【初心者必見】覚えるべきプログラミング言語を解説

エンジニアとして働いていく上で必須の知識であり、どの種類を扱えるかによってキャリアの方向性も変わってくるプログラミング言語。しかし一口にプログラミング言語と言っても、その種類はさまざまで、どの言語を優先的に身に付けるべきか、悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プログラミング言語の概要と種類について、詳しく解説していきます。

プログラミング言語とは?

pixta_76192127_M
プログラミング言語とは、簡単にいうと、コンピューターに指示を出すために用いられる言葉のこと。例えばゲームでキャラクターを操作する際も、プログラミング言語によって前に進めという指示が出ているからこそ、ゲーム内のキャラクターは前に進むことができるのです。

プログラミング言語はマイナーなものも含めれば200種類以上もあり、それぞれ得意とする領域や作れるものの種類が異なります。

プログラミング言語で可能なこと

私たちが普段利用しているWebサービスやシステムは、その全てがプログラミング言語によって作られています。先ほど例に挙げたゲームはもちろん、駅の自動改札やATM、インターネットで見るWebサイトなども、プログラミング言語によって作られた代表的なもの。今やプログラミング言語は、私たちの生活に無くてはならない存在であり、日々の豊かな暮らしを守ってくれている存在でもあるのです。

プログラミング言語の種類

pixta_76571292_M
一口にプログラミング言語と言っても、その種類はさまざまであり、それぞれ得意とする領域やつくれるものが異なります。以下に、代表的なプログラミング言語を紹介していきます。

C/C++

プログラミング言語の元祖とも言われているのが、C言語です。汎用性が高く、OSやアプリの開発、電子機器などへの組み込みが可能で、幅広い分野で活用することができるプログラミング言語です。

Java

C言語と同じく汎用性の高いプログラミング言語で、業務システムや会計システム、Webサービスなど、さまざまな分野で活用されているのがJavaです。プログラミング言語としての難易度は高い部類に入りますが、Javaを知っておくことで、他の言語の習得もスムーズになるというメリットもあります。

JavaScript

ブラウザ上で動作し、Webページに動きをつけることを得意とするのがJavaScriptです。Javaとは名前が似ていますが、全く別のプログラミング言語であるため注意しましょう。元々はWebのフロントエンドで使われることが多かったのですが、近年ではサーバサイドでも活用されており、人気の高くなっています。習得難易度もが低く、初心者におすすめのプログラミング言語でもあります。

PHP

Webページに動きをつけることが得意で、JavaScriptと似た性質を持ったプログラミング言語なのが、PHPです。JavaScriptはブラウザ上で動作しますが、PHPはサーバ上で動作するという部分に大きな違いがあります。ワードプレスとの相性が良く、ブログやWebサイト制作の案件で使われやすいことから、フリーのエンジニアにも人気のあるプログラミング言語です。

Ruby

日本発のプログラミング言語で、Webアプリの開発や機械学習を得意としています。また日本発だからこそ、日本語の情報も豊富で、学習しやすいというメリットがあります。またフレームワークも充実しており、それらを活用することで、スピーディーにWebアプリの開発を進めることが可能です。

HTML/CSS

Webページを作るための代表的なプログラミング言語と言えるのが、HTML/CSSです。学校の授業でプログラミングを学ぶ際に教わる場合もあり、プログラミング言語の中ではかなりメジャーな存在と言えるでしょう。初心者にもおすすめで、まずはHTML/CSSを学び、自作のWebページを作成するというエンジニアも多いようです。

Python

AIや機械学習、ビッグデータといった、近年話題になっている分野で多く活用されているプログラミング言語がPythonです。比較的新しい言語でありながら、高い需要を持っており、それを扱えるエンジニアは重宝されやすい傾向があります。一方で、構文は非常にシンプルであり、学びやすいという特徴もあるため、初心者に向いています。

Swift

Appleが開発したプログラミング言語で、iPhoneアプリなどの開発現場で主に使用されているプログラミング言語がSwiftです。iPhoneは世界中で高いシェアを誇っていますので、Swiftを活かせる開発現場は非常に多いと言えるでしょう。アプリ開発に本気で取り組んでいきたいという人におすすめです。

まとめ

プログラミング言語の概要と、代表的な言語の種類について解説してきました。それぞれに特徴があり、どのプログラミング言語を習得するかによって、その後のキャリアが左右されると言っても過言ではありません。これからエンジニアを目指す人や、今後のキャリアを決めかねている人は、自分がどのようなものを開発したいのかという目線で、改めて習得すべきプログラミング言語を見直してみてはいかがでしょうか。