システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年齢・経験・男女による違いは?

今現在「システムエンジニア(SE)として会社にお勤めの方」。

もしくは「これからシステムエンジニア(SE)を目指したい」という方。

システムエンジニア(SE)の平均年収がどれくらいか知っていますか?

こちらの記事では、政府統計データを元にさまざまな側面からシステムエンジニア(SE)の平均年収をご紹介しています。

システムエンジニア(SE)の平均年収

SEの平均年収は経験年数により、大きく変わるのでここでは経験年数ごとにご紹介します。

年収ではイメージがつきにくいという方のために手取りの金額も計算してみました。
あくまで概算となります。実際の手取り収入はこれよりも少し上回ると考えられます。

●手取り年収の条件
会社勤め・扶養親族なし・給与所得控除、基礎控除、社会保険料控除のみ考慮して計算

経験年数(全年齢合計) 平均年収 手取り年収 手取り月収
0年 328万円 260万円 22万円
1〜4年 411万円 325万円 27万円
5〜9年 493万円 385万円 32万円
10〜14年 545万円 424万円 36万円
15年以上 643万円 494万円 41万円


e-Stat「政府統計の総合窓口」賃金構造基本統計調査
を元に作成。

スキルの違いからか、他の職業と比べ個人による年収の開きが大きいというのが実情です。

システムエンジニア(SE)年収のボリュームゾーン

政府統計データ・求人等あらゆる情報を考慮した上で、システムエンジニア(SE)30代前半男性の年収の1番のボリュームゾーンは480万円~550万円と考えられます。

SEは、個人のスキルや所属する会社により上限・下限の幅が大きく開きます。

スキルによる詳しい年収が知りたい方は、『ご自身がお持ちのスキルで求人を見てみる』ことで一般企業の、よりリアルな報酬を知ることができるでしょう。

 【ITエンジニアの求人情報】/現在の案件数内訳

参考データ:令和元年賃金構造基本統計調査による職種別平均賃金
参考データ:賃金構造基本統計調査 

システムエンジニア(SE)男女・年齢別年収

男女・年齢による年収を一覧にまとめました。

年齢  男性 女性
20〜24歳(経験0年) 285万円 314万円
25〜29歳(経験1〜4年) 403万円 351万円
30〜34歳(経験5〜9年) 494万円 468万円
35〜39歳(経験10〜14年) 539万円 486万円
40〜44歳(経験15年以上) 623万円 534万円

●経験0年の新入社員は男女ともに300万円前後で女性の方が30万円ほど高い結果に。

●経験1~4年は男性の方が50万円ほど高いようです。

●経験5~9年になると差が縮まり、男性が女性を25万円ほど上回っています。

●経験10~14年で女性の年収伸びが停滞。
おそらく結婚や出産などのライフイベントが影響していると考えられるでしょう。

●経験15年以上になると男女の年収の差は89万円になりました。

全体で見ると女性よりも男性の給与が上まっているという結果になりました。

yahoo!ニュース会社員の平均給与2年連続減…(令和2年データ)

参考として、上記の記事を見てみると「一般的な男性会社員の平均年収は532万円」。
「女性は293万円」となっていますので、その差は239万円。

一般の会社員と比べると男女の給与の差は小さいと言えます。

システムエンジニア(SE)はスキルによって年収に差がある

【職種別の年収平均とスキル標準レベル】のグラフを見てみると、SEという職業の中でもスキルによって年収に差があることがわかります。

IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果

スキルによる差だけではなく「個人として成果を高く上げても、チームとして評価される為になかなか昇給しない・・・」という声もよく聞かれます。

そういった不満がある方は、独立することで年収アップが見込めるでしょう。

moveIT!では、独立・起業者へのサポートも行なっております。

会社設立から会計業務までをサポートする体制が整っており、キャリアを最大限に活かせる実績に見合ったお仕事をご紹介することが可能です。

さらに、スキルアップをしたいとういう方向けに教育プログラムの提供も行なっております。

ご自身にあったスタイルで学習を進めていくことが可能。

スキルアップをして年収を上げたいというシステムエンジニアの方におすすめです。

IT関連産業における給与ランキング

経済産業省が出しているIT関連産業の給与等に関する実態調査(平成29年)を元にmoveIT!オリジナルのランキングを作成しました。

参考:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

(少しデータが古いのですが、政府が出しているデータの中では令和3年11月現在最新のものになっています。)

ランキング 業種 年収
1位 ITコンサルタント 929万円
2位 プロジェクトマネージャ 892万円
3位 プロデューサー/ディレクター 793万円
4位 IT関連営業・マーケティング 783万円
5位 高度SE・ITエンジニア

(基盤設計担当・ITアーキテクト)

778万円
6位 IT技術スペシャリスト

(DB・NW・セキュリティ等)

758万円
7位 インターネット関連企業営業・マーケティング 682万円
8位 IT教育(講師・インストラクタ等) 651万円
9位 IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用) 609万円
10位 SE・プログラマ(組み込みソフトウェアの開発・実装) 604万円

高度SEは5位、SEは10位という結果になりました。
日本人の平均年収は552万円というデータが出ており、中央値は437万円。
平均・中央値ともに上回り、SEは日本人の全体の年収と比べると多いことがわかります。

まとめ

・システムエンジニア(SE)は年収の幅が広く、稼いでいる人とそうでない人の差が大きい

・1番のボリュームゾーンは480万円~550万円ほど

もし今の給与に満足できない場合は、スキルアップまたは転職・起業を視野に入れてみるのも良いでしょう。

IT関連業界はこれからの需要も大きく、特にシステムエンジニア(SE)は人材不足が続いているため好条件で転職できる可能性が高いです。

柔軟な働き方ができる時代。自分に合った働き方で満足できる仕事をしよう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。