1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. SE(システムエンジニア)で独立するなら、必ず知っておきたい基礎知識5つ

SE(システムエンジニア)で独立するなら、必ず知っておきたい基礎知識5つ

SE(システムエンジニア)で独立するなら、必ず知っておきたい基礎知識5つ

社会の発達や思考の変化に伴い、人々の働き方も多様化しています。
特に雇用形態に関しては、正社員として働くことが正義だった一昔前に比べ、今ではフリーランスや独立起業が当たり前になってきました。
特にSEのような将来性のある技術職であれば、独立後の見通しも立てやすく、数ある業種・職種の中でも比較的独立が目指しやすいでしょう。
しかし、だからといって闇雲にアクションを起こしても、希望通りの成功をつかみ取れるとは限りませんよね。

そこで今回は、SEとして独立する際に必ず知っておきたい基礎知識を5つ、ご紹介していきます。

SE独立に必要な基礎知識

SEとして独立する際に持っておく知識やスキルは多ければ多いほど良いものですが、その中でも特に重要な5つについて、以下に紹介します。

1.在職中でもできる準備はある

独立後の成功を決める重要な要素が、在職中の事前準備です。
自ら事業を行っていく場合、名刺やHP、作業用のPCや環境などはすべて自分の手で揃えなければなりません。

独立後に一から設備を整えようとすれば、非常に時間が掛かってしまいます。
環境整備は在職中でも準備することができるので、HP用のドメインを取得したり、デザイナーや専用サイトを使って名刺を作っておくなど、
独立したその瞬間から、業務を開始できるようにしておきましょう。

2.青色申告で税金対策を

個人事業主として独立した場合「開業届」を税務署に提出する必要があります。
この際、屋号を書く欄が設けられていますので、あらかじめ決めておくと良いでしょう。
加えて、個人事業主には一年の総まとめとしての一大イベント「確定申告」が待っています。
この確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があり、青色申告の方が節税の面で有利なものとなっており、基本的にはそちらを選択するのがベターです。
青色申告をする際には、先ほどの開業届と合わせて「青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。これらの対応も忘れず行うようにしてください。

【関連記事】
■フリーランスが払う税金と節税のコツまとめ

3.国民年金、国民健康保険への加入が必要

会社員時代は、厚生年金および会社指定の健康保険に自動で加入していますが、独立後にはこれらを国民年金、国民健康保険へ切り替えなければなりません。
これらの手続きは各市町村の役所で行うことができるため、忘れず対応しておきましょう。
万が一これらの手続きを怠ってしまうと、ケガや病気の際に高額な費用を請求される、また、老後に貰える年金の額が大きく減少するなど、日常生活に大きな不安を残すことになってしまいます。

【関連記事】
■フリーランスの健康保険は国保だけじゃない。加入条件と負担・保証内容まとめ

4.永続的なスキルアップが求められる

独立をする際、ほとんどの人がある程度自分の腕に自信を持った状態だと思います。
最初の頃は、会社員時代に培った技術だけで仕事を獲得することは難しくないでしょう。
ただし、その後のスキルアップを計画的に行っていかなければ、好調を長続きさせることはできません。

会社員であれば、目の前の仕事をこなしていくだけでも、ある程度段階的にスキルアップができ、場合によっては新しいジャンルや言語の仕事にチャレンジさせてもらう機会があったはずです。
しかし、フリーになった後では、自身のキャリアプランやスキルアップの計画を練ってくれる人はいなくなり、自分自身で将来のことを考え、舵をとっていかなければならなくなります。
またフリーのSEを使うクライアントは、今後の成長を見越してアサインしてくれるほど優しいものではなく、今のスキルやできることについて厳しい目で見てきます。
会社員時代よりも積極的にスキルアップをしていく姿勢が求められるでしょう。

5.営業活動も必須

独立することが珍しいことではなくなった以上、競合となるライバルの数も多くなるのは必然です。
そうした環境下の中では、仕事は待っているだけでは入ってこず、自ら積極的に営業活動をし、取りに行かなければなりません。

仕事がもらえそうな企業に直接アプローチしていくのはもちろんですが、SNSなどを活用して積極的に情報発信および情報収集を行ったり、これまでとは違った新しいコミュニティに参加するなどして、ビジネスの種を色々なところに蒔いていく必要があるでしょう。
近年では、クラウドソーシングのように、仕事を軸にして企業とコミュニケーションを取れるツールも発達してきていますので、そういったサービスを使うのもおすすめです。
これらに加えて、会社員時代にしっかりと人脈づくりをしておくこともできれば、独立後のスムーズなスタートを後押ししてくれることも。

いずれにしても、営業、実務、経理など、ありとあらゆる業務を一人でこなさなければならないようになるため、常に動き続ける体力と精神力を持っておくことが大切です。

成功のための近道はない。あらゆることに全力で取り組もう

SEとして独立するための基礎知識についてご紹介しました。
今現在、フリーで活躍している先輩SE達も、その成功をつかみ取るために相当の努力をしてきたことに間違いはありませんし、これからもその流れが途切れることはありません。
成功のための近道や裏技はなく、愚直に、やるべきことを全力でやり切れた人だけが、栄光を手に入れることができるのです。
今回紹介した5つの基礎知識は、あくまでも基本中の基本であり、これらのどれか一つでもないがしろにしてしまっては、独立は必ず失敗すると言っても過言ではないでしょう。
これらを完璧にこなしつつ、その中で自分にしかない強みや特徴を探しながら、より大きな成功をつかめる道を探してみてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事