1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. アラサー未経験でもSEに! 30代からシステムエンジニアになる方法

アラサー未経験でもSEに! 30代からシステムエンジニアになる方法

アラサー未経験でもSEに! 30代からシステムエンジニアになる方法

年金制度や終身雇用制度のひずみが大きく取り上げられ、将来への先行き不透明さが目立つ昨今。
少しでも多くの役立つスキルを身に付けて、安定した収入や未来への安心を手に入れたいという人も少なくないでしょう。
そんな時におすすめなのが、システムエンジニアになって手に職つけるという方法です。
しかし「技術職への挑戦は若いうちにしておかないと無理…」と考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、30代からの転職でもシステムエンジニアになる方法について、ご紹介していきます。

IT業界は慢性的な人手不足!30代でもチャンスは豊富!

さまざまな業種・業界がある転職市場ですが、その中でもとりわけIT業界は人手不足の傾向が強く、求職者有利の状況が顕著なのが特徴です。常に新しい技術が生み出され、それを使いこなせる人材を必要とする各IT企業においては、働ける人材が多ければ多いほど、経営が安定すると言っても過言ではありません。

加えて、新しい技術に関しては経験者がおらず、どんな人でもスタートラインは同じ。これまでのスキル云々ではなく、これからいかに素早くスキルが身に付けられるかの方が重要視される傾向にあるのも、IT業界ならではの特徴と言えるでしょう。

そのため、普通未経験からの転職であれば20代が中心になりがちですが、ことIT業界に関して言えば30代でも活躍の余地が残されており、これまでの経験よりもむしろ、これからの熱意を大切にしてくれるところが多いのです。未経験、30代からのシステムエンジニアへの転職は、十分に可能です。

システムエンジニアに必要なのは技術力だけではない

未経験からシステムエンジニアへの転職する際、多くの人は「技術力がないから、無理だろう…」と諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
確かにシステムエンジニアは技術職であり、専門的な知識やスキルを必要とする場面はあります。

しかし、システムエンジニアの仕事はパソコンに向かってひらすら作業をするものではありません。
むしろ、クライアントが抱える悩みを解決するには、どのようなシステムや仕組みを構築すれば良いのか、それを考え、わかりやすく伝えることこそがメインの業務と言えるでしょう。
そういう意味で言えば、システムエンジニアは実は営業職に近い要素があり、論理的な思考力やコミュニケーション能力、提案力といった、技術スキル以外の能力が活かせるシーンがとても多いのです。

だからこそ、例え30代の未経験者であっても、これまで培ってきた人生経験を活かせば、システムエンジニアとして活躍していくことが可能なのです。

30代からシステムエンジニアになる方法

それではここからは、より具体的に30代からシステムエンジニアになる方法についてみていきましょう。

求人サイトの未経験歓迎求人に応募する

最も手早く転職活動を行いたい場合は、求人サイトの未経験歓迎求人に応募するのが良いでしょう。
大手の転職サイトを見れば、未経験歓迎でシステムエンジニアの募集をしているところはたくさん見つかります。

そこでは、おおよそ「35歳まで」で年齢制限が掛けられているところが多くなっていますので、まずはそこから手あたり次第に応募してみるのも一つの手です。
もちろん、多くの人が閲覧するサイトですから、ライバルとなる人も多くなり、思い通りの結果が得られないことも少なくありません。
書類の段階で落とされてしまうこともあるでしょう。
しかし、求人サイトの場合は一件一件の応募に掛かる時間は少ないため、多くの経験を積むことで、自分の市場価値を確かめたり、面接のコツを掴めるというメリットもあります。

そこで内定が貰えれば得、というぐらいの気持ちで、積極的にアプローチしてみてください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用して、より確度の高い求人に応募するのも効果的です。
転職エージェントには、転職サイトに掲載されない非公開求人も多く、またエージェントが企業の実情をしっかり把握してくれているため、本当に30代未経験でも大丈夫な企業を紹介してくれる可能性が高くなります。
加えて、エージェントからの適切なアドバイスにより、面接突破率も高めていくことができるでしょう。
転職サイトの利用と並行して、転職エージェントを利用することによって、取りこぼしなく企業にアプローチしていくことが可能になります。

ITスクールなどでプログラミングスキルを身に付ける

完全未経験で戦うのは厳しいと感じたら、ITスクールなどでプログラミングスキルの基礎を身に付けるのも効果的です。
数ヶ月程度スクールに通えば、面接で胸を張って語れるスキルがある程度は身に付くでしょう。
また、スクールに通った後に仕事紹介も行ってくれるところもあるため、スキル磨きと転職活動の両方を同時進行で進めることもできます。

完全未経験の20代と、少しとは言え知識や経験がある30代であれば、後者を優先的に採用してくれる企業も少なくなく、内定獲得の可能性を高めるのに大いに役立ってくれるはずです。
ある程度行きたい会社や身に付けたいスキルが明確になっている状態で、それにあったスクールを選ぶようにすれば、より効果的に技術を身に付け、転職にも有利な状態を作ることができます。

エンジニア専門の仕事紹介サービスを利用する

近年は、いわゆる一般的な転職サイトなどのサービスの他に、業界や職種を絞った仕事紹介サービスも多数生まれてきています。
IT業界にもそういったサービスがありますので、そこを利用してみるのも一つの手です。

特にエンジニア専門の仕事紹介サービスの場合、経験豊富な人向けのものから、完全未経験者向けのものまで、システムエンジニアとして転職する人のための求人しかないと言っても過言ではないため、非常に効率的に転職活動を進めることができるでしょう。
「moveIT!」も、未経験のシステムエンジニアが働ける案件を多数ご用意しています。
登録はたったの60秒でとっても簡単なので、まずはどんな案件があるかを確認して、働く場所のイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職市場は非常に活況で、やる気のある人材を求める会社はいくつも存在します。
30代からの転職で大切なのは、「どうせ無理だろう…」「自分が受かるわけない…」とネガティブにならず、積極的にアクションを起こすことです。
アクションを起こさなければ、どれだけスキルを持っていても転職を成功させることはできません。
逆に言えば、アクションさえ起こせば、未経験でも転職を成功させることは十分に可能なのです。
自分で自分に限界を作ってしまうのは非常にもったいないことです。年齢は努力とスキルでカバーできます。
遅すぎることはありませんので、恐れずにチャレンジしてみてくださいね。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事