1. ホーム > 
  2. コラム > 
  3. エンジニアがフリーランスで働くメリットとは?案件はどこから受注する?

エンジニアがフリーランスで働くメリットとは?案件はどこから受注する?

エンジニアがフリーランスで働くメリットとは?案件はどこから受注する?

会社や団体に所属せず、個人単位で仕事をする「フリーランス」という言葉が定着しつつありますね。

現役エンジニアで、フリーランスに興味を持っているという方、意外と多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「フリーランスエンジニアって実際どうなの?」と思っている方に向けて

・エンジニアがフリーランスで働くメリット
・フリーランスエンジニアの年収
・フリーランスエンジニアの需要
・案件の獲得方法

について解説していきます。

エンジニアがフリーランスで働くメリット

はじめに、エンジニアの方がフリーランスで働くことのメリットをご紹介します。

キャリアのリスクを分散できる

会社員として働いていると、会社から指定されたポジションにつき、上司からの指示で仕事をこなしていくことが大半です。
基本的に個人の意思や、やってみたい業種があったとしても、希望する仕事に就けないことが多いでしょう。

一方、フリーランスエンジニアは自分で案件や仕事を選べる分、キャリアやスキルについても自分自身で選ぶことができます。
様々な分野を経験し、エンジニアとしての市場価値を高めていくことも可能。
一つの企業に縛られることがないので、リスクを分散することができます。

支配・命令されることがない

フリーランスエンジニアは、会社から支配されることも命令させることもありません。

働き方や仕事内容について、自分自身で決定していくことができます。

自分に合った働き方をしたい方や、仕事内容を自分で選びたい方にとっては大きな利点でしょう。

収入アップが見込める

フリーランスエンジニアは実績が収入に直接反映されるため、実績を上げれば上げるほど収入もアップしていきます。

会社に雇用されていると、個々人の実績はなかなか評価されにくいですが、フリーランスは実績が収入に直接反映されるため、モチベーションの維持にも繋がります。

フリーランスエンジニアの年収

フリーランスエンジニア全体の年収は、およそ700万円〜800万円ほどと言われています。
業種別に見てみると、下記のようになっています。

プログラマー平均年収
年収:500〜700万円
業務内容:プログラミング言語を使った開発

システムエンジニア(SE)平均年収
年収:600~1000万円
業務内容:システム開発、設計・製造・テスト

データベースエンジニア平均年収
年収:500〜700万円
業務内容:データベース構築、管理・運用

サーバーエンジニア平均年収
年収:500〜700万円
業務内容:サーバー構築、管理・運用

Webエンジニア平均年収
年収:500〜700万円
業務内容:ウェブのプログラミング、システム開発

ネットワークエンジニア平均年収
年収:600〜1000万円
業務内容:電子機器間のネットワーク構築・運用

プロジェクトマネージャ平均年収
年収:700〜1000万円
業務内容:プロジェクトの計画、開発、運用、評価

ただし、フリーランスの収入については仕事量やスキルにより個人差があります。
ご自身がお持ちのスキルで、どれくらいの年収が稼げるか気になる方は、一度案件情報を見て収入のイメージをしてみると良いでしょう。

最新案件一覧を見てみる

関連記事⇨フリーランスの収入ってどれくらい?リアルな金額と労働時間を調査!

どんな人がフリーランスエンジニアに向いている?

フリーランスに向いている人の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

・自己管理ができる
・エンジニアの仕事が好き
・責任感を持って仕事ができる
・行動力があり主体的に動ける

フリーランスになると、今まで会社に任せていた業務は全て自分で行うことになります。
そのため、スケジュールやお金の管理など、自己管理は絶対条件と言えるでしょう。

関連記事⇨フリーランスエンジニアに向いているかがわかる!「向き・不向き」の見分け方

フリーランスエンジニアの需要は増えている!

フリーランスエンジニアのメリットや収入についてお伝えしましたが、「フリーランスで働き続けられるのか?」というのも気になるところではないでしょうか。

需要については、現場で活躍されているエンジニアの方が身に染みて感じていることと思われますが、ここではデータを参考にフリーランスエンジニアの需要についてご紹介します。

経済産業省の調査(2019年3月)によると、2030年にはIT人材の不足数が最大で約79万人になると予測されています。

エンジニアなどのIT人材は年々需要が伸びていますが、企業は人材確保に頭を悩ませています。
社内に専門分野のエンジニアが居ない場合、外部に発注・委託するというケースも珍しくありません。

