1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. フリーランスで月20万稼ぐ方法は?職種や手取り金額も紹介

フリーランスで月20万稼ぐ方法は?職種や手取り金額も紹介

「月20万稼ぐにはどうしたらいい?」
「手取り20万と月収20万の違いは?」

など、フリーランスで月20万稼ぐ方法がわからずに、悩んでいる方も少なくないでしょう。

そこで、今回の記事では以下の内容を紹介します。

1. フリーランス月20万の手取りはいくら?
2. フリーランスで月20万稼ぐロードマップ
3. フリーランスで月20万稼げるオススメの職種

この記事を読めば、フリーランスで月20万稼ぐ方法がわかるようになるでしょう。

フリーランス月20万の手取りはいくら?

フリーランスで月20万稼げるようになっても、税金を差し引くと手取り額は「約14万」です。
【内訳】
所得税:約6,000円
住民税:約13,000円
国民健康保険料:約23,000円
国民年金(令和6年度):16,980円

税金の合計:約60,000円

月収20万-税金6万=手取り14万
そのため、手取り20万を目指すなら、月収は「約29万」必要になります。
【内訳】
所得税:約12,000円
住民税:約21,000円
国民健康保険料:約32,000円
国民年金(令和6年度):16,980円

税金の合計:約82,000円

月収29万-税金8.2万=手取り20.8万
また、青色申告や控除される税金があれば、上記の手取り額よりもさらに多くなるでしょう。

しかし、各税金を一つひとつ調べるのは大変なので、「個人事業主シミュレーション」を利用すれば、簡単に各税金の金額と手取り額がわかります。

ほかにも、目標の手取り額に「1.5倍」する方法なら、簡単におおよその必要な月収がわかるのでオススメです。
参照:東京都中央区個人住民税シミュレーション 参照:令和6年度 国民健康保険料 概算早見表(総所得金額等) 参照:日本年金機構「国民年金保険料」

フリーランスで月20万稼ぐロードマップ

フリーランスで月20万稼ぐための3つのステップを紹介します。

どのように進めていけばいいかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

職種を決める

まず、どの職種でフリーランスに挑戦するか決めましょう。

【職種を選ぶポイント4つ】
・今のスキル・得意を活かせる
・需要がある
・将来性が高い
・初期投資が少ない

後ほどオススメの職種を2つ紹介しますが、自分が得意なことや、今のスキルを活かせる職種のほうがスムーズに始められます。

また、需要や将来性もある職種にしましょう。

需要がある職種のほうが募集案件も多く、フリーランスとして長く続けていくためには将来性も大切です。

ほかにも、初期投資が少ない職種はリスクを少なく始められます。その分、稼げるまで時間がかかる場合もありますが、気軽に挑戦できるのでオススメです。

スキルを身につける

フリーランスとして働く職種を決めたら、スキルを身につけます。

スキルは高ければ高いほど、単価や報酬も多くなり、長期契約に繋がりやすくなります。

そのため、同じ業種で働いているフリーランスよりも、高いスキルを身につけていきましょう。

直接契約を狙う

フリーランス一本で生活するなら、高単価の案件を獲得する必要があります。低単価の場合、多くの案件をこなす必要があるため、労働時間が会社員時代よりも長くなるかもしれません。

そのため、企業と直接契約する方法を狙ったほうが、高単価の案件を受けやすく、契約も長期になる可能性が高い傾向にあります。

フリーランスをスタートしたばかりのときは、クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングを利用する場合が多いですが、低単価の案件が多く、依頼も単発なのでオススメできません。

実績を積むために、最初だけクラウドソーシングを利用し、できるだけ早く直接契約できる企業を探しましょう。

ITエンジニアとしてフリーランスを目指すなら、ITエンジニア案件に特化している「moveIT!」がオススメです。案件紹介以外にも、スキルアップのための学習プログラムも特別価格で提供されています。

また、1人でスキルアップから優良な案件を獲得するのは難しいため、「moveIT!」のような総合的にサポートをしてくれる会社を見つけるといいでしょう。

フリーランスで月20万稼げるオススメの職種

フリーランスで月20万稼げる可能性の高い職種を2つ紹介します。

どのような職種が稼げるのか、わからない方は参考にしてください。

ITエンジニア

ITエンジニアは、スキル獲得まで時間がかかる傾向にありますが、市場で戦えるスキルさえ身につけば高単価な案件を獲得できます。

案件を受けられるようになれば、月20万稼ぐのも難しくありません。

ITエンジニアの単価は以下を参考にしてください。
職業分類 金額/月
AIエンジニア 60〜150万円
ネットワークエンジニア 40〜100万円(AIもできると120万円以上)
プログラマー 50〜70万円
SE 60〜80万円
PL 65〜85万円
PM 75〜110万円

Webライター

Webライターは、文章を書くのが得意または苦に感じない方にオススメの職種です。必要なものは「PC」と「通信環境」だけなので、初期投資も少なく済みます。

クラウドソーシングだと1円以下の案件が多い傾向にあるため、月20万稼ぐには可能な限り高単価な案件を狙っていきましょう。

ただし、実績がないWebライターが高単価な案件を獲得するのは難しいので、ブログで実績を作ったり、実績を作るためにクラウドソーシングを利用したりしましょう。

たとえば、文字単価1円・5,000文字の案件の場合、報酬は5,000円です。この場合、月40記事案件を受注しなければ20万稼ぐのは難しくなります。

しかし、文字単価2円の文字数5,000文字なら、月20記事で20万稼ぐことが可能です。月20記事なら対応できる方も多いでしょう。

最初は単価が低いWebライターですが、スキルと経験が多くなれば、文字単価も上がり稼げるようになるでしょう。

まとめ

フリーランスとして手取り20万稼ぐ場合は、月収約29万必要になります。

そして月20万稼ぐようになるには、稼ぎやすい職種を見つけて、スキルを磨くことが大切です。

とくに、月20万を達成しやすいオススメの職種はITエンジニアとWebライターになります。ITエンジニアの案件は高単価な場合が多く、Webライターは初期投資があまりかからず、スキルを磨けば単価が高くなる傾向にあるからです。

ITエンジニアのフリーランスとしてデビューするなら、案件情報の提供・マッチングサービス機能だけではなく、IT総合会社の強みを生かしたサポートができる「moveIT!」がオススメです。

ITエンジニア未経験でもサポートできる環境が整っているので、ぜひ気軽にご相談ください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局

moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事

エンジニア
インタビュー
カジュアル
面談