エンジニアがかかりやすい病気がある?事前に把握して病気を回避

エンジニアはデスクワーク中心で運動不足になりやすく、納期やトラブル対応に追われてメンタル面に負荷がかかるケースが多いものです。そのため、エンジニアがかかりやすい傾向のある病気があるとされています。ちょっとした不調を放置すると、後々取り返しのつかないことになってしまうリスクがあるため、日頃から健康的な生活を意識して早めにストレス解消しておくことが大切になります。ここでは、エンジニアがかかりやすい病気の事例を紹介します。

エンジニアがかかりやすい病気とその理由、対処法、予防法

pixta_57267510_M
同じ姿勢で長時間パソコンに向き合ったり、原因の分からないバグに頭を悩ませたり、納期に追われてハードワークが続いたりと、何かとストレスがかかりがちなエンジニアの仕事。そんなエンジニアがかかりやすいとされている病気はどのような種類があるのでしょうか。代表的な事例を紹介します。

腰痛

姿勢の悪い状態であまり体を動かさずデスクワークを続けると、腰に負担がかかり腰痛を発症してしまう可能性が高いです。軽度の腰痛も痛みが辛いものですが、椎間板ヘルニアなど重度の腰痛症状を発症すると、動くことすらままならなくなるリスクがあります。
このような事態を防ぐためにも、背筋を伸ばして姿勢を正しくした状態で仕事に取り組むことを意識しましょう。そのためにも、腰痛防止用のオフィスチェアーを導入したり、姿勢正しく使用できるキーボードやマウスに買い替えたりなどの対策も講じるとよいでしょう。
また仕事中、定期的にストレッチすることもおすすめです。背筋を伸ばすストレッチや腰を回すストレッチなど、腰痛を予防する動作を定期的に行うことで、症状の悪化を防げます。体に疲れが溜まったり、腰が痛くなってきたと感じたりした場合は、接骨院などでマッサージを受けるとよいでしょう。

胃腸炎

過度なストレスやプレッシャーを抱えた際、発症しやすいのが胃腸炎です。特にエンジニアは過敏性腸症候群の症状を呈するケースが多く、何度もトイレに駆け込んでしまうことになりがちです。長時間労働などによるストレスに加えて、乱れた食生活が原因にもなる胃腸炎。アルコールや肉といった食事は胃に負担がかかりやすく、胃腸炎を悪化させやすいと言えます。そのため、胃の調子が悪いと感じた際はしっかりと休息や睡眠をとり、消化の良いおかゆや野菜、魚などを積極的に食べましょう。規則正しい生活と食事をすることで、胃腸炎の悪化を予防できます。

うつ病

ハードワークやストレスが原因となり、うつ病にかかってしまうエンジニアも多いようです。うつ病の症状は不眠をはじめとする睡眠障害や食欲減退、体調不良、気分の落ち込みなどが挙げられます。納期が迫りオーバーワークがたたるとホルモンバランスが崩れて不眠傾向となり、体調に不調をきたしてメンタル面でも深い落ち込みが見られるようになる経過が一般的です。うつ病を防ぐためには適切な休息やリフレッシュ、ストレス解消が必要です。万が一発症した場合や、精神面や体調面で異常を感じた場合は、速やかに精神科や心療内科を受診しましょう。そして、主治医の診断に従って休職するなど、しっかりと治療に専念して完治を目指すことになります。

脳梗塞

エンジニアは長時間同じ姿勢で仕事しがちです。これでは血流が悪くなり、脳卒中のリスクを高めることにつながります。また、繁忙期はインスタント食品やコンビニ弁当など、バランスのとれていない食事に偏りがちなので、動脈硬化をおこしやすくなってしまいます。これらの生活が慢性化すると、血液がドロドロになって脳梗塞を引き起こすリスクが高まってしまうのです。脳梗塞を防ぐためにも、正しい姿勢で仕事をすることを意識し、定期的にストレッチを行うなど血流を促進するようにしましょう。また、野菜をしっかり取り入れた食生活を心がけてください。

VDT症候群

VDT症候群とは、パソコンやスマートフォンでの長時間作業によって、目の疲労やメンタル面での不調を引き起こす病です。目の乾燥やかすみ、視力の悪化、肩こり、腕の痛み、指のしびれ、疲労感といった不調が代表的な症状です。パソコンで長時間作業することの多いエンジニアの職業病とも言えるような症状ですが、適度にストレッチを行ったり、定期的に目薬を差したりすることで発症を予防することができます。また、目とモニターの距離を40~70cmほど離し、モニターの明度を30%~50%ほどに下げることで、目にかかる負担を軽減させることが可能です。

病気にかからないために大事なこと

pixta_73616172_M
エンジニアがかかりやすい病気の原因として共通するのは、過度なストレスや運動不足、偏った食生活などです。そのため、仕事で悩みやストレスを抱えたら友だちに相談したり、趣味に打ち込んだり、しっかり睡眠をとったりすることでストレス解消に努めましょう。また、仕事中に適宜ストレッチを行うのはもちろんのこと、帰宅後や休日にも軽い運動をすることで体調不良を予防することができるでしょう。食生活もできる限りバランスのとれた食事を規則正しくとることを心がけてください。軽い不調の時点で対処することで、重い病を患ってしまうことを防ぐことができるはずです。

まとめ

エンジニアがかかりやすいとされる病気をいくつか紹介しました。もちろん、エンジニアであれば必ずこれらの病気にかかるという訳ではありませんが、仕事や生活のスタイル上発症リスクが高くなりやすいことは否めません。しかし、日頃から注意して生活することで、心身の健康は維持できます。規則正しい生活や食生活、運動不足解消を心がけて、リフレッシュしながら仕事に打ち込みましょう。