プログラミングに最適なPC選びとは?おすすめな性能やスペックを徹底解説!

プログラミングに欠かせないツールがパソコンです。しかし、家電量販店やインターネットの情報を調べても、種類が多く何を選べばいいか分からないと感じられるのではないでしょうか。そこで今回は、プログラミング初心者に最適なパソコンの選び方やパソコンの種類を紹介します。この記事を参考に、自分にぴったりの一台を見つけてください。

プログラミングをする際にパソコン選びが重要な理由

pixta_48283953_M
プログラミングを行う際には、作業を行うためのパソコンが必要不可欠です。しかし一口にパソコンと言っても、その種類はさまざまであり、それによってできることとできないことが生まれてしまいます。
代表的なものが、OSの違いです。OSとは、パソコンの基本となるシステムのことで、WindowsかMacOSが有名なのですが、ソフトウェアやアプリの種類によっては、そのどちらかでしか作動しない、というものも少なくありません。本当はWindowsを使った方が良かったのに、間違えてmacOSを買ってしまっては、本当にやりたい開発ができなくなってしまうことにもつながるでしょう。
またOS以外にも、CPUやメモリーなど、パソコンのスペックにも注目しておかなければなりません。スペックの低いパソコンだと、一度にたくさんの処理をしようとすると動作が重くなってしまったり、フリーズしてしまったり、思い通りに作業を進めることができません。
このように、自分が理想とするプログラミングを実現していくためには、パソコンを選ぶ段階からしっかりと取捨選択をする必要があるのです。

パソコン選びの基準

OSやスペックについて紹介しましたが、それ以外にもパソコンを選ぶ際に注目したいポイントについて紹介します。

画面の大きさ

プログラミングを行う際には、小さな文字を見たり、一度に複数の画面を開いたりして作業することが多くなります。そのため、小さな画面ではどうしても作業がしにくくなり、疲労もたまりやすくなってしまいます。そのため、プログラミングを前提としてパソコンを選ぶ際は、最低でも13インチ以上の画面の大きさがあるものを選ぶようにしましょう。

バッテリー

どこでも作業ができるという効率性を重視する場合、パソコンのバッテリーにも注目しておきましょう。働き方改革などでリモートワーク等も増える中、必ずしもすぐに充電ができる状況ではないところで作業をしなければならない場合もあります。そんな時に、バッテリーが長持ちするパソコンであれば、余計なストレスを感じることなく、作業に集中することができるでしょう。バッテリーが10時間以上持つものであれば、ほとんどの場所で快適に作業することができるはずです。

予算

どうせならより良いものが欲しいと思うのは当然の心理ですが、自身のやりたいことに合わせて、適切な予算のパソコンを選ぶようにしてください。大きな予算を掛けて超高性能なパソコンを買ったとしても、実はその機能のほとんどは必要なかった、となることもありますし、逆に安さだけを重視して買ったら、やりたいことがほとんどできなかった、となってしまう場合もあります。10~20万円前後ぐらいを目安にして、自分のやりたいことや作業している様子をイメージしながら、パソコンを選ぶようにしましょう。

目的に応じたパソコンの選び方

プログラミング言語や開発したいものによって選ぶべきパソコンも異なってきます。ここからは、目的に応じたパソコンの選び方をいくつかの事例とともに紹介します。

ゲーム開発がしたい

PCゲームソフトはWindowsでのプレイが基本となるため、ゲーム開発もWindows PCで行うことをおすすめします。また、開発では高い負荷にも耐えられる高スペックパソコンを使用することをおすすめします。また、Windows PCでゲーム開発を行う場合、DXライブラリヤDirectXといったライブラリを使用するケースが多いため、これらも活用できるようスキルを磨くことをおすすめします。

iPhoneアプリが開発したい

iPhoneで使用するiOSアプリを開発する場合は、Mac PCを利用すべきと言えます。Apple社がApp Storeに無料で提供している「Xcode」という開発環境が必須になるため、Mac PCで開発しましょう。WindowsでもiOSアプリを開発する手段はありますが、開発環境構築に手間がかかるので初心者にはおすすめできません。

プログラミング言語を学びたい

プログラミング言語を学習する場合、WindowsとMacどちらでも問題はありません。仕事の現場ではWindowsが使われるケースが多いため、操作に慣れておくという意味ではWindowsがおすすめです。一方、動作速度や処理速度が速く初心者でも感覚的に操作できるという面では、Macも魅力的です。また、プログラミング言語「Ruby」を学習したい場合、Macは標準でインストールされているのでスムーズに学習を始めることができるでしょう。

初心者におすすめのパソコン5選

pixta_70179233_M
それでは、プログラミング初心者におすすめのパソコンを5つ紹介します。

1.Surface Laptop 2

Microsoft社製のSurface Laptopは、Windows系のプログラミング言語との相性が良くプログラミング初心者におすすめのパソコンです。バッテリー駆動時間は14.5時間、重量も2.27kgとなっているので、カフェやコワーキングスペースなどに持ち運ぶ際にも便利です。タッチディスプレイで操作性が高く、デザインも洗練されているため、ついつい触れたくなるパソコンだと言えます。

2.LGノートパソコン gram

重量が965g、バッテリー駆動時間が最大23時間となっており、どこにでも持ち歩けるコンパクトさが魅力です。スペックもメモリ16GB、ストレージ512GB、CPU Core i7となっているので、快適な環境でプログラミングの学習を進められるでしょう。

3.HP ノートパソコン HP Spectre x360 13

13インチのノートパソコンですが画面は非常に大きく、コンパクトで使いやすいノートパソコンです。コストパフォーマンスが高く、360度回転するタッチディスプレイはタブレットのように使用することも可能。画面の反射が抑えられた設計となっているため、長時間の作業でも目が疲れづらいのがメリットです。

4.ThinkPad L15

プログラミング上級者からも高い支持を得ているThinkPadは、落下や衝撃、濡れにも強く高い耐久性を誇ります。また、ThinkPadならではのトラックポイントがキーボードについているため、キーボード上でマウス操作を行うことも可能です。スペックも高くコストパフォーマンスにも優れているため、プログラミングにも初心者の一品です。

5.Apple MacBook Pro

エンジニアから絶大な支持を誇るApple MacBook Proは、処理速度が非常に速く快適にプログラミングを行うことができます。バッテリー駆動時間も20時間と長く、CPU性能もApple M1チップ 8コアと高いため、初心者からベテランまで誰もが使いやすいパソコンと言えます。

まとめ

プログラミング初心者におすすめのパソコンや選び方を紹介してきました。パソコンのスペックによってプログラミングの快適さは大きく変わってくるため、十分に吟味した上で相棒となるパソコンを購入すべきでしょう。また、パソコンの活用方法に応じて画面の大きさや重量などを決めることをおすすめします。