1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. フリーランスが避けては通れない確定申告。その方法についてご紹介!

フリーランスが避けては通れない確定申告。その方法についてご紹介!

フリーランスが避けては通れない確定申告。その方法についてご紹介!

フリーランスの人にとって、一年の総まとめとも言える業務が、確定申告です。これまで会社員として働いてきた人にとっては、確定申告の経験がなく、一体どういったことをすれば良いのか皆目見当がつかないというケースも多いのではないでしょうか。そこで今回は、確定申告の概要とその方法について解説。まずはこの記事を参考に確定申告の大まかな流れを理解し、来たるべき時に備えておきましょう。

確定申告とは

確定申告とは、その時の所得および所得税を確定させる手続きのこと。所得税は年間の所得に応じて課税されるため、所得を確定させなければ、所得税も定まりません。逆に言えば、確定申告を行わないということは、納めるべき所得税を納めない脱税行為をしているのと同じこと。フリーランスに代表される個人事業主は確定申告を行う義務がありますので、必ず行うようにしてください。

確定申告のやり方

確定申告は、大まかに「確定申告書の入手」「確定申告書の記入」「確定申告書の提出」という3つのステップで行います。それぞれについて、以下で詳しく解説していきます。

確定申告書の入手法

確定申告書は、全国にある税務署で入手ができる他、国税庁のHPなどからダウンロード・印刷して入手することができます。確定申告書にはAとBの2種類がありますが、これは申告できる所得の違いによるもの。Aの方が、申告できる所得が少なくなっています。フリーランスの場合、基本的にはBの確定申告書を使うようにしましょう。

確定申告書の記入方法

確定申告書を入手したら、必要事項を記入していきましょう。基本的には穴埋め式で、記された項目に該当する金額や情報を記入していけば良いので、そこまで難しい作業ではありません。ただし、正確な数字を書くことが求められますので、所得の額などにズレがないよう、取引履歴や口座情報などもチェックしながら作業を行うと良いでしょう。必要事項を記入し、その数字を元にあらかじめ定められた計算式にあてがえば、「納める所得税」の額が算出されます。

ちなみに、場合によっては納める所得税がマイナスになる場合があります。これは間違いではなく、払い過ぎた税金があるということ。確定申告をすれば、この払い過ぎた税金を還付してもらうこともできます。

確定申告書の提出方法

確定申告書の作成が完了したら、自身の住所を管轄している税務署へと提出します。提出の方法は、持参、郵送、e-Taxの3種類があり、どれで提出しても問題ありません。ただし持参にて提出する場合、毎年確定申告の時期は税務署が非常に混雑するため、多少の待ち時間は覚悟しておきましょう。

その他の必要書類

確定申告の際には、確定申告書の他、控除を受ける際の医療費や保険料の証明書、マイナンバーカードや身分証明書などが必要になります。基本的にはすべて手元にあるはずの書類ですので、間違って捨ててしまったりしないよう、気をつけて管理してください。

確定申告にミスがあった場合

確定申告のやり方について解説してきましたが、万が一記入ミスなどをした状態で提出してしまった場合はどうするのでしょうか。以下に解説します。

更正の請求書を提出する

確定申告の税額を多く申告していた時は、更正の請求という手続きを取ります。更正の請求書を作成して税務署に提出すれば、内容のチェックが行われ、余分に納めてしまっていた税金を還付してもらうことができます。ちなみに、更正の請求ができる期間は5年以内と定められていますので、もしミスが判明したら、迅速に手続きを完了させるようにしましょう。

修正申告を提出する

確定申告の税額を少なく申告してしまっていた時は、修正申告を行います。こちらは修正申告書を作成して税務署に提出します。この手続きをすると、本来納めるべきだった税額と、ミスをして申告していた際の税額の差額を支払いつつ、延滞税も支払わなければなりませんので注意しましょう。

まとめ

確定申告の方法について解説してきました。初めてチャレンジする際などは、記載事項の多さや聞きなれない言葉に混乱してしまうこともあるかもしれませんが、内容的には意外とシンプルなものです。一年二年と経験していけば、自然と慣れてくるものですので、変に苦手意識を感じてしまうことなく、前向きにチャレンジしていきましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事