1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. 脱サラしてエンジニアになる!?脱サラのメリット・デメリットとは

脱サラしてエンジニアになる!?脱サラのメリット・デメリットとは

脱サラしてエンジニアになる!?脱サラのメリット・デメリットとは

多様な働き方に注目が集まる昨今、これまで一般的とされていた会社員としてキャリアを歩んでいく選択肢だけでなく、脱サラをして個人でキャリアを築き上げる選択肢を選ぶ人も増えてきています。しかし、脱サラにはメリットもあればデメリットもあるもの。それらをしっかりと把握せず、何の準備もしないままに行動を起こしても、なかなか期待する結果を得ることは難しいでしょう。今回は、脱サラのメリット・デメリットについてと、必要な準備について解説していきます。

脱サラとは

脱サラとは「脱・サラリーマン」の略で、会社員としての働くのを辞め、自ら独立開業をすることです。古いイメージであれば、脱サラをしてカフェやショップを経営する、といったこれまでのキャリアとは全く別の道を歩んでいくというのが主流でしたが、近年は「脱サラをして個人事業主のエンジニアとして働く」といったような、これまでのキャリアは活かしつつ働き方を変えるという脱サラの方法も増えてきています。

脱サラのメリット

まずは脱サラをするメリットについて見て行きましょう。

決まりやルールに縛られない

脱サラをした場合、会社という組織から離れることになりますので、会社が定めた決まりやルールに縛られる必要がなくなります。スーツを着用する必要もありませんし、9時~18時などの終業時間も特に定める必要はなく、家で仕事をしてもカフェで仕事をしても自由です。こうした自由度の高さは、脱サラをするからこそ得られるメリットです。

自分で仕事の方針を決めることができる

会社員として働いていると、会社の方針によっては、やりたくない仕事を任されてしまうケースも少なくありません。しかし脱サラをして個人事業主として働いていれば、どのような仕事をするのか、自らの意志で決めていくことができます。自分のやりたい仕事に集中することができるようになるため、よりやりがいや熱意を持って働くことができます。

自分の時間が作りやすい

働き方のルールを自分で決めることができるため、自分の時間がつくりやすいというメリットもあります。昨日はたくさん頑張ったから、今日はあまり仕事をせずゆっくり休む、といったことも自分の意志一つで決定していくことができるため、自分のライフスタイルを守りながら働くことができます。

実績に応じた収入を得ることができる

会社員であれば、給料の額があらかじめ定められており、なかなか大きく稼ぐということはしにくい環境です。しかし脱サラをすれば、報酬の額についても自分で決めることができるようになるため、会社員時代には考えられなかったような額の収入を実現するのも不可能ではありません。

脱サラのデメリット

脱サラのメリットについて紹介してきましたが、一方でデメリットとなる部分もあります。ここからは、脱サラのデメリットについて解説していきましょう。

収入が安定しない

脱サラをすると、会社員時代にあった固定給が無くなり、大きく稼げる可能性が出てくると同時に、収入が下がってしまう可能性も出てきてしまいます。順調に仕事を獲得することができなければ、月の収入が0円になってしまう、という可能性もゼロではありません。脱サラはハイリスクハイリターンな側面があるということを、しっかり認識しておきましょう。

様々な手続きを自分で行わなければならない

確定申告のような行政への手続きから、クライアントへの請求書の発行、ひいてはクライアントを獲得する営業活動など、あらゆる業務を自分一人で行っていく必要があります。会社員時代であれば、こうした業務は専門の部署や担当が代行してくれていましたが、脱サラをするとそうはいきませんので、幅広い知識とスキルを身に付け、磨いていく必要があります。

脱サラの計画を立てよう

脱サラのメリット・デメリットを理解したら、次は脱サラの計画の立て方について見て行きましょう。

脱サラのプランを考える

脱サラを成功に導くために大切なのは、事前にしっかりと脱サラ後のプランを考えておくことです。いつまでに、どのような方法で、どのようなクライアントを獲得し、どのような仕事をするのか。こうしたことを決めておくことで、取るべき行動が明確になり、スムーズにアクションを起こせるようになるのです。

脱サラに向けた情報収集をする

どのような事業のニーズが高いのか、そのために必要なスキルは何か、予算をどのぐらい確保しておくべきかなど、事前にしっかりと情報収集をしておくことで、脱サラの成功率を高めることができます。逆に何の情報もなしに勢いだけで脱サラをしても、なかなか期待する結果を掴み取ることは難しいでしょう。

脱サラ後のフリーエンジニアの収入とは

脱サラをしてフリーエンジニアになった場合の収入については、年収1,000万円を軽く突破する人もいれば、会社員時代よりも大きく収入を下げてしまう人もおり、一概に金額を示すことはできません。希少なスキルを持っている、人並外れた経験を持っているなど、武器があればそれだけ収入を増やせる可能性も増していきますので、自分だけの武器を見つけられるように努力しましょう。

まとめ

脱サラのメリット・デメリットや必要な心構えについて解説してきました。少なからずリスクもある脱サラですが、それを補って余りあるメリットがあるのも事実です。リスクを最小限に留めつつ、メリットを最大化できるよう、事前にしっかりとプランを立て、計画的に行動するようにしてください。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事