChromeなどのWebブラウザと、メモ帳などのテキストエディタがあれば、すぐに開発することが可能です。

元々は、Webページの見栄えをよくしたいユーザーが積極的に使っていったことで普及したプログラミング言語であり、特に動きのあるWebページを作成したい際に用いられます。現在では、パソコンやスマホ、テレビや自動車などのさまざまなデバイスで使われており、世界中のほとんどの人が、JavaScriptのヘビーユーザーになっていると言っても過言ではありません。

Javaとの違い

Programmer coding website. Coder web designer works on javascript, php code programming language. Software development vector concept
JavaScriptと似た言葉に、Javaというプログラミング言語があります。しかし、名前こそ似ているものの、その性質はまったくの別物。例えば「メロンとメロンパンほど違う」といった種類の造語が数多く作られるほど、その違いについてさまざまなシーンで語られてきました。

JavaはSun Microsystems社が開発したプログラミング言語であり、その出自から異なります。またJavaは実行の際にコンパイルが必要になるなど、開発の手順も違っており、業務システムやWebサービス、Android向けアプリなどの開発に用いられています。

JavaScriptで可能なこと

pixta_57610363_M
JavaScriptの最も一般的な使われ方の一つが、Webページに動きを付けることです。例えばランキングやバナー広告などを表示するサイドバーが現れたり、複数の写真をスライドで見せたり、ユーザーが操作して表示を変えて行くことができるWebページは、基本的にJavaScriptで開発されていると思って相違ないでしょう。

それ以外にも、LINEやTwitterなどのSNSや、チャットのような本格的なアプリ開発もでき、スマホやブラウザのゲームも作ることが可能です。しかし、アプリ開発であればSwiftやJava、ゲームであればUnityやCなど、それぞれの開発に特化したプログラミング言語は存在します。そのため、JavaScriptを過信せず、自身の目標とするキャリアに合わせ、知識やスキルを磨いていかなければなりません。

JavaScriptならではの強み:初心者でも学びやすく始めやすい

冒頭にも触れましたが、JavaScriptはWebブラウザとテキストエディタさえあれば、実際に動作させることが可能です。一方、Javaなど別のプログラミング言語は、動作させるための開発環境を整えなければならず、やってみようと思ってすぐに実現できるものではありません。簡単に手が付けられるからこそ、学べる機会や成長の機会が多いというのは、JavaScriptならではの強みです。

JavaScriptならではの強み:フレームワークが豊富

フレームワークとは、プログラミング言語のひな形のようなもので、それを利用することによって、簡単に希望の動作を実行させることができます。JavaScriptはこのフレームワークが豊富に用意されているため、全くの初心者でも複雑な動きを開発することが可能。またその過程で、JavaScriptの知識だけでなく、フレームワークに対する知識も磨いていくことができます。

JavaScript利用法

JavaScriptを利用していく場合、基本的にはブラウザとテキストエディタがあれば可能ですが、より効率よくプログラミングをしていくためには、「JSFiddle」「CodePen」「Glitch」といった開発環境を準備しておきましょう。これらはすべて無料で利用できるため、使わない手はありません。

そして事前に必要となるのが、HTMLやCSSに対する知識です。JavaScriptでWebサイトを装飾するためには、HTMLやCSSを操作しなければならないため、これらの知識が必須となります。まずはHTMLで基本的なWebサイトの骨組みを作ったり、CSSで基本的なレイアウトを構築できたりするようになっておきましょう。

ここまで来たら、いよいよJavaScriptについて学び、実行していきます。変数と配列や、条件分岐、繰り返し処理などはよく使う項目になっていますので、まずはそれらを参考資料なしに入力できるようになるのを目指していきたいですね。

まとめ

JavaScript入門編として、JavaScriptの概要やできることについて解説してきました。本文内でも触れた通り、JavaScriptは多くのデバイスで用いられているプログラミング言語であり、それをマスターすることができれば、自身のキャリアの可能性を大きく広げることができるでしょう。実行が簡単にできるというJavaScriptの特徴を活かし、習うより慣れよの精神で、まずは色々と試行錯誤をしてみながら、自分で作るという経験を積むようにすれば、成長スピードを早めることができるはずです。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。