【会社員と比較】フリーランスエンジニアはやめとけって本当?

「好きな場所、好きな時間で自由な働き方がしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか?

近年フリーランスとして、在宅で仕事をするエンジニアの方が増えています。

一方で、「フリーランスはやめておけ」と言う声も聞かれます。

自分の欲求に従ってフリーランスとして独立するのか、会社に所属し続け安定を求めるのか、悩んでいる方に向けてこの記事を書いています。

この記事では以下のことを解説

・フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由
・会社員とフリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスになってから後悔しないために、それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で自分に合った働き方を見つけましょう。

フリーランスとは

個人単位で期間や業務内容を定めた契約を企業と結んで働く個人事業主のこと。
インディペンデント・コントラクター(Independent Contractor=IC)ともいいます。

フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由

収入が安定しにくい

フリーランスとして働き始めたばかりのうちは、案件を見つけられずに収入が得られないというリスクもあります。

「いきなり会社を辞めて独立するのが不安」と言う方は、単発の案件を副業としてこなすことで個人で案件を受注して仕事をしていくイメージがつき、自信を持つことができます。

そこで実績を積んでからフリーランスとして、独立をすることで成功する可能性が上がるでしょう。

安定的に仕事を受注できる企業もありますので、1度ご自身のスキルに合った案件を見てみてはいかがでしょうか?

【ITエンジニアの求人情報】/現在の案件数内訳

もちろんフリーランスでも安定した収入を得ている方はたくさん居ます。

案件の受注など全部自分でやらなければならない

フリーランスになると、面倒な事務作業なども増えます。
仕事自体も、フリーランス向けの案件を自分で探さなければなりません。

ローンが通りにくい

毎月ほぼ同じ額の給与を受け取ることができる会社員に比べ、フリーランスは収入に増減があります。
そのため、独立して0~2年まではローンなどの借入がしにくいと言われています。

以上が「フリーランスはやめておけ」と言われる主な理由です。

フリーランスで働くメリット

収入が上がる

フリーランスエンジニアとして働く1番のメリットは、収入が上がることです。

「年収が倍以上になった」という方も多数。

実績が収入に直接反映するため、実績を上げれば上げるほど収入もアップしていきます。

仕事を選べる

フリーランスとして働くことで、仕事を選べるというのもメリットのひとつです。

自分で仕事を受注するため、自分のスキルを最大限発揮できる仕事を選ぶことができます。

自由な働き方ができる

フリーランスはいわば結果主義。
仕事を進めるタイミングなども、自分で選べるため自由な働き方が実現できます。

フリーランスで働くデメリット

経験や実績がないと案件を見つけられない

ある程度エンジニアとしての実践がないと、仕事を受注するのが難しいというデメリットがあります。

具体的には、エンジニアとして最低13年以上の実務経験が必要でしょう。

人から教えてもらうということができない

先輩、後輩など同僚が居ないため、経験不足で質問したいことがあってもなかなか聞けないというデメリットもあります。

収入が不安定

案件が見つからないと収入ゼロのリスクもあります。

会社員として働くメリット

安定して収入が得られる

会社員として働くことのメリットは安定しているということです。
会社の経営が大きく傾かない限りは、景気にも左右されません。

福利厚生が充実している

社会保険や厚生年金など、福利厚生が保障されていることも会社に所属するメリットです。

税金関係など面倒な作業をしなくて良い

フリーランスになると、面倒な事務作業や確定申告を自分でしなければならない為時間や税理士を雇う費用が必要になります。
一方会社員はそういった税金関係の処理は全て会社が行ってくれるので、面倒な作業はありません。

会社員として働くデメリット

働き方が限定的

会社員として会社に所属していると、自分で仕事の量や働く時間帯などをコントロールできないというデメリットがあります。

後輩の育成やマネジメント能力が求められる

30代、40代になってくると後輩の育成や、マネジメントスキルを求められるようになります。
こういった業務が苦手でフリーランスを目指す方も少なくありません。

個人ではなくチームでの実績で評価される

チームでプロジェクトを進めていると、良くも悪くもチームとして評価されてしまいます。
ボーナスの査定にも響くため、不満があるという方も多いようです。

まとめ

以上フリーランスと会社員、それぞれのメリットとデメリットを紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで自分がどちらの働き方があっているのか慎重に検討してみましょう。

もし今の会社に満足できないようであれば、会社を変えてみるという方法もあります。

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスを目指している方はもちろん、正社員・契約社員・アルバイトまたはIT業界へ転職を希望している方への支援を総合的に行なっております。
ご登録・ご紹介・就職サポートにあたって全て無料でご利用いただけます。
お一人お一人のご希望に合った案件をご紹介させていただきますので、ぜひお気軽にご利用ください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。