企業の人材不足

日本と米国のデジタル事業に対応する人材の「質」と「量」についての充足度を調査した結果をご紹介します。(引用:DX白書「2021」

デジタル事業に対応する人材の分類
この調査による人材の分類は下記の通り。
デジタル事業に対応する人材の「量」の確保状況
エンジニア/プログラマーの量が「大幅に不足している」「やや不足している」と答えた日本企業は合わせて47.5%と非常に高い割合となっています。
デジタル事業に対応する人材の「質」の確保状況
エンジニア/プログラマーの質についても、「大幅に不足している」「やや不足している」を合わせて66.8%と企業は人材確保に頭を悩ませています。
企業としては、エンジニアを外注することで以下のようなメリットがあります。
>必要な時に必要な業務だけを外注するためコストを抑えることができる
>社会保険料などの負担をする必要がない
>スピーディに即戦力となる人材を確保できる
以上のような背景から企業のエンジニア外注・委託需要が高まっており、フリーランスエンジニアの需要も増加しています。

フリーランスエンジニアの「案件獲得方法3選」

では、フリーランスエンジニアとして案件を獲得するにはどのような方法があるのでしょうか?

代表的な3つの方法をご紹介します。
・紹介を受ける
・クラウドソーシングを利用
・エージェントを利用

紹介を受ける

具体的には、会社に勤務していた時の仕事仲間や取引先など仕事ぶりを知っている方から紹介を受ける方法です。
仕事のスキルや実績、人柄を理解している信頼感と安心感から、受注後の仕事もスムーズに進みやすいでしょう。
また、SNSなどを通じて案件を受注することもあるので積極的に活用していくこともおすすめです。

クラウドソーシングを利用

クラウドソーシング」とは、仕事を発注したい企業がインターネット上で不特定多数の人々に業務を発注する業務形態のこと。

クラウドは「crowd(群衆)」を意味し、「sourcing(調達)」を合わせた造語です。

代表的なものとして『ランサーズ』や『クラウドワークス』などがあります。

特徴としては、データ入力・ライティング・ロゴ作成からアプリ開発まで幅広い業種に対応
クラウドソーシングで取れる案件のほとんどが、単発のお仕事となります。
条件の良い案件は競争率が高く、利用するサイト上での実績がないと案件を受注するのが難しいという難点もあります。

エージェントを利用

「エージェント」とは、個別で案件の紹介を行ってくれるサービスのことです。
案件の希望条件などをヒアリングし、個人のスキルに合った案件の紹介を行っています。

クラウドソーシングサービスで公開されている案件よりも報酬が高いプロジェクトが多い傾向があり、フリーランスエンジニアが安定した収入を確保する上で役に立ちます。

細かいサービスはエージェントごとに異なりますが、「moveIT!」では案件紹介以外にも、キャリアアップの無料個別相談面接サポート福利厚生サービスなどフリーランスのためのサービスを受けることができます。

フリーランスエンジニアとして継続して稼ぐコツ

フリーランスで継続して安定した収入を得るのは簡単なことではありません。
ここでは、継続して安定した収入を得るためのコツをいくつかご紹介します。

自分に合った案件を継続して受注する

自分自身で企業へ営業を行い、条件の良い案件を受注し続けることはなかなか難しいです。

多くのフリーランスエンジニアは、エージェントなどのサービスを利用することで継続して仕事を受注しています。

自分のスキルに合った案件を受注し、実績を積むことで継続して案件を受注することができるでしょう。
長期継続のプロジェクトや案件を獲得することで、フリーランスでも安定した収入を稼ぐことが可能になります。

案件を探すために時間をかけない

フリーランスとして働き始めると、実務以外にも「営業や先方とのやりとり」「スケジュール調整」「経理」「事務作業」など様々な業務に追われます。

そんななか、「案件を探す」ことに時間をかけるのは非効率といえるでしょう。
フリーランス向けのサービスを利用できるところは利用し、自身の業務に専念できる環境を整えておくことも重要です。

まとめ

フリーランスエンジニアのメリット
・キャリアのリスクを分散できる
・支配・命令されることがなく選択権がある
・収入アップが見込める

フリーランスエンジニアの年収
フリーランスエンジニア全体の年収は、およそ700万円〜800万円
(個人差があるため自分のスキルでどれくらい稼げるか気になる方は案件情報を見てみよう)

フリーランスエンジニアに向いている人
・自己管理ができる
・エンジニアの仕事が好き
・責任感を持って仕事ができる
・行動力があり主体的に動ける


業界全体でフリーランスエンジニアの需要は増加傾向にあり、フリーランスが活躍できる機会も増えています。
フリーランスエンジニアを目指す方にとっては、今は良いタイミングと言えるでしょう。

ご自身の向き・不向きも踏まえた上で、自分に合った働き方を手に入れましょう。

コラム著者情報

moveIT運営事務局


moveIT!は機械的なマッチングだけでなく、人との繋がりを重視したIT専門の求人紹介サポートサービスです。
フリーランスの他、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・インターン、またはIT業界への就職転職希望者、IT業界での将来独立・起業を目指している方々など、働き方や経験者/未経験者を問わず幅広く総合的に支援するサービスをご提供しております。

関連記事