1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. 夜勤があるエンジニアとは?夜勤のメリットも解説!

夜勤があるエンジニアとは?夜勤のメリットも解説!

夜勤があるエンジニアとは?夜勤のメリットも解説!

エンジニアは大きく分けて2種類

一言でエンジニアと言っても、担当業務によっていくつもの種類に分かれます。そして、各職種を大まかに分けると「システムエンジニア」と「インフラエンジニア」の2種類になります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、システムの設計・開発を担当するエンジニアのことです。クライアントの要望をヒアリングし、最適なシステムの要件定義を行い、設計書を作成した上でプログラミング言語を用いて開発します。基本的には日中に開発業務を行うことが前提となっています。納期と進捗状況によっては深夜帯の業務が発生することもありますが、近年は業務環境が改善してきており、夜間まで作業がもつれこむケースは少なくなってきました。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、システムのインフラ部分を設計・運用するエンジニアのことです。システムのインフラとはネットワークやデータベース、サーバーなどのことで、システムを安定稼働させるためには欠かせない仕組みとなっています。これらのインフラは24時間常に稼働しているもので、深夜帯などにトラブルが発生した場合、すぐに対応しなければシステムが使用できなくなるといった問題につながってしまいます。

インフラエンジニアには夜勤がある

システムエンジニアもサービスリリース時などに夜勤が発生する場合がありますが、基本的に夜勤が前提の仕事ではありません。一方、インフラエンジニアは夜勤が前提となる仕事です。インフラエンジニアになれば必ず夜勤をしなければならないという訳ではありませんが、担当する可能性が高いと言えます。インフラエンジニアの夜勤では、日中行うことが難しいメンテナンス作業を実施したり、インフラの状況を監視してトラブル発生時に対処したりといった業務が発生します。システムを正常に稼働させ、ユーザーに安心して使用してもらうためにも、なくてはならない仕事なのです。

夜勤のメリット

夜勤の場合、いわゆる一般的な企業勤めとは異なり深夜帯に仕事をすることになるため、辛い環境があると思われがちですが、決してそんなことはありません。夜勤ならではのメリットとして、以下のようなものがあります。

夜勤手当が出る

深夜帯に業務を行わなければならない場合、通常の賃金の2割5分を上乗せしなければならないという法律があります。そのため、夜勤は日勤に比べて給料が高くなりやすく、若いうちから比較的大きな額を稼ぐことも難しくありません。

あまり忙しくない

夜勤の場合、同時に働く人の数も少なく、自分の仕事に集中しやすい環境があります。また仕事内容的にも定型のものが多く、日勤のシステムエンジニアに比べると、落ち着いた状況で仕事に取り組むことができるでしょう。

もちろん、トラブル対応の時などは忙しくなってしまう場合もありますが、常日頃から忙殺されてしまうような可能性が低いというのは、エンジニア職にとっては魅力的な環境と言えます。

通勤ラッシュも回避できる

特に都心部で働く人たちにとって、毎日の大きなストレスになっているのが通勤ラッシュです。しかし夜勤であれば、こうした通勤ラッシュに当たってしまうこともなく、快適な環境で通勤することができます。

その分、日中に上手く休息をとるなどのスキルが求められますが、そうした生活も次第に慣れるものですので、総合的なストレス量は日勤よりも抑えられる可能性が高くなります。

夜勤のあるエンジニアに向いている人向いていない人

最後に、夜勤のあるエンジニアに向いている人と向いていない人について解説していきます。

夜勤に向いている人

夜勤に向いている人の条件の一つが、自分自身で考え行動できる人である、ということです。夜勤の場合、どうしても人が少ない環境で仕事をすることになるため、上司から具体的に指示をもらって動くケースも少なくなるでしょう。その時々の状況に合わせて、自ら判断し行動する力が求められます。

加えて、あまり他人に干渉されたくない、ゆっくりと自分のペースで働きたい、という人も、夜勤には向いていると言えるでしょう。定型的な業務が多くなる夜勤では、自分のペースを守って働くことも難しくありません。

夜勤に向いていない人

体調管理が苦手な人は、夜勤に向いていないと言えます。深夜勤務をすると、昼夜が逆転してしまうことになるため、体調を崩してしまうケースも少なくありません。そうした生活にいち早く慣れ、自分なりの体調管理法を見つけることができない人には、夜勤はあまりおすすめできません。

また休みの取り方も日勤の人とは異なってくるため、休みの日に友人と遊びたい、という人も厳しいと言えるでしょう。向いている人と繋がる部分でもありますが、一人の時間を楽しめる人でなければ、夜勤で働くのは辛いことの方が多くなってしまうかもしれません。

まとめ

夜勤のあるエンジニアの仕事と、夜勤ならではのメリットや向き不向きについて解説してきました。夜勤はメリットとデメリットが明確に区別された働き方であるため、それぞれをしっかり理解し、自分自身の性格や特徴と照らし合わせた上で、しっかり判断していくことが大切です。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